色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

ウボンラット王女は大反対のなか報酬を放棄して結婚、米国に移住したものの何も無くなった王女に用がなくなった夫は離婚。
眞子さまも離脱金を放棄されています。

タイのウボンラット王女は離婚後王室に戻れました。日本の場合、過去に事例はありますか?
もし離婚された際、皇室に戻ることは可能ですか。

gooドクター

A 回答 (6件)

できません。


離婚しても還る家なし。
https://news.livedoor.com/article/detail/18873319/
皇族には戻れぬでしょう。
    • good
    • 0

皇室典範第十五条 


皇族以外の者及びその子孫は、女子が皇后となる場合及び皇族男子と婚姻する場合を除いては、皇族となることがない。
上記条文により眞子内親王が皇籍離脱された場合には皇族と婚姻しない限り皇族復帰はありえません
    • good
    • 0

日本の皇室にも過去に例があります。



身分的に合わないと周囲に反対された相手と駆け落ち同然に結婚し、その後離婚しています。皇室には戻っていません。法律でそうなってんだから当然ではありますが。
https://news.goo.ne.jp/article/jisin/nation/jisi …
    • good
    • 0

皇族は、一度皇籍を離脱すると復帰することはできません。



眞子さんは結婚すると小室姓になりますが、たとえ離婚しても、皇族は姓がないので小室姓のまま生きなくてはいけません。
既に辞退することになっていますが、皇族に復帰できないという意味での一時金でもあるのです。そして、一時金を辞退したから戻れるというわけでもありません。
今回のことで女性宮家創設も遠のいただろうし、復帰する可能性はゼロと言って良いでしょう。
    • good
    • 2

明治までに居なかったらまず無いと考えた方が良いです


そもそも明治以前は女性の影は薄く名前すら分かっていないような人ばかりです
名前が残っているのは天皇の座に付いた女性だけでしょう
それと嫁いだ女性が元の家に帰れるなんてことはまずなかったはずです

そもそも男性でも一度皇族を離れたものが皇族復帰した例も限りなく少ないです
その代表的な例が源氏や平氏です
あれだけ力を持ちながら皇族へは復帰できていません

男性では臣籍に下った人が天皇になった例はありますね
宇多天皇だか後醍醐天皇だったような気がしますが定かではありませんので興味があれば調べてみてください
    • good
    • 0

法的に不可能らしい。


過去、Mと同じくアメリカに渡った方は、日本に帰り、安アパートで一人暮らしし、再婚後も共働きで生活していたんだとか。

まあ、でも法律は変えられるからね…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング