gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

古代イスラエル人は、「ヤマトの人々」と呼ばれていました。ヤマトはヘブル語で「ヤー・ウマト」(ヤハウェの民)という意味になります。
※ヤハウェとは聖書の神様の事です。

A 回答 (3件)

4世紀に中国で書かれた史書(三国志の魏志)のなかに、倭国の女王の居るところとしてヤマト国(邪馬台国)と書かれているのを知って、畿内の豪族が自分の居るところをヤマト国とし、ウソがばれた時の保険として倭国(日本)全部をもヤマトと呼ぶようにしたので、その時からです。



ちなみにヤマトとは山門や山戸という当て字に見られるように、山の入り口といった意味の『日本語』です。なんちゃら語などではありません。
    • good
    • 0

今の日本をヤマト国家として中国認識して、紹介していた古代時代


金のハンコが見つかったので確定したようですぜ
伝説、神話時代に有ったぜ~我がヤマト国は実在していたと
    • good
    • 1

大和朝廷(ヤマト王権)の呼称については古墳時代の前半(3世紀後半~4世紀初め)に一般的に用いられた。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング