教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

今日はレコードの日だそうです。

レコードの良さを教えてください。



https://youtu.be/z3q8QCPaQ48

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。ご回答くだださった皆様の中からベストアンサー選ばなくてはなりません。しばらくお待ち下さいますようお願い致します。

      補足日時:2021/11/08 01:31
教えて!goo グレード

A 回答 (11件中1~10件)

レコード盤(アナログ音声)の特徴は、


音量対周波数特性が、広域に於いてなだらかに低下していく、
と言う事になります。

他方、ディジタル音源は、符号化方式により帯域が異なり、
その帯域でスパッと音が無くなり、符号化雑音があったり、
します。

普通の人にはこの違いは判りませんが、
マニアにとっては、従来のAM放送とFM放送の違いと同じ、
何だそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あなたに会えてよかった

どうもありがとうございます。

お礼日時:2021/11/03 20:12

レコードというのは、今では楽器に近いものです。


自らの音がスピーカーから出て、その音で筐体やアームがゆらされ、それがヘッド(針)の音に影響し、その影響した音がスピーカーから出るのです。自らの音のフィードバックがあるんですね。

なので言ってみれば、原音に近い再生なんて原理的に無理wというオーディオマニアが聞いたら発狂しそうな事実が、根底にある再生機なのです。
しかしターンテーブルやらアームやらで共振周波数も変わり音のフィードバックも変わり、とオーディオ的には大変面白みのあるものになっています。
そういうところが、私には楽器に近いものと感じるところです。

実際に聞いてみると音はCDのものとは全く違い、特に音の1つ1つが非常に”なめらか”に感じます。CD(DAC)の再生が、いかにイイカゲンなものかを知っているから、そのプラシーボ効果なのかもしれませんがw
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

お詳しく教えて頂きました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2021/11/08 01:25

CDの音とは違って和かい音かな。


アンプによっても音が変わる。
音楽を聴いてると言う雰囲気が良い。
25分くらいで中断するるので最近のデジタル音源には無い良さがある。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

どうもありがとうございます。

お礼日時:2021/11/08 01:25

私は、物臭なので、レコードの良さは感じません。


・ノイズが多い、ヒスノイズと言われてます。
・盤面に埃がすぐ着く。
・プレーヤーにセットしてカートリッジを下ろさなければならない。
・大きいので保管場所が大きくなる。
・反ったり曲がったり、管理が難しい。
兎に角、CDに比して、取り扱いが面倒なのです。
唯一つ、良い点は、あ~昭和は、貧しかったけれど良かったなと
思いだす事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2021/11/04 01:13

・レコードを掛ける手順が楽しい。

わくわくする。

・「アルバムジャケット」が美しい。それ自体が部屋のインテリアになるくらい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

どうもありがとうございます。

お礼日時:2021/11/03 20:13

昔、NHK前橋放送局で、FMリクエストアワーの、レコード回しをしていました。

テクニクスのDDターンテーブル、カートリッジは、デンオンDL103、モニタースピーカーは、ダイヤトーン2S-305でした。
レコードは、カートリッジで、好みの音色に、変えられるのが、面白いところ。トーンコントロール、グライコでは、出来ません。
ちなみに、アナログFMチューナーでも、音色が、大きく変わります。ソニーは、いまいち。ヤマハとビクターは◎
なのでヤマハCT1000が、現役です。
「今日はレコードの日だそうです。 レコード」の回答画像7
    • good
    • 1
この回答へのお礼

天才やな

どうもありがとうございます。

お礼日時:2021/11/03 20:13

「レコードの良さ」というのは、すなわち趣味性の高さに尽きると思います。



そもそも、音源から「直接に」信号を拾っている場面が目撃出来るメディアなんて、レコード以外にありませんから。

インテリアにもなりそうなジャケットの豪華さ。A面からB面にひっくり返す際の、何とも言えない風情。一度プレイすると、CDやダウンロード音源みたいに途中でスキップすることは手間がいるので、それだけ音楽に向き合える。

またオーディオファンにとっては、手を加える余地が途轍もなく大きいことも魅力です。カートリッジ交換による音の変化はもちろん、シェルの材質やシェルリード線の種類、もちろんセッティングやカートリッジを留めるビスの材質によっても音が変わります。

しかしながら、よく言われる「レコードの方がデジタル音源よりも音が良い」というのは、信じがたいです。確かにトンでもない高音質のレコードも存在しますが、そんなのはほんの一部。「デジタル音源は冷たい」というのも誤解で、システムによって違います。そもそも、メディアの違いによって音の優劣を論うのも、適切では無いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

どうもありがとうございます。

お礼日時:2021/11/03 20:12

レコード盤に針を落とした時に針が溝を滑るノイズを拾い、レコードのイントロに繋がる

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2021/11/03 20:11

    • good
    • 0

レコードの良い曲を聴かせてあげよう。



    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

どうもありがとうございます。

お礼日時:2021/11/03 20:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング