色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

戦争について

第二次世界大戦で広島や長崎に原爆を落として犠牲者が出たのはアメリカ人
のですか?それとも真珠湾に奇襲攻撃
した日本人が悪いですか?
俺は日本人が悪いと思います。
なぜなら真珠湾に奇襲攻撃したら
アメリカ人は100%怒ると思います。
俺もあんな汚いやり方されたら、
ブチギレます。日本人があんな汚い
やり方をしなければ、広島の人や長崎の
人は犠牲にならずに済んだと思います。

gooドクター

A 回答 (10件)

相手を煽り、先に手を出させて


国民を激高させ、戦争に持ち込む
というのは、米国の常套手段です。


○テキサス独立戦争
アラモの戦い 1836年2月23日 - 3月6日の13日間
守備隊が全滅し、世論を激高させた。

○米西戦争 1898年 2/15 ハバナ湾で、
米国戦艦メイン号が謎の爆発沈没。
米兵266名が死亡。 国力が落ちていたスペインは戦争に消極的だった。
スペインの仕業だ、ということになり世論が激高。
戦後、米国政府は事故だったと発表。

○第一次大戦
ルシタニア号事件。
ルシタニア(RMS Lusitania)は、イギリス船籍、キュナード・ライン所有のオーシャン・ライナーで、ジョン・ブラウン・アンド・カンパニーによって建造された。進水は1906年6月7日木曜日である。ルシタニアは第一次世界大戦中の1915年5月7日にドイツ海軍の潜水艦「U-20」より、南部アイルランド沖15 kmの地点で雷撃を受け、わずか18分で沈没した。短時間での沈没のため船内から脱出できなかった乗客1,198名が死亡した。

当時はまだ「孤立主義」をとっていたアメリカ合衆国は、大戦勃発後も中立国の立場をとってこれを対岸の火事視していたが、ルシタニアの犠牲者の中には128名ものアメリカ人旅行客が含まれていたことから以後アメリカ国内ではドイツに対する世論が急速に悪化、これが2年後のアメリカ参戦のひとつの伏線となった。

○第二次大戦 真珠湾攻撃

○ベトナム戦争
トンキン湾事件
1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件。これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。アメリカ議会は上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議をした。しかし、1971年6月ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者が、報告書『ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年-1968年』こと“ペンタゴン・ペーパーズ”を入手、トンキン湾事件はアメリカが仕組んだものだったことを暴露した。


○湾岸戦争 1990年
1990年7月25日にイラクがクウェートの併合を示唆した際、アメリカの駐イラク特命全権大使のエイプリル・グラスピーは「国境問題に介入するつもりはない」と発言。

○イラク戦争
大量破壊兵器を口実に戦争を始めたが
結局大量破壊兵器は存在しなかった。




当時の米国は、1930年に続く大不況の真っ只中でした。
GDPは1/2に、株価は1/10に落ち、国民の1/4が
失業し、あちこちで暴動が発生していました。
ルーズベルトは、ニューデールなどの政策を打ちましたが効果は
はっきりしません。

これに加えて、当時は社会主義運動が盛んに
なりつつありました。
うかうかしていると、体制すら崩壊しかねません。

また、米国は英国フランスなどにも大量の資金を
貸し付けており、彼等が敗戦になれば、貸し金が焦げ付く
可能性がありました。

それでどうしても戦争をやる必要があったのです。
それでハルノートなどをつきつけたり
ABCD包囲網を敷いたりして、日本を追い込み
戦争に持ち込んだのです。

戦争は最大の公共事業ですから。その証拠に戦後、米国
経済は見事な復活を遂げています。

これは私の偏見ではありません。
米国歴史学の権威チャールズ・A・ビーアド元コロンビア大教授は
公文書を調べて、ルーズベルトが巧妙に日本を戦争に引きずり込んだ
過程を明らかにした本を出版しましたが、これは事実上の発禁処分
にされてしまいました。
ルーズベルトの責任 〔日米戦争はなぜ始まったか〕

31代米国大統領のフーバーが、ルーズベルトを、日本を無理矢理戦争に
引きづり込んだ狂気の男、と評した書見を残しています。
彼は、ルーズベルトは真珠湾を知っていた、とも書き残しています。

マッカーサーは戦後、あの戦争は日本の自衛戦争であったと
米国議会で証言しています。

ハルノートのハルは、真珠湾攻撃を耳にして躍り上がって
喜んだ、という側近の証言が残っています。
「これで戦争ができる」

また、パル判事は、あのような要求を突きつけられたら
モナコのような小国でも銃を持って立ち上がっただろう
と述べています。
    • good
    • 0

まず、宣戦布告はしていた。

ただ翻訳者がその時たまたま居なかった。って事実がある。それに真珠湾攻撃は、事前にアメリカが知っていた節が有る。アメリカ国内の反戦意見を粉砕する為、あえて攻撃させたとの意見もある。その時空母が外洋に居たのも不自然極まりない事実。空母が外洋に居るって事は駆逐艦も外洋に居なければならない。空母は打撃群を組んで行動する。戦時下では単独行動はしない。歴史を勉強しなおせ!昔の知識でいろいろ語るな。
    • good
    • 0

評価


聞き飽きた、先人を貶め自分だけはそれを悔いている善人を気取る無知な謝りたがり の ぼくのいけん。(日本人とは限りませんが)



A:>俺もあんな汚いやり方されたら、ブチギレます。

そもそも、宣戦布告しないで戦争を仕掛けたのはアメリカの方。
→ブチギレたのはどちらの方やら。


戦前の世界は、世界恐慌によりブロック経済への移行が進んでおり、
アメリカは世界で残された中国の市場を欲していました。

その為に、アメリカは日中の紛争を日本による「侵略」と決め、蒋介石には支援をする一方で日本に↓のような経済制裁を行いました。
アメリカ国内でも、様々な日系人への差別的政策をしています。

1938年 航空機の対日輸出に同義的禁輸を実行
1939年 通商条約の半年後の失効を通告
1940年 多くの対日輸出に統制を行う
1941年 米国人が蒋介石の政治顧問になる。
1941年7月26日 日本人の在米資産凍結。

これらにより紛争が長期化し日本人の対米感情も悪化し、大東亜戦争に発展します。

上記のアメリカの政策について、ローガン弁護人(東京裁判の日本側弁護人)は、
「これらの経済制裁は武力による戦争行為とかわらず、むしろより激烈なものであり、対中・対日政策は、交戦状態にある他国に対する、中立国の行為として公平なものではない」
と述べています。

パール判事(東京裁判裁判官)も同様の事を語っています。


【「宣戦布告」をせずに戦争を仕掛けたのはアメリカだった】(動画)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm30717527
《1:05 「国際法の基本原則によれば、もし一国が武力紛争の一方の当事国に対して、武器、軍需品の積み出し禁止し、他の当事国に対して積み出しを、その積み出しを許容するとすれば、その国は必然的に、そのその紛争に軍事干渉することになるものであり、宣戦布告の有無にかかわらず、戦争の当事国になるものである。」
(東京裁判裁判官ラダ・ビノード・パール※国際法の世界的大家)》


大東亜戦争については、日本がだまし討ちで真珠湾攻撃をしたのが始まりだと言う意見をよく聞きます。
しかし、私は以上の事から、アメリカは真珠湾以前から戦争を仕掛けていたという事になると思います。
これでも、日本は侵略をした事になるのでしょうか。


以上の事は東京裁判でも語られていますが、無視されています。

「戦争について 第二次世界大戦で広島や長崎」の回答画像8
    • good
    • 0

>俺は日本人が悪いと思います。

なぜなら真珠湾に奇襲攻撃したら

当時、日本軍(日本国)もアメリカ側も戦争をするつもりは無かったのです。
日本軍の調査・研究では、東南アジアを占領後、西へ進みインド洋から欧州へ行き、ドイツ軍と合流後イギリスと戦うシナリオでした。
アメリカ軍と言えば、フィリピンで待ち伏せをし、講和に持ち込む事を想定していました。
    • good
    • 0

>第二次世界大戦で広島や長崎に原爆を落として犠牲者が出たのは


アメリカ人のですか?
いや、原爆の犠牲者は、日本人です。ほとんどは民間人です。

>それとも真珠湾に奇襲攻撃した日本人が悪いですか?
この文章だと、前文はアメリカ人が悪いのですか?
でないとおかしい。

で、どちらが悪いかと言うなら、どちらも悪い。
真珠湾の奇襲は、そうせざるを得ないようにアメリカが
追い込んだというのが、一番正しいようです。

近年は、自由に報道されてますが、トンキン湾事件など
アメリカも、兵器産業が戦争を好んで、陰謀をめぐらして
いる、そういう国のようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3 …
    • good
    • 0

当時の欧米はアジア人はどんだけ殺してもいいという


考えだったから、真珠湾攻撃は関係ないでしょ
    • good
    • 0

戦争を吹っかけた大日本帝国が悪い。

アメリカは「リメンバー パールハーバー」で戦ってきた。だから今でも真珠湾には撃沈された戦艦が保存されたいる。原爆を使用したのは「ポツダム宣言」の受諾が遅れたからです。御前会議で軍部が「もう止めましょう」と言う天皇陛下に逆らってたからです。阿南陸軍大臣の割腹で終戦やなあ。ポツダム宣言受諾がもう少し早ければ広島、長崎の原爆投下もなかったし、シベリヤ抑留もなかったのですから。軍部の力が陛下よりも強かった結果です。
    • good
    • 0

中国の満州や朝鮮、台湾などアジア各国の植民地を止めろ


と日本に経済制裁が加わり日本政府が頭にきて戦争を始めた

イラクやアフガニスタン、北朝鮮と同じです

真珠湾攻撃で民間人の犠牲者が1人なんて事はないよ
そうゆう嘘はやめるべきだ
    • good
    • 0

日本は宣戦布告したが間に合わなかったとされているが実際はアメリカ側がわざと握りつぶして「日本は卑怯だ」という世論を作ったとの噂もある。

だとするとギリギリまで宣戦布告を伏せた日本が利用されたということになる。終戦末期には米軍は日本軍の暗号を解読していた。レーダーも開発していた。最初から日本軍が勝てる相手ではなかったんだよ。
    • good
    • 2

でも真珠湾攻撃で死んだアメリカの民間人は1人だけですよ


後は全員軍人です

日本を擁護するつもりはありませんが現在進行形で世界で民間人を殺しまくってるアメリカを擁護するつもりはもっと無いです
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング