色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

[シュレディンガーの猫]という思考実験がありますよね。
あれについて、気になることがあり皆さんの意見を聞いてみたいです。


「観測」という言葉をしっかりと理解できていないからこのような疑問を思うのかも知れませんが、仮に「観測」を対象を見て認識する事だとすると、観測者の観たという自覚と観た結果の認識の記憶を改ざんした場合、結果はかわるのでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (6件)

「シュレディンガーの猫の思考実験」は観測問題です。


シュレディンガーは量子論には根本的な問題があるとして、その問題を指摘するために「シュレディンガーの猫の思考実験」を提唱したのです。
具体的には箱の中にいる猫は生きているか死んでいるかのどちらか一方であるにも関わらず、箱を開けて猫の状態を確認しない限り量子論では猫の状態を正確に予測できないことから、シュレディンガーは量子論は理論上問題があるとししそれを猫の思考実験で指摘したのです。
シュレディンガーが指摘した問題の解として提唱されたのが「コペンハーゲン解釈」です
「コペンハーゲン解釈」によれば、箱の中の猫は「生きている状態」と「死んでいる状態」とが重ね合わさっており、箱を開けた瞬間にどちらか一方の状態に決まると同時にもう一方はそれに収束すると言う事です。
コペンハーゲン解釈によれば観測しない限り観測その状態を正確に知ることが出来ない事から、観測する前の状態を正確にに知ることが出来ないとの問題が指摘されました。これが観測問題です
    • good
    • 1

シュレーディンガーの猫の思考実験は「観測問題」ではないよ。



観測者の関与がなくても、確率的にしか記述できない物理状態があるということを気づかせるための思考実験だと思うけれど、思考実験の設計が良くないから多くの混乱を生んだ。悪い例だと思う。
    • good
    • 1

物理学における観測とは、その瞬間での状態を確認することであり、量子物理学においてはその瞬間の状態が決まることです。

加えてマクロサイズはゆらぎの影響をほぼ受けない事から、箱を開けて時点で猫の状態が確定します。変わりません。
質問者さんは自然科学と認知科学とを混同されていようですね。
    • good
    • 0

あくまでも思考実験だから



箱の中に猫を入れちゃ駄目だよ

( ^∀^)(笑)

箱の中に猫を入れたら
鳴いたりするから
泣かなくなつまたら((((;゜Д゜)))嫌な実験ですもんね

でも泣かないで寝てる場合もあるから
ちゃんと確認しないことには
希望的な観測てのが危険であることは代わりないですね

猫が1週間泣かなくなったら
希望的な観測で生きてるとかって
考えても無駄だから

猫を箱の中に入れるにしても
泣いているうちに取り出してあげてね

死んだ猫を生きてるとか言い出したら
改竄うんぬんより

たんなる動物虐待ですもんね
    • good
    • 1

Registanさんへ


シュレディンガーの猫の思考実験に「遅延選択(未来が過去に影響を与えた)」は関係ありません
シュレディンガーの猫の思考実験でシュレディンガーが問うたのは
箱の中の猫の状態が決まっているのにその状態を確率でしか予測できないの?それは矛盾している。
と言う事ですよ
    • good
    • 1

かわりますが、かわってしまったら、もはや「改ざん」ではなくなりますね。



シュレディンガーの猫の解決策は簡単で、時間は「流れて」などいないと認識すれば、どっていうことはありません。過去も現在も未来も一体として決まるのであれば、「未来が過去に影響を与えた」ような現象も不思議ではなくなります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング