財形貯蓄をしてて、もしもその会社が倒産したら、貯蓄した分は戻ってこないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

財形貯蓄は、個々の社員の名義で、会社と契約している金融機関に預けて有りますから、会社が倒産しても戻ってきます。



ただ、給料から天引きしたまま、金融機関に預けていない
と、その部分については戻らない可能性もあります。

年に数回、財形貯蓄の残高の報告が、その金融機関から来るはずですから、よく確認しておくと良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
迷ってた友達に勧めたいとおもいます(^-^)

お礼日時:2001/08/30 07:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財形奨励金って課税?非課税?

給与や賞与から財形を天引きで積み立てる際に、会社から「財形奨励金」という名目で5%ほどの奨励金がつきます。
これは課税対象なのでしょうか?それとも非課税なのでしょうか。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

財形奨励金は経済的利益として課税対象となります。

Q会社が倒産し年末調整が数年分返ってきません・・・・

父の話です。

父の勤めていた会社が倒産しました。
給料も約1年ほど未払い状態で、社長とその家族が使い込んでいて、社長は自己破綻をしました。

裁判をしていて、やっとやっと・・未払い分の給料が保険機構?のような所から通知が来て42万のみ支払われると
書いてありました。

ですが、問題は、年末調整です。
その年末調整すら会社は社員に振り込まず使い込んでいたようなんですが、弁護士に相談しても、もうこの件からは
手を引きたいと電話を切ってしまう状況です。

この年末調整は、どうやったら返してもらえるのでしょうか?給料は会社からもらうべきものですが、年末調整は国に相談でしょうか?

全く無知なため、どうして良いかわかりません。
ちなみに、その倒産した会社はずさんそのもので、
給料も手渡し、明細はなし、源泉徴収もありません。

自分で弁護士を雇うべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら難しいです。

年末調整とは毎月給料から天引きされている税金を
12月に1年分まとめて計算しなおし、払いすぎて
いる分を返してもらうことを意味します。

それらを計算するべき根拠
 給与明細、源泉徴収表…
がない以上、年末調整のしようがありません。国に
相談しても「年末調整(還付)してあげるけど、計
算して申告してください。」と言われるだけです。

ですから弁護士を探す前に、収入がいくらあって、
税金をいくら天引きされていたかを証明することを
考えてください。

Q財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう か? 奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として

財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう
か?

奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として


財形貯蓄というのは給与から強制天引きにして、お金の流動性を低くしているだけですよね?

流動性を低くしているのに、金利は低く(0.01〜0.04%ほど)、財形住宅貯蓄などの非課税のメリットはほぼないように思えます。

財形をやるくらいなら、普通預金にいれておいていざというときにすぐ使えるようにしたほうが有用だと思うのです。

それをふまえて、財形貯蓄のメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄ははっきり言えば、現在の
政府政策からすれば、前時代的で、
邪魔な存在ではあると思います。

ですから、個人型の確定拠出年金の
改正など、推し進められているんだと
思います。

強いてメリットを上げるなら、
①住宅財形は税制上の優遇がある。
②国債運用などの証券会社の財形は
 パフォーマンスがよい。
③元本保証などの規定が定められて
 いたりするので、より安全ではある。

といったところですかね。

私は時代もあって②でかなり得を
しました。
20年以上1.5%のパフォーマンス
を維持できました。

会社にもよるんでしょうかね?

今では住宅財形でちょこっと
頭金ができたら、すぐ家買えよ。
って位の使い道でしょうね。

そんなに制約はないと思うんで、
現在の政策や経済動向にあった
財形貯蓄を考えるべきだと思います。

いかがでしょう?

Q財形貯蓄について

弊社は一般財形を取り扱っています。銀行側に確認したらメリットとしては給与天引きなので自動的に貯蓄されることだけで利息などは普通預金と変わらないと聞きました。過去の質問等を拝見すると、一般財形は3年は解約できないとありますが、弊社は退職した場合天引きをSTOPするのですが、退職後本人は3年たつまで解約できないだけで、引き出すことはできますよね?その引き出す時に手数料がいくらかかかるのでしょうか?
また会社として一般財形ではなく住宅財形に切り替えてあげるほうが社員にとっては利息がいいなどのメリットがあるのでしょうか?
以前住宅財形は利息がいいけれど、何年か掛け続けないと期間内に引き出した場合手数料がかかり元本割れするという話を聞いたことがあるような気がするのですがこれは正しいですか?
また会社が住宅財形を始めたい!と行っても銀行側にダメといわれることもあるのでしょうか?
教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>退職後本人は3年たつまで解約できないだけで、引き出すことはできますよね?
>その引き出す時に手数料がいくらかかかるのでしょうか?
これはその財形の商品によって変わります。手数料必要なものや、不用だが利率が遡って低くなる(定期預金と同じ)ものなど色々です。

>住宅財形に切り替えてあげるほうが社員にとっては利息がいいなどのメリットがあるのでしょうか?
それはもちろんです。住宅財形貯蓄のメリットは2つあります。
・550万までは利息に対する課税が非課税になります。(住宅取得目的で解約することが条件)
・財形融資を受けられる
通常は一般財形と住宅財形の両方を用意していますね。
(あと年金財形というのもあります)

>期間内に引き出した場合手数料がかかり元本割れするという話を聞いたことがあるような気がするのですがこれは正しいですか?
商品によります。たとえば保険タイプなどはそういう可能性がないとは言い切れません。

>銀行側にダメといわれることもあるのでしょうか?
いや、ないですね。
ただ確か住宅財形を導入するときには会社側からも利息補助など何らかの費用負担をしないと導入できなかったはずです。
会社がOKであれば問題ありません。

>退職後本人は3年たつまで解約できないだけで、引き出すことはできますよね?
>その引き出す時に手数料がいくらかかかるのでしょうか?
これはその財形の商品によって変わります。手数料必要なものや、不用だが利率が遡って低くなる(定期預金と同じ)ものなど色々です。

>住宅財形に切り替えてあげるほうが社員にとっては利息がいいなどのメリットがあるのでしょうか?
それはもちろんです。住宅財形貯蓄のメリットは2つあります。
・550万までは利息に対する課税が非課税になります。(住宅取得目的...続きを読む

Q助成金と奨励金の違い。

助成金と奨励金の違い。
ハローワーク等で雇用や会社設立し条件があえば助成金がもらえますが、助成金と奨励金と
名称がちがっています。
これはなにか理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)助成金とは,事業や研究などに助けて成就させること。力を添えて成功させること。
(2)奨励金とは特定の事業などに促進・発達を帰するたねに交付する金銭的給付。補助金。助成金。

Q九電の財形貯蓄について

九州電力の財形貯蓄について教えてください。今、九電の総合職の35歳の方とお付き合いしています。「財形貯蓄がいっぱいになったから、これ以上は利率が下がる。マイホーム買おうかなと考えています」と言われました。マイホームというのが、私と一緒に住む家なのかどうか(つまり、結婚したいと思われているかどうか)もわかりませんが、いっぱいになった財形貯蓄っていったいいくらくらいなんでしょうか?私は財形貯蓄があるような企業に勤めていませんし、九電は大企業ですから、検討もつきません。九電、大卒総合職、35歳がいくら貯めているものなのかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
お金に汚いとか、思われそうですが、将来3人くらい子どもがほしいので、できればだんな様候補の方の貯蓄を知りたいのです。どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

財形貯蓄制度のある企業に勤めています(大企業ではないです)

財形「住宅」貯蓄についてはNO1さんのおっしゃる通りです。彼の言っているのも、質問者さんがお考えの、源泉徴収課税のせいで、という意味だと思います。

うちの会社の場合普通の財形貯蓄は、利率がちょっとだけ優遇されるだけで(標準利率+0.2%)、上限はありません。
自分で株などをして貯める方が利率としてはいい場合もおおいと思います。
ただ、天引きという方法による貯蓄効果(知らないうちにたまっていく)は高いと思いますが。

35歳なら、貯蓄総額は1000万超えてても珍しくありません。
550万はその財形貯蓄でたまっているとして、他の貯蓄がどうなのかによると思います。
「財形貯蓄がいっぱいになったから、これ以上は利率が下がる」と「マイホーム買おうかなと考えています」の間に、『他の貯金も足して』という言葉が入ってるとしたら、総額世間並には貯めてると思うんですが、財形貯蓄があるからとあとは使い切りの生活をしてる人だったら、現在の貯金額以前に、これから貯金できる額にも影響しそうですから、その辺りは観察が必要かもしれません。

ちなみに、3人子供が欲しいなら、彼の年齢的にもうリミットかかってると思います。下手すると三人目が大学卒業時に、お父さんが定年退職後になってしまいますよ。大学が一番お金がかかるところなので心配です。

財形貯蓄制度のある企業に勤めています(大企業ではないです)

財形「住宅」貯蓄についてはNO1さんのおっしゃる通りです。彼の言っているのも、質問者さんがお考えの、源泉徴収課税のせいで、という意味だと思います。

うちの会社の場合普通の財形貯蓄は、利率がちょっとだけ優遇されるだけで(標準利率+0.2%)、上限はありません。
自分で株などをして貯める方が利率としてはいい場合もおおいと思います。
ただ、天引きという方法による貯蓄効果(知らないうちにたまっていく)は高いと思います...続きを読む

Q携帯電話のワンセグ・GPS機能等と販売奨励金の関係について

携帯電話のワンセグやGPS機能(座標測位のみ)は、ドコモなどキャリアとの通信を行いません。(番組表取得や地図取得などでは通信しますが)
なのに、契約を解約するとワンセグが使えなくなったり、GPSは契約中でも携帯電波の圏外では測位自体を行ってくれません。

1円端末など販売奨励金があった時代は、月々の料金から端末代(販売奨励金)を捻出していたので、早期に解約されると端末代が回収できなくなるため、このような制約を課していたと思うのです。

ところが昨今、販売奨励金の廃止が相次いでいます。ドコモも905iから始めました。おかげで端末代が5万円台にまで急騰しています。
販売奨励金を廃止したのであれば、端末代は全額消費者が払っているので、上記制約を課し続けるのはおかしいと思うのですが、みなさんはいかがお考えでしょうか?

Aベストアンサー

一部勘違いがあります。

販売奨励金に関しては1番の方と2番の方が指摘していますので省略します。
要は「無くなったわけではない」です。

もうひとつ、購入時の契約があります。
携帯電話会社は「端末単体」の販売はしません。
必ず回線契約とセット売りになります。
「機種変更」でも「買い増し」でも購入時には「契約電話番号」と「機種の製造番号」を記録します。
それがセットになっている場合に機体の機能が使えることになります。

携帯電話「販売」会社によっては、「白ロム」として、電話機単体販売を行っているところがありますが、それは「携帯電話会社」の了解を取っているわけではありません(黙認はされているようですが)。

「自社の会員に限り、搭載されたサービス(機能)をすべて利用可能」という形式は、会員制○○(スポーツクラブ等)の様に世間一般に広く普及しているものですので、「制約を課し続けるのはおかしい」とも思えません。

NOKIA E61の様に「端末はメーカから購入し、SIMカードは好きなものを(といっても国内ではドコモとソフトバンクのみですが)使用可能」という機械は「(契約ナシで)初めからすべての機能が使える」様になっていますよ。

一部勘違いがあります。

販売奨励金に関しては1番の方と2番の方が指摘していますので省略します。
要は「無くなったわけではない」です。

もうひとつ、購入時の契約があります。
携帯電話会社は「端末単体」の販売はしません。
必ず回線契約とセット売りになります。
「機種変更」でも「買い増し」でも購入時には「契約電話番号」と「機種の製造番号」を記録します。
それがセットになっている場合に機体の機能が使えることになります。

携帯電話「販売」会社によっては、「白ロム」として、電話...続きを読む

Q一般財形貯蓄について

会社員になり、会社の制度の一つに財形があると知りました。この財形、説明には「借入目的を問わない貯蓄制度」「利息に20%の課税」と書いてあったのですが、どういう意味なのでしょうか?普通の貯金に比べて何がお得なのでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄には、住宅財形などの場合は利息に対する源泉税が免除されますが、一般財形の場合は利息に対しては、普通の預金と同じく20%の源泉税が控除されますから、税制面でのメリットはありません。

ただし、会社で活用給付金の制度を取り入れている場合は、特定の事由に使うことを目的に払い出しをしたときには1万5000円から最高21万円の活用給付金が受け取れます。
会社の担当者に、この制度を取り入れているか確認しましょう。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.kaigisho.ne.jp/money/lifeplanning/savings/savings1_11.html

Q新卒者採用の奨励金制度

新卒者採用の奨励金制度
今日のニュースで、卒業後1年以上経過している新卒者を雇用採用すると、雇用採用した会社側に奨励金が配られるらしいんですが、これは本当の意味の新卒者にとっては非常に不公平な制度だと思います。
なぜなら、この二者がどちらも同じ能力を有していた場合、採用試験においてどちらかを選ぶといったら、奨励金制度のある前者を採用するはずです。これによって後者の雇用機会がかなり減少すると思うのですが、みなさんはこの制度をどう思いますか?

Aベストアンサー

あまり新卒者の人に悪い影響はないと私は思いますよ。

企業は新卒者を育てるのに一人当たり何十万円・数百万円を
研修等で投資していると言います。
それだけ新卒者の人は「育てやすい・伸びやすい」とも言えるのでしょう。
新卒者を優遇する傾向はやはり根強いでしょう。

また逆に、卒業後1年以上就職していなかった人を採用するのは
企業としては躊躇せざるを得ないのではないでしょうか。
なぜなら、へばり付いてでも就職するという「覚悟・執念」が見えにくいからです。
覚悟や執念がない人を採用しても「3年でさようなら」とかでは
新卒者に投資した何百万円が無駄になるわけですからね。

それに、就職がし辛いのは大企業の話であって、
奨励金よりも投資するお金のほうが大きくなるのでは?
また、この奨励金が助かるであろう中小企業には
やはり人が集まりにくいというのは変わらないのでは?

Q財形貯蓄の印鑑について

新入社員です。財形貯蓄を申し込む予定ですが、銀行印ではなく、職場用の認め印を使用してもいいのでしょうか?できれば親にせっかく作ってもらった銀行印を使う方がいいのかとは思うのですが、財形をすることを申し出て、担当者から呆れられたというか、ちょっと嫌味を言われたので、銀行印を持参するとますます何か言われそうですし、大げさな気もして・・。
ちなみに担当者には「金をためることばかり考えるより、まずは使うことを考えた方が若者らしいのに・・」という意味の嫌味を言われました。

Aベストアンサー

預金ですから銀行印が良いと思います。認印でも、シャチハタでなければ受け付けてくれると思いますが、本来預金の届け出印は本人確認の為の手段ですので、簡単に偽造できたり、同じはんこが販売されていたり、シャチハタの様に年月と共に磨耗して確認できなくなるのでは意味が無いからです。担当者の言い方にちょっとカチンと来ますが、気にしない気にしない給与から天引きで預金する方がお金は貯まります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報