プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

今中学3年生の男子です。将来30歳まで働いてそのお金で世界一周を自分の船で成し遂げたいと思っているのですが、世界一周の期間は10年間で考えています。30歳までで稼いだ金額と現地でのアルバイトも含めれば可能性はあるのですが、問題は旅が終わったあとです…まだ40代なのですが、世界一周で得たものを生かした仕事などにはつけませんかね?また農家などは始められますか?最後に仲間集めをしようと思っているのですが、なるべくネット以外がいいです。回答お願いします。

A 回答 (7件)

> 現地でのアルバイトも含めれば可能性はあるのですが、



旅の後だけでなく旅の途中でも問題があります。
現地でアルバイトをして収入を得るにはその国の就労ビザが必要です。これを取得するには質問者様を雇う側の書類も必要ですし、手続きには相応の日数を要します。手数料も掛かります。
また、たとえ1人であっても「現地の人の雇用機会を損なう」と考える国が多いですので「はいわかりました」と簡単に就労ビザを発給してくれる国はまずありません。


> 世界一周で得たものを生かした仕事などにはつけませんかね?

そこを自身で考えられない人はその旅を実行する能力が無い・・・と理解した方がよいでしょう。


> 農家などは始められますか?

農業はそんなに甘くありません。
そもそも働いて独り立ちして生活できるお金を稼ぐことを気軽に考え過ぎておられるように感じます。質問者様の年齢を考えれば無理もないことだとは思いますが。
この先、何年か様々な物を見聞きし、学んでいく過程で考え方も変わってくるところがあると思いますので、今はご自身の計画の精度をあげることをされるとよいでしょう。
行きたい国の在日大使館のWebサイトを参照するとか、日本の外務省の「海外安全ホームページ」を参照るとかも含めて。。。

参考まで。
    • good
    • 0

プロファイルのような在米の年寄りです。


飛行機や船で世界を回っていました。
ずっと大きな船や飛行機ですが。
ただ、悪人と自然には勝てませんから気を付けてください。

海賊出現海域
① 南シナ海 ~ インド洋
② アラビア海 ~ 地中海
③ ソマリア沖インド洋
④ アフリカ中部・北部沖大西洋
⑤ カリブ海 ~ 南米北部沿岸

荒天海域
⑥ 北海
⑦ アフリカ南端沖
⑧ 大西洋の米国中部沿岸
⑨ 北太平洋
⑩ 南米南端沖

『船』で旅となると船から離れられない点がいろいろ制約になるかもしれませんね。
それと、外洋を航海する船を10年維持するのは大変です。
『世界一周で得たものを生かした仕事などにはつけませんかね?』ではだめです。
『旅』で得たいものをイメージし、記録でも何でも貯めて帰り、それを使って写真や紀行の出版の仕事をするぐらいにはっきりしたイメージをいくつも持つべきです。
仲間も、行く前の企画段階には何人も作り、旅に出た後の段取りもするべきです。
準備や予行演習でそれを確認する。
その活動を通してスポンサーを募るのもいい考えでしょう。

百姓を馬鹿にしてませんか。
私の実家は代々の農家です。
土を知り、自然を知り、生き物を知らなければ百姓は出来ません。
そして、それを工業に置き換えるのがこれからの農業です。
これまでのやり方をするには当然、新しい農業をするにも、土・自然・生き物を知らなければなりません。
土を掘って水をためて種をまけばコメができると思ったら大間違いです。

そんな軽薄な考えならきっと世界一周もそんなレベルなんでしょうか。
だとしたら成功はしないと思います。
    • good
    • 0

資金云々以前に、一番大事なことは、渡航先・寄港先の国の法律を調べて、守ることです。



>30歳までで稼いだ金額と現地でのアルバイトも含めれば可能性はある

現地でのアルバイトをするためには就労ビザが必要です。就労ビザを得るためには、雇用主が決まっていないといけません。「入国してからバイトを見つける」では就労ビザは得られないのです。
観光ビザで入国した後、就労許可なしにバイトをするのは不法就労です。違法です。こっそりバイトしていることをブログなどに書いている旅人もいるようですが、ワーキングホリデーなど一部の就労OKな場合を除いては、不法就労です。
なお、ワーキングホリデーはほとんどの国で30歳までという年齢制限があるので、30歳からの世界旅行ではワーホリ制度での現地バイトもできません。
したがって、世界一周旅行を始める前に、世界一周旅行を継続するための十分な資金を用意しなければなりません。それが無理ならば、旅行を中断していったん日本に戻って、日本で稼いでからまた旅行を再開する、といった手段を執らなければなりません。
このような、その国への入国や就労についての法律を調べるという常識を、これからの学校生活や社会生活の中で身につけていってください。

資金集めについては、30歳までに働いたお金では、世界旅行に耐えうる船を買うだけでも資金不足でしょう。船乗りになるか、漁師になるか、冒険家として実績を積んでスポンサーを見つける方が、現実的だと思います。そのほうが、世界一週後の仕事の心配もしなくていいですからね。
    • good
    • 0

仕事に就くというよりは、仕事を展開するという考え方もあると思います。

自分から始めるというか。


現在、そしてその時に置かれた状況によって判断することになるでしょうけど。もしかすると結婚して子供もいるとか、住んでいる場所などの影響もありますし。それらも「出会い」で変化も多岐にわたると思います。


まだまだ未来の話ですし、そこに至るまでにどんな体験をして、どんな物事に出会うのかもわからないので、ワクワクしますね。



私は45歳会社員男性です。中学三年の頃に思い描いていたこととは違う体験もたくさんありました。私の場合は、父が今の私とは別の仕事で海外企業とのやり取りがあって、父の会社が出展していた見本市に高校から大学時代にかけて父の仕事の手伝いをしながら、たくさんの出会いがあって刺激を受けました。


私は今も仕事上で海外企業との取引もあるのですが、日本国内ではまだ広がっていないような分野の商売もたくさんあって。今後、時代の流れとともに日本での展開が期待される分野もたくさんあると思います。


その時になってみると、目の前にさまざまな景色が広がっているのでは?



いろいろな体験を通じて観る目や知識も養いつつ、その時になるまでの生活においても広くアンテナを張って過ごすと良いと思います。
    • good
    • 0

既にNo.1の方が回答されていますが、


船乗りになればお金をもらいながら世界を回れます。

各国を回るクルージング船のスタッフでも良いですね。

40歳になってからのことは、
30歳を過ぎてから考えても遅くはないと思います。
    • good
    • 0

夢が大きくていいですね。

でも実現するには大変な努力と能力が必要かと思います。夢に向かって進みだしたらその都度、具体的な方針について質問してください。今の時点ではこれしか言えません。
    • good
    • 0

>仕事などにはつけませんかね?


特技は船なのですからそのまま漁師になれば良いと思います。

>また農家などは始められますか?
残念ですが農業はそれほど甘くありません。
家庭菜園程度で我慢しましょう。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング