ACモータで歯車を動かす装置を作っています。
ブレーキ回路付インダクションモータです。
定格電圧(100V)で動作させても動きません。
電圧を上げる(110V)と動きます
モータの出力軸許容トルクは2.5N・m(カタログ値)で歯車の回転トルクは2N・m(実測値)です。
なぜ動かないのでしょう?起動時のパワー不足のようですが。。。30℃くらいの部屋で動かしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ACインダクションモーターには 起動トルク(始動トルク)と言うものがあり


通常のトルクより起動時はちょっと弱いもです。
 少しでも回り始めれば酔いのですが、電源電圧を110にすると回るのは
少しトルクが足りないのでは無いでしょうか?

 どんな物を動かそうとしているのか不明ですが、もうちょっとトルクの高い
モーターに変えるか、減速機を変える等の対策が必要と思います。

参考までに用語説明のURL付けときます。

参考URL:http://search.orientalmotor.co.jp/support/explai …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/30 08:31

交流モーターは起動トルクが少ないので、


この条件では無理でしょう。

電車なんかでも発進には苦労しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/30 08:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ同期モータの回転数は、極対数(=極数÷2)の分だけ遅くなるのでしょうか。 ステータスで作る回転磁

なぜ同期モータの回転数は、極対数(=極数÷2)の分だけ遅くなるのでしょうか。

ステータスで作る回転磁界を360度回すと、同期モータなので、一緒に360度回ってしまわないでしょうか。

Aベストアンサー

略図を書いてみました。
判り易く書けると思いましたが、とりあえず貼り付けますので
参考にして下さい。
もっと判り易い図が書けましたら、再度貼り付けたいと思います。

Q実効電圧Vの三相交流と言った場合、どこの電圧?

恥ずかしながら、基本的なことをお聞きします。
実効電圧Vの三相交流と言った場合、
この電圧はどこの電圧なのでしょうか?
相間ですか?中性点に対してですか?

あるいは、
定格電圧Vの三相誘導電動機と言った場合、
この電圧はどこの電圧なのでしょうか?
電源端子間ですか?
グランドに対してですか?

二電工試験では、設問で電圧を指定する場合、
たいてい図で電圧がどの部分なのか示してありますが、
昨年の二電工上期試験の4番で、
単に、「定格電圧V、定格電流Iの三相誘導電動機」という表現の出題がありました。

調べましたけど、結構調べにくかったですね。
定義の問題ですから、どっちでもいいとは思うんですが、
こういう問題は知っていないと間違えてしまいます。

将来的には、我が家の配線工事でもしようと思っており、
三相の工事をするつもりはありませんので知っている必要はないんですけど。
試験に受かる為と、恥をかかない為に必要になりました。

Aベストアンサー

特に指定が無い場合には、線間電圧です。

Q三相交流モーターの極数と定格電流の関係について

AC3φ380V モーター出力0.2KW 効率0.8 力率0.8 50HZ 4Pである場合の定格電流の求め方について質問です。

 200/0.8/0.8/380/√3=0.48A
という形で電流値をもとめた場合 この0.48Aの定格電流は50HZ 4Pという条件にあてはまっているのでしょうか?
 上記計算式で求めた場合、周波数と極数はいくつの設定なのでしょうか?

 よくわかりません。
わかりやすくおしえてください。

Aベストアンサー

 私の知る限りに於いて、周波数及び極数は、電動機の速度を決める要素であって、電流値を決定付ける性格の物ではありません。故に

>回転軸出力=√3×電圧×電流×力率×効率

 質問者様のお書きになったコレが全てです。ざっくり言えば【周波数及び極数に関わらず】上記の変数のうち四つが決まれば残り一つが求められます。

>極数によって電流値が異なりますし、周波数が50HZから60HZになっても若干ですが電流値が違います。

 一般に極数が変われば電動機本体の物理的な大きさ(=回転子の自重量など)が変わりますから、機械的効率は変わるでしょう。
 また、力率は電圧位相に対する電流位相の遅れにより決まる値で、電流がどれくらい遅れるかは周波数と内部インピーダンスで決まります。

 以上から、冒頭の公式中にこれらも既に織り込み済みと云えるかも知れません。

 参考までに、三菱と日立の電動機諸元のページを付しておきます。
http://www.hitachi-ies.co.jp/products/motor/sanso/shiyou1.htm
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/i_motor/lineup/pdf/data02_sf-jr.pdf

>私の計算では2Pの時に電流値に近いような気がします。

 これがどう云う計算に拠るものかがよく解りません。宜しければ補足願います。

 私の知る限りに於いて、周波数及び極数は、電動機の速度を決める要素であって、電流値を決定付ける性格の物ではありません。故に

>回転軸出力=√3×電圧×電流×力率×効率

 質問者様のお書きになったコレが全てです。ざっくり言えば【周波数及び極数に関わらず】上記の変数のうち四つが決まれば残り一つが求められます。

>極数によって電流値が異なりますし、周波数が50HZから60HZになっても若干ですが電流値が違います。

 一般に極数が変われば電動機本体の物理的な大きさ(=回転子の自重量など)...続きを読む

Q零相電圧「V0」は、負荷バランスによる電圧の不平衡や欠相では発生するの?

零相電圧「V0」は、負荷バランスによる電圧の不平衡や欠相では発生しないはずなのですが、理論的に証明出来ないでしょうか?
模擬回路で1次側に不平衡電圧つくり実験しましたが、3次巻線の対地電圧は不平衡になっているのに、V0は発生しません。
ちなみに1相を欠相させても、同じです。
Vr+Vs+Vt=V0=0とはなっていないように思われますが...

Aベストアンサー

回路図を見せてもらえませんか?

Voについては参考URLがよいと思います。

参考URL:http://www.actv.zaq.ne.jp/gaagc102/frame1.htm

Q三相200Vのモター極数について

三相200V用のモーターの購入にあたり、「極数」について教えてください。当方は素人です。
2.2Kw 2POLE と表示されているのですが、2.2Kw 4POLEのモーターでは不都合が有るのでしょうか?現在の集塵機に付いているモターが動かなくなってしまい交換のため、Netで購入しようと思っているのですが、ほとんどが2.2Kw 4POLEの表示になっているので、困ってます。宜しくアドバイスのほどお願いします。 

Aベストアンサー

関東では2ポールで3000回転/分、4ポールで1500回転/分です。
関西では3600と1800になります。

回転数が半分になるとものすごく性能が落ちるでしょうね。

Qサーボモータでのトルク制御

リールで材料を巻く場合

張力を一定に制御しようとする場合、巻取りロールの半径が大きくなるに、従って負荷トルクが増加するため、それに合わせてサーボモータのトルク出力を制御します。

という説明文がありましたが、巻取りロールの半径が大きくなるに、従って負荷トルクが増加するため、それにあわせて張力を一定にするためトルクをあげていく。

という解釈でよろしいんでしょうか?

Aベストアンサー

>という解釈でよろしいんでしょうか?
その通りですが
そんなに簡単な代物でもないとも言う


http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/melfansweb/tencon/index.html
http://www.oguraclutch.co.jp/html/seihin~jouho/chouryokuseigyo.html
http://www.mikipulley.co.jp/jp/product/category.php?id=psp

Q誘導機の極数と電流について

誘導電動機の極数を増やすとなぜ電流が増えるのでしょうか?
また、インバーターで低周波数でギャーモーターを運転すると
負荷電流が増加して電子サーマルが作動することがありますが
あまり低周波数で運転しないほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に3相モータは同容量でも極数が増えるとフレームサイズが大きくなります
(通常市販モータは8極までですが16極とか32極と言うモータも存在するらしい)

また、力率が悪くなるとも言われています(何故力率が悪くなるのかは分りません)
少なくともフレームサイズを大きくしなければならないほどの力率低下か損失低下、
または発熱増大があるのだろうとは思います
(モータメーカ以外でモータ自体を製作する事は無いので普通は誰も気にしません)
ネット上を探しても公式的にそれらの理由を記載したサイトは見つかりません

http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/i_motor/index.html
http://www.toshiba-tips.co.jp/common/htm/syouhin.htm
http://www.hitachi-ies.co.jp/products/motor/sanso/index.htm

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00132/contents/0014.htm


>あまり低周波数で運転しないほうがいいのでしょうか?
一般的にはインバータで低周波数で駆動するとモータは過熱すると言われています
逆に言えば過熱さえしなければいくら低周波数でも構わないとも言える
ブロア等は回転数が下がれば負荷電流は二乗に比例して下がる
(二乗低減トルクモード選択)
コンベア等で無負荷なら(コンベア上にワークが無い)
5Hzで連続駆動しても問題は無い

走行台車等なら低速で連続運転は通常は有り得ない

一番の問題は工作機械の主軸
ギア減速無しで低速高負荷での連続加工は無理です
短時間なら可能ではあるが<要するに過熱しなければ可能

一般的に3相モータは同容量でも極数が増えるとフレームサイズが大きくなります
(通常市販モータは8極までですが16極とか32極と言うモータも存在するらしい)

また、力率が悪くなるとも言われています(何故力率が悪くなるのかは分りません)
少なくともフレームサイズを大きくしなければならないほどの力率低下か損失低下、
または発熱増大があるのだろうとは思います
(モータメーカ以外でモータ自体を製作する事は無いので普通は誰も気にしません)
ネット上を探しても公式的にそれらの理由を記...続きを読む

Qメタルハライド球の定格電圧について。

City-Colorという機材で2500wのメタルハライド球を使用していますが、球に記載されている定格電圧が220Vとなっています。

分からないながらも色々と電球を調べていると、2500wのメタハラの多くが「定格電圧115V」となっており、定格電圧220Vの球が少ない事が分かりあまり選ぶ事が出来ない事を知りました。

そこで質問なのですが、この機材で「2500w/220V」の代わりに「2500w/115V」のメタルハライド球を使うといったいどういう現象がおきるのでしょうか。

どなたか是非お教え下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

考えられる不具合はバルブに流れる電流が極端に増えるので安定器の焼損とバルブの電極が極めて短時間に劣化し二度と使えなくなる事だと思います。

一般に放電管は電圧と電流が非直線で、ある数値までは右肩上がりで増えますし管内のプラズマの状態によっても大幅に変化します。
これを安定的に動作させる為に文字通り安定器が有るのですが電圧が倍になればとても制御できません。

いずれにしてもとんでもない事なので絶対にそのような使い方はしないでください。

Qブレーカの極数、素子数とは

ブレーカの表記で2P2Eとか2P1Eとかの
PとEについて教えてください。

カタログで
P・・・極数
E・・・素子数
とあるのですが、その意味を教えてください。

Aベストアンサー

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても、大地間と同電位の為、電流は、ほぼ流れません。よってN線には、L1線又は、L2線より大電流が流れる事はありません。
その為、N線をつなぐ電極=Pには、素子=Eは、必要ありません。

単相100Vの場合は、L1線又は、L2線とN線の本を使用するため、2P1Eのブレーカーを、使用します。
単相200Vの場合は、L1線とL2線を使用するため、2P2Eのブレーカーを使用します。
単相200V3線は、L1線とN線とL2線の三本を使用します。3P2Eのブレーカーです。
※よく勘違いされますのは、アース線は、この3本には、含まれておりません。アースが必要なときは、L1,N、L2+アースと思ってください。

又一般家庭の場合単相3線は、分電盤の主幹(大元)のみです。200V回路もほとんどありません。

単相2線、単相3線、動力回路などの説明は、省かせてもらいます。
又、L1,N、L2の後に(線)とつけたのは、電線という意味です。(普通は、つけません。)

まとまりが悪くてすいません。

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても...続きを読む

Q三相200v交流の相間電圧と対地電圧について

三相200v交流において相間電圧が200v、位相が120度で総和がゼロになるのはわかるのですが、対地とをテスターで計るとどうなるのか?先日計ったら180v位でした。なぜそうなるのかがわかりません。教えていただけますか?

Aベストアンサー

6kV/200Vの変圧器の低圧側の接地方法は3種類に大別されます。
接地の目的は高低圧の混触が起こった場合低圧側の対地電圧抑制のためです。(B種接地と呼びます)
○中性点接地
変圧器の2次側コイルをスター結線とし、中性点を接地します。
あまり用いられないと思いますが対地電圧を下げる等の目的で使用されることがあります。
対地電圧は三相とも115Vとなります。(200/√3)
○一線接地
変圧器の2次側コイルをΔ結線とし、三相のうち一線を接地します。
一般的な三相変圧器の2次側がΔ結線となっておりビルや工場の三相200Vでよく使用されてい
ます。
対地電圧は一相のみが0V、残り2相は200Vとなります。
○V結線の電灯側中線接地(三相4線式灯動共用方式)
これは単相変圧器を2台をV結線にして1台の中間点を接地する方法です。
2台の変圧器をV結線で接続し単相100/200V、三相200Vを同時に供給する方法です。
1台の変圧器の中間点で接地を取ります。需要変動への取替え対応や電柱上の限られたスペースへ
の対応等が容易なことから電力会社の配電設備で最も多く採用されています。
対地電圧は一相のみ173V残り2相は100Vとなります。(√3/2×200V)

おそらくyasutamaさんが計ったのは上記の173Vかと思います。
電力会社からの配電電圧は三相200Vでは202V±20Vの範囲になっていますので、仮に
208Vとなっていれば3線のうち1本の対地電圧は約180Vとなります。

6kV/200Vの変圧器の低圧側の接地方法は3種類に大別されます。
接地の目的は高低圧の混触が起こった場合低圧側の対地電圧抑制のためです。(B種接地と呼びます)
○中性点接地
変圧器の2次側コイルをスター結線とし、中性点を接地します。
あまり用いられないと思いますが対地電圧を下げる等の目的で使用されることがあります。
対地電圧は三相とも115Vとなります。(200/√3)
○一線接地
変圧器の2次側コイルをΔ結線とし、三相のうち一線を接地します。
一般的な三相変圧器の2次側がΔ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報