プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

純粋な疑問程度なので、気軽に答えてくれるとうれしいです!
インターネットでたまに名前と学校名を晒されたから訴えてやる!といってる人がいますが実際に訴訟まで起こす人って多いんですかね?電話番号や住所、顔写真、クレジットカード番号とかとセットだったり、名誉毀損をされていれば数万円〜数十万円レベルらしいのですが、だいたいの弁護士の方は氏名と学校名程度であればそこまで秘匿性が高くはないから数千円〜1万円程度なのではないかという意見が多かったんですよね。どう考えても弁護士費用数十万円と割に合わなくないためとんでもない費用倒れをしますよね。
そこまでして実際に訴訟までする人いるのでしょうか?匿名だったら開示請求もしなきゃいけない上に時間もかかるから損しかしない気がします。ちなみに私なら無視します笑。時間が経てば多分どうでもよくなると思うからです(−_−;)。

gooドクター

A 回答 (5件)

少ないでしょうね。


「訴えてやる!」の流行語があったからw
そして、訴えられると怯える人が居るから、そのための脅しでしょう。

削除依頼するのに、弁護士の手を借りたほうが良いでしょう。
その後は、本人訴訟で良いと思います。
裁判や弁護士経費は上乗せ請求が基本です。
心の痛みを強く訴え(自殺未遂したとかね)高額な慰謝料請求をすれば良いのです。
まあ、それも見越されているので、判決では欠席裁判以外では満額になる事は少ないし、示談になる事がほとんどです。


仰るっ通り、訴訟だと費用以外に、両者がとんでもない手間や時間が掛かりますし、相当なストレスになるので、泣き寝入りする人が多いでしょう。
正直、社会人や受験生にそんな時間は勿体ない。
正直、賠償額ぐらいなら、裁判に関わる時間があれば、自分で稼げますw

晒されただけならイタズラで済みますが、
そこに有ること無いことや、誹謗中傷を書かれて炎上して風評被害が発生しているのなら、スルーで終われないでしょう・・・

という事は、裁判は「喧嘩」って事になりますから、
戦争でも喧嘩でも、自腹も痛める覚悟で争うんです。
勝つこととか(相手を倒す事)に執着してしまうので、費用/手間/時間/ストレスを掛けてまで裁判をするんです。

損するとか、負けるとわかっていても、嫌がらせで訴訟する人も居ます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
あまりに軽微なプライバシーの侵害と少額な慰謝料のために弁護士の方に数十万円支払って訴えるのは無理がありますよね笑。あと、弁護士費用とかも損害賠償額の10%しか基本は容認されないようなので賠償額が少なすぎたら大損になりますしね(賠償額が10万円だとしたら支払われる弁護士費用は1万円)。匿名だったら開示請求もしなきゃいけないうえに全額相手に請求できるかもわからないですし。まぁ、スルーする人がやっぱり多数ですよね笑。
ぶっちゃけ、学校名と氏名を知られた程度で何かあるっていうこと自体ほぼないですからね…。

お礼日時:2021/10/21 19:56

他回答者へのお礼について。



不特定多数に、個人情報が晒されるのは、個人の権利を侵害し、個人の生活にとって脅威であると、この国の法が認めるから、個人情報保護法が立法したのです。
それは大したことでは、ないからですよ。
勿論、個人が個人の情報を漏洩することは、個人情報保護法の適応を受けせんが。この国にその法があることは、充分周知されています。ならば、個人を特定しうる情報がインターネットを通じて不特定多数に晒されることは、その個人にとってリスクであり、その被害がどのようにあり得るのか、特定できないということを、晒す人本人が理解している筈です。充分に理解しうることを、あえてやったのならば、それは悪意である。という論拠は成り立ち得ます。
また、削除請求は、そのサイトの企業に対して要請することであって、それを書き込んだ個人にすることではない。また、サイトのそれが削除されたからといって、ネット内では個人の秘匿が回復されたとはならないのも、周知の事実です。その履歴は、ほぼ永久に残るのですよ。それも、周知の事実です。

この場合の悪意とは、その行為の結果にある、その対象者のリスクの範囲被害の範囲を特定できず、回復も不能であることを事前に知りながら、合理性なく、それをあえてやる、ということだ、という論拠は成り立ち得るのなら、これは、司法判断知りたくなっちゃいますよね。

法律に対して、関心高い人の割合って、かなりありますよ。そして、法律に関心がある人のほとんども、ネットユーザーですよね。
しかも、こんなに面白い案件。法律好きならば、見逃しませんて。
自分の趣味には、誰もが自腹張りますからね。
    • good
    • 0

お礼について。



弁護士にも、民事に強い弁護士。刑事に強い弁護士がいます。弁護士というのは自分の能力の範囲で勝負したいものですよ。負け戦はしたくないのです。

また、弁護士は正義の味方ではありませんので、依頼人のオーダーにより、見解を変えます。依頼人の利益を守るのが弁護士の務めなのでね。
なので、依頼人が弱腰では、弁護士は強く出れませんのです。

強気な依頼人は、いますよ。弁護士も張り切りますよ。
例え、結果として裁判で負けてもね。勝ったとしても費用に見合わずともね、どこの誰かは突き止めてやる、くらいのことはできるんですからね。
インターネットで匿名で、他個人を晒すような人にとっての脅威って、金の支払いが脅威なんでしょうかね?裁判に負けることが脅威でしょうかね?
匿名性が打ち破られること、それ自体が脅威なんじゃないですか?
なので、やる人はやりますよ。合法的に脅威を与えられるんですよ?やった甲斐があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
「匿名性が打ち破られること、それ自体が脅威」という言葉にグッときました!確かに打ち破ることを目指し、損得なしで戦う人は一定数いるでしょうね。私は、そこまで踏み切る度胸はないのでそこまで強気に出れる人は本当に凄いと思います!
何か他に伝えたいことなどがございましたら、気軽に回答ボタンからどうぞ!

お礼日時:2021/10/21 18:53

お礼について。



プライバシーの侵害という、違法行為はないのです。
いうなれば、名誉毀損もプライバシーの侵害だし、家宅侵入もプライバシーの侵害だし、誘拐だってプライバシーの侵害ですし、強姦だってプライバシーの侵害だし、殺人だってプライバシーの侵害ですよ。

プライバシーの侵害が悪意をもってなされた時は、犯罪なんです。悪意なくなされた時は、民事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます!
故意or過失で「基本情報を公開した程度」に留めたプライバシーの侵害のことと限定して質問をしたつもりでした。しかし、再度私自身の文章を読んでみると誤解を招くような文章でした。申し訳ないですm(_ _)m。pg8mwさんのおっしゃる通り広範囲でプライバシーの侵害を考えた場合、名誉毀損や誘拐等の悪質性の高いプライバシーの侵害は犯罪だと私も思います。また、悪質性がさほど高くない場合は、おっしゃる通り民事ですね。
何か返信等があれば気軽に再度回答ボタンからよろしくお願いします。

お礼日時:2021/10/21 18:25

いますね。


名誉というものは、金銭には変えられないものです。名誉の回復は、金銭では賄えない。なので金が欲しいから提訴するのでもない。名誉の回復には、費用をかける価値があるからです。少なくとも、そう考える人が、名誉毀損を訴えるのです。
で、あなたが考えてる範囲というのは、民事内のことなのですけど。
その名誉毀損の内容によっては、犯罪である場合もあり得ます。つまり、目的は逮捕です。
警察を動かすのに、費用は要りません。
不特定多数の公衆に個人が特定される情報が流されたのならば、刑事事件になり得る可能性は高いですよ。悪意が証明できれば、犯罪です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます!
すみません…名誉毀損の話ではないです。名誉毀損ってそもそも「社会的評価や地位を落とすこと」で、私の場合はあくまでプライバシー侵害の話です。名誉毀損だったら確かに刑事事件として訴訟できますし、場合によっては逮捕等はあり得ますね!
何か返信などがあれば、再度回答ボタンからよろしくお願いしますm(_ _)m。

お礼日時:2021/10/21 18:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング