【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

春から東京理科大学の理学部・第一部・数理情報科学科に進学する事になりましたが、自分が進学したかったのは理学部・第一部・数学科です(二つとも受験したのですが、数学科の方は残念な事に不合格でした)。
そこで大学のホームページを調べてみた所、一年生の終了時に筆記試験を受けて合格すれば転学科出来るとの事が書いてありました。
入学してすぐにその試験に向けて準備を始めようと思っているのですが、具体的にどのような準備(勉強)を始めて良いのかわかりません。何か分かる方がいましたら、助言をお願います。
また、転学科が成功して新しい学科に移った場合、その学科における扱いは、一年生としてなのか、そのまま二年生として始まるのか、という事につきましてもご存知の方がいましたらお話を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

理科大理学部一部数学科に在籍してました。


基本的に一部生は転科については縁がないので分からないところもありますが、ある程度内輪的な情報も提供できると思います。

まず、転科試験の過去問は1号館10階の図書館にあります。自分も見たこと有るんですが、数学科の転科試験問題は”モロ”1年生用の学期末試験の問題です。そんなわけで試験対策は1年生の数学科の人間がとる対策とほとんど変わりません。

数学科にはA組とB組があり、それぞれ担当教官が異なります。
1年次の場合Aは
解析:M島 代数:O井(と思われる) 幾何:A部

解析:O沢 代数:S田 幾何:N階堂

解析が一番やっかいです。M島先生が書いた同じ教科書をABとも使うんですが、それぞれで試験問題が異なります。過去問を見る限りそれぞれが持ち回りで作っている感じですが、必ずしも隔年ではなく両方の試験問題に対する対策が必要です。自分はM島先生のほうだったんですが、採点法がちょっと慣れないと点が全くこないやっかいなもので、安定した点を取るにはM島先生が採点した答案、および試験後に出してくれる解説を見る必要が出てきます。入学直後ではM島先生のHP(大学内でしか見られない)で昨年度の過去問とその解説が公開されていると思うので早めにDLしちゃってください。どちらの問題が誰の作成であるかは片方をみれば一発で分かります。
O沢先生の問題はちらっと見ましたが、計算がやっかいですね。一般的にはこちらの方が難しいと言われています。こちらもできれば誰かの採点ずみ答案見ておきたいところです。

代数はAの方に去年先生の交代があったために、過去問とは違う場合もあると思います。過去問に有る中で大問3,4であっさりしている問題が、O井先生の前任者が作成。そうでない方がS田先生の作成です。回答法という点では解析ほどやっかいではないと思いますが、転科試験および期末試験の過去問を研究しておく必要は有ります。O井先生は昨年まで代数演習を担当されていたので代数演習の過去問も参考になるでしょう。

幾何は両方共通なのですが、やっかいなのが教科書が無くノートだけなんです。なんとしてでも入手する必要があります。おそらくN階堂先生のノートの方がわかりいいです。ちなみに幾何は毎年同じような問題です。ただし、古めの過去問は一部範囲が違うので注意(アフィン平面の話が位相に変わった)。

具体的に過去問やノートの入手法ですが、一番やりいいのは○○学研究会といったサークルに入っちゃうことですね。この場合は数学だったと思います。○○学研究会の実体は過去問の配布と情報交換が主なので、周りがみんな数学科なので仲間はずれっぽくはなってしまいますがそれさえ我慢すれば非常に有用だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございます。
しかし解析学や代数学、幾何学にしても試験範囲分は独学で勉強しなければならないんですよね。
先行きが不安になってきました。

お礼日時:2005/03/13 04:20

まず可能性として考えられるのは、新学期の時だけ1号館の横に出来るプレハブで教科書販売をやるんですが数学科を装って英語のテキストは持ってるとか言うことにして買える可能性があります。

もしかするとそんな複雑なことをしなくてもそこで買えるかもしれないですけどね。

出来ない場合も、学期初めは生協の本屋で売っている場合が多いです。それでも無い場合は生協で注文しましょう。

残りのことはかなり内輪な立場から書いちゃってるのでイメージわかない部分もあるんだと思いますが、実際入学してみればかなりの部分分かると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

取り敢えず教科書買って頑張りたいと思います。
色々丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2005/03/15 22:07

たしか解析の教科書、代数の教科書共に図書館で見かけた記憶はあります。

しかし本気で数学科を目指されるので有れば、少々値は張ってしまいますが購入されることをオススメします。M島先生なんかは教科書からの出題といってもいいくらいなので(それでも簡単じゃない)、おそらく手元に無いと不便です。たしか学期の初めであれば生協にあった気がします。
それにM島先生の教科書は合格後B組に配属されるので有れば、2年生の前期でも使います。

2部から1部への転部の場合は成績のほぼすべてがAで有ることが必須と聞いた気がするのですが、1部から1部の場合はよくわかりません。ただしいい成績を取るに越したことはないでしょう。あと時間が有れば潜ってみるのも手ですね。M島先生は出席とりません。O沢先生は出席カードなので出さなければ良いだけです。代数系二人は不明。幾何系はA部先生は出席とりません。B組の方は不明です。

入学してみて実際に純粋数学のほうが肌に合うと感じられるので有れば、数学科に転科されたほうがよいかもしれないですね。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教科書が売っているのなら、是非購入したいです。
どのように購入すればいいのでしょうか?
質問ばかりですいません。

お礼日時:2005/03/14 17:20

#2です。


確かに独学はキツイ可能性がありますね。理科大というのは一般教養科目以外でお隣の学科とほとんど共通授業が無いのが特徴です。数理情報科(以下SJ科 実際理科大内で広く使われている略称)と数学科(以下S科 これも同じく)ではやる内容が結構違うではやる内容は「数学」であっても1年生から違います。S科は完全に「純粋数学」と呼ばれる分野で、少ない前提から論理を積み上げてって行くことを目的とします。一方でSJ科はその成果を利用して何かすることを目的としています。

やはり独学でやっかいであり、かつ(解析では特に)試験で出るのはS科でやってSJ科でやらない部分です。解析の場合だとM島先生の教科書を全部やってるといくらあっても時間が足りないので、過去問を参照しながら何を修得しなくては行けないのか読みとりながらやっていくしかないです。

ただ、S科の人間を見ててもホントに「純粋数学」が好きな人ってそれほど居ない印象があります。やはり緻密に論理を組み立てて行くことに違和感を感じる人もいるんですね。自分もその一人です。それに違和感を感じて数学を応用できる他学部に移りました。その意味では単に「数学」が好きなだけであるならSJ科の方が結構楽しめると思いますよ。コンピュータだけじゃなくて暗号理論とかオペレーションズリサーチとかいろいろ出きます。逆に「純粋数学」が好きで有ればなんとしてもS科に移ることを勧めます。おそらく好きで有れば苦労はしてもM島先生の教科書も楽しんで読めると思います。そういう視点から転科を再考してみるのも手ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々助言を下さって、本当にありがたいです。
自分には多分純粋数学の方が合っているような気がします。
ところで、肝心の教科書はどうすれば読めるんでしょうか?
図書館にはありますか?

お礼日時:2005/03/14 01:43

こんばんは。


ちょっと質問とはずれた回答になるかもです。。
まずは、合格おめでとうございます(*^_^*)
ちょっと本意ではない結果だったのかも知れませんが、入学した学科で卒業まで頑張るのも一つの手とは思います。転学科のための勉強で1年が過ぎてしまい、ましてや留年の多い理科大でしたら転学科試験を目指すあまり肝心の入学した学科での必修科目を落としてしまう可能性もないとは言えません。学科によっては容赦なく1年→2年の進級時に早くも留年を決定するところもあります。入学すると、サークルや部活に入ったり、バイトしたり、いろいろ誘惑も多いです(笑。
さて、肝心の転学科の件ですが、1年→2年の進級時に試験が受けられると明記してあるのであれば、おそらく受けられるのでしょう。私の周りには受験した人はいませんでしたが・・・。4年の卒業論文まで終え、後は卒業を控えるだけの友人が転学科試験に挑戦しました。結果は不合格。同じ学科から2名受験し、1名のみ合格でした。そして、友人は卒論を提出しているにもかかわらず、卒業することができなくなり、もう1年在籍することになり、結局みんなより1年遅れで卒業していきました。ちなみに合格した人は3年次への編入でした。
また、2年生になったときに諏訪の短大(当時は短大でした)を卒業した2名が2年次へ編入してきましたが、彼らは一般教養科目は終えていますが、新学科の専門科目については知識がないため、1年次の専門科目も併せて履修していましたよ~。その代わり2年次の英語等は受ける必要がなかったので、それほど大変そうではありませんでした。
質問者様のパターンの転学科でしたら、1年次は互いに似たような科目も多いかと思いますので、1年次の単位はそのまま数え、2年次に編入し、転学科先の足りない1年次の科目を2年次に同時進行で履修していくような感じになると思います。
いずれにせよ、そのまま卒業を目指すよりは忙しく大変な思いをするかも知れないですが、理科大では少しくらい緊張感を保っていくほうがいいかも知れません。後悔のないようにがんばってください(^O^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
よく考えてみようと思います。

お礼日時:2005/03/12 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理系における第2外国語の選択

タイトルの通り、第2外国語の選択について悩んでいます。
私は四月から国公立大学に進学します。工学部です。
工学ということなのでもちろん第2外国語の選択など考えた事も無く。入学手引きを見、始めて知りました。そこでお聞きしたいのですが、理系の勉強をしていく上であまり障害にならない(単位がとりやすい)のは次の3つの内どれでしょうか?
フランス語、ドイツ語、中国語。
あくまで一般論で結構です。ちなみに私は英語が得意です。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

理系の研究者ですが、第二外国語はロシア語でした(笑)。(^_^;)

「理系だとドイツ語」と仰る方が多いように、私の同期もほとんどがドイツ語でしたね~。
ですが、履修人口が多いだけあって、単位は取りづらかったです。
ロシア語なんて学科で数人しかいないものだから、履修した瞬間に単位取得が決まってました(笑)。(^_^;)
フランス語、ドイツ語、中国語の3つの中でしたら…ドイツ語が最も難しく、フランス語がその次、そして中国語が最も単位取得は容易だったと思います。私の学校では…。

第二外国語なんて趣味に走って履修しても、何の問題もないです。
少なくとも、大学の講義でちょこっとかじる程度では実際に使用する際にあまり役に立ちません。
本当にそういった論文等を読まなければならない時は、自力でもう一度最初からやり直しです。
ですから、自分が興味を持てる科目を選ぶと良いと思いますよ~。
その方が真面目に勉強しますし、ね。

結局、私は就職後にドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語の文献をすべて読むハメになり、地獄を見ました~。(;_;)
特別ドイツ語の文献が多かったわけではありません。

理系の研究者ですが、第二外国語はロシア語でした(笑)。(^_^;)

「理系だとドイツ語」と仰る方が多いように、私の同期もほとんどがドイツ語でしたね~。
ですが、履修人口が多いだけあって、単位は取りづらかったです。
ロシア語なんて学科で数人しかいないものだから、履修した瞬間に単位取得が決まってました(笑)。(^_^;)
フランス語、ドイツ語、中国語の3つの中でしたら…ドイツ語が最も難しく、フランス語がその次、そして中国語が最も単位取得は容易だったと思います。私の学校では…。

第二外国...続きを読む

Q理学部物理学科の就職先

理学部物理学科に行きたいと思うのですが、将来どんな仕事に就けますか?またどの大学の理学部がオススメですか?教えてください。

Aベストアンサー

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年です。君が遭遇した物理研究問題が解決されるには、どんな天才でも、500年はかかると知っていたならば、自分の人生を投げうってまで、研究を続ける人はほとんどいないでしょう。いたとしても、それは単なる気違いです。

近年、東大の小柴さんがノーベル物理学賞を受賞しました。君は小柴さんのようになりたいのか?
大きな天体観測装置で、遥か宇宙のかなたからやって来たニュートリノと呼ばれる素粒子を観測したのである。次にまたニュートリノを観測するのに、何百年かかるか分からない。小柴さんは、言いました。「ちゃんと準備をしておけば、チャンスはやってくるものだ。」この言葉は、研究者をとても勇気づけたと思います。

だけれども、私はそうは思わない。科学は、帰納法といって、何度も繰り返して確かめられるものでなければ、ならないのだから。小柴さんの観測は、確かに正しかったかもしれないけれども、それを科学と呼ぶには、早すぎた。何千年も早すぎた。

それを、はや合点して、ノーベル賞を出すほうが、奇跡的だとは思わないかい?もっとも、ノーベル賞は生きてる人間にしか与えられないことになっているらしい。

そうそう、相対性理論の産みの親のアインシュタインは、ノーベル賞をいくつかもらっているけど、相対性理論では、とうとうノーベル賞はもらえなかったんだよ。

。。。というわけで、物理学で新しい発見を目指すのであれば、将来どんな仕事に就けるかどうかなんて、ちっちゃな問題です。というか、関係のないことでしょう。でも。。。確かに、食べて行かないと、研究できません。そういう意味では、それは大切だ。それには、自分の研究の妨げにならない仕事を選ぶことだ。

。。。とにかく、何か自力で(そして人に頼らないで)研究できる能力をつけることだ!発見のできる自分作りをする。。。

。。。だけれども、上の意見は、君が天才研究者だったら・・・・の話だ。。。だから、ちょっと裏腹ではあるが、自分の良い理解者に早く巡り会うことも非常に大切だ。自分よがりの研究者は、無駄な人生を送ってしまうからだ。

ん~。。。大体にして、そういうことをここに「質問」して、「はいそうですね。理解できました。そうします」っていう考えになれると思う?

アインシュタインだって、死ぬまで悩んだと思うよ。

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年...続きを読む

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング