【初月無料キャンペーン中】gooドクター

電子天秤を用いて正確に水の質量を求めるために、空気による浮力の補正を行うのはどうしてですか?

A 回答 (3件)

空気の重量は約1.1kgf/m³あります。


秤で測った1000kgfの水は1.1kgf軽くなっています。
計量法(けいりょうほう、平成4年5月20日法律第51号)は、計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保し、もって経済の発展及び文化の向上に寄与することを目的とする。と言った法律があるからです。
    • good
    • 0

測る対象とそれに釣り合わせる重りの体積が異なれば


浮力=空気の密度×ものの体積ですから、浮力も異なり
測る対象の質量と重りの質量が同じでも
釣り合いは崩れます。

釣り合わせた後、浮力の違いを補正しないと正しい
質量は測定できません。
    • good
    • 0

「正確に水の質量を求めるため」でしょう?



「水」と「天秤のおもり」の体積が違って空気の浮力が違ったら「天秤」にならないから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング