色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

政府(自民党)は「無党派層は寝てくれればいい」はずなのになぜ投票率向上の呼びかけをしたり、投票率向上のための公選法改正などを行うのですか?

gooドクター

A 回答 (6件)

「無党派層は寝てくれればいい」は森喜朗の数ある失言の一つだけど、自民党議員全員が森レベルの脳みそしかないと言うことはない。

 まともな頭の持ち主も中には入るゆえ、長い間政権を維持している。
    • good
    • 0

自民党としての考えと政府としての考えが同じとは限りません。

「政府=自民党」ではないので。
    • good
    • 0

本音(寝ててくれればいい)と建前(投票に行きましょう)を使い分けているだけ。


自民党には巨大な集票組織が着いていますから、投票率が下がれば有利ですし。
公選法を改正して18歳から投票出来る様にしたのも、大体親と同じ人や党に投票する
だろうと言う事を見込んで居たり、形だけの投票率しか見ていない。
    • good
    • 0

来るなって言うと、寝た子を起こすから。

    • good
    • 0

ダブルスタンダードです



本音と建前です
自民党と政府を使い分けしています
    • good
    • 0

それって、何時の話だっけ?


引用するにはかなり無理があるよねw
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング