色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

大人になってから英語を勉強し直したいと考えております。話せなくても大丈夫なので、ゆっくりでも文章が読める程度にはなりたいです。ただ、最後に英語を勉強したのが、9〜10年前になるので、何から手をつけていいか分からないので、中学生の参考書から始めようと思いますが、いい参考書があれば紹介をお願いしたいです。
(批判行為等はご遠慮願います。)

A 回答 (5件)

単語の発音も聞ける、利用者が自由に編集できる、こんな無料の英単語帳もありますので、下記サイトをご覧ください。

真面目なサイトです。持っておかれて損のないものです。少しでもお役に立つことができれば幸いです。
http://www.maroon.dti.ne.jp/capitalism/
    • good
    • 0

わたしは本当に英語が苦手で、4択マークシートの英語のテストだと、大学入試では満点の4分の1+アルファーしか取れませんでした。

確率が正しいことを英語のテストで証明した生き証人と自負しています。

まあそれでも大学院博士課程に進んだとき、必要な文献は全部英語でとにかく読み漁りました。もちろんそんな文献には、対訳も英文解釈の解説もありません。お陰で今はその関係の仕事を海外にいてもできるようになりました。

そういう経験から、読めるようになるには読み続けるとのがいいと思っています。どんないい参考書を持っていてその参考書の内容を把握しても、おそらくそんなに読めるようにはならないでしょう。


なのでとにかく読むことだと思います。ただ英語のスタイルがある程度定まっていたほうが最初はやりやすいと思いますので同じ分野とかで絞って読むと最初は楽かもしれません。読むマテリアルは得意教科、趣味などある程度理解があるものを中心にするといいです。どうしてもというなら対訳がのった読み物もあると思います。自分にあっていると思うならそれでもいいでしょう。

私の場合参考書は学習者向けの辞書でした。語法、文法など参考書に書かれていることはほとんど辞書で確認できます。読んでいてわからないとき辞書を引きそれで関連文法、語法、言い回しを確認できれば、参考書を先に読んで覚えてもうまく引き出しが開けないとかそういうこともないのであまり無駄がなく学習できるのではと思っています。
    • good
    • 0

あなたに向いてる参考書かどうかはスタート地点次第なのでアドバイスできませんが、


あなたの好きな事、スポーツ?料理?映画?歌?エッチな本?・・の英語の雑誌を買ってみてはいかがでしょうか。
内容を知りたい、理解したい、という気持ちが長続きするコツです。
    • good
    • 2

私の経験から言えば。

「NHKラジオ基礎英語」、そして、「NHKラジオ英会話」に進めば、読み書き、会話の力が伸ばせます。ーーー大切な単語、表現、文法が勉強できるので、文を読むのにも役に立ちます。
    • good
    • 0

本屋で色々較べて自分に合いそうなの選ぶと良いですよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング