プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

人を民事で訴えるのって、おおよそいくらかかりますか?

gooドクター

A 回答 (6件)

今は知りませんが。



低所得者の方の場合は、無料で弁護士に相談してもらえたり、
(申請する訴状を書くのを、相談できますね)
東京簡易裁判所などだと、隣に弁護士会館がありましたね。(今は知りません)

なので、簡易裁判(調停)などは、弁護士は基本無料だったと思います。(たぶんです)

簡易裁判(調停)用の個室に、裁判官+訴訟の双方に、弁護士(選べません)が同席しますね。(全部かどうかは知りません。)

なので、高額の裁判費用とか心配する前に。
低額で済む、簡易裁判(調停)などを調べる事は、大事だと思われます。

※一般的に少額訴訟での原告側の勝訴率は90%を超えると言われており、特に大きな問題がなければほとんどのケースで原告側が勝訴でき、その後に訴訟費用の請求も行うことができます。しかし、裁判は裁判ですので、あやふやな証拠や証言をしてしまうと敗訴もあり得るということは頭に入れておきましょう。少額訴訟の手続きそのものは自分で行うにしてもだそうです。
【ま、申請の時点で無理(ダメ)なら、受理されませんからね?】

●本当に訴訟を起こすべきかどうか?
●所持している証拠は証拠として十分なものか?

この2点が重要らしいです。

交通事故、離婚など、一般的な事案で困った時に、高額な訴訟費用が心配だと思われる方は、是非、簡易裁判(調停)などを、調べて見て下さいませ。

https://www.courts.go.jp/saiban/qa/qa_kansai/ind …
    • good
    • 0

まず、訴状提出時に裁判所に支払う手数料として印紙が必要です。


額は、訴額(請求する額)で変わります。
例えば、10万円の請求なら1000円、50万円なら5000円、100万円なら1万円と言うように請求額が変わります。
他に郵便切手の予納として数千円(相手数などで変わります。)必要です。
あと、弁護士に依頼するならば、20万円から100万円程度はかかります。
本人訴訟であれば1~2万円程度ですが。
    • good
    • 1

https://www.courts.go.jp/saiban/qa/qa_kansai/ind …

↑簡易裁判(調停)など、比較的低額で済むものもありますね。

離婚や、交通事故など、一般的な事案でも比較的低額で済みそうですね。
    • good
    • 0

H2の事故 覚えてますか?


IHIエアロスペースに事故調査室が出来て
中から社員が1名
ノズルにささくれがあった
と言いました
誰が訴えられたか
肩たたき?
    • good
    • 0

下記のURLのページでは、例として、離婚訴訟が総額641,000円、建物の明け渡しが総額939,000円、欠陥住宅が総額1,482,000円とのデータを上げています。


https://yell-lpi.co.jp/column/trial/art0019/
    • good
    • 0

少額裁判やった者です。


120程度なら印紙代2,3万円。
但し、証拠集めが大変です。

現在の少額裁判は60万円。
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/8809
参考までにね^^
それ以上は弁護士必須。
「人を民事で訴えるのって、おおよそいくらか」の回答画像1
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング