最近、普段行かないようなお店に入ったところ「わんわんパラダイス」
が500円玉を入れて玉が出てくるようになってました。
(これが現金機というヤツでしょうか?素人でスイマセン(^^;)
ふと脇を見ると、大当たりの確率が2百数十分の1ぐらいでした。
これって、ふつうのCR機の315.5分の1より遙かに
当たりやすいって事ですよね?なのにあまり盛況では無く
皆さん「海物語」の方をやってて、満席でした。

当たりやすい分、なにかリスクがあるという事でしょうか?
たとえば、出玉の数が少ないとか・・・。
もし、仮にCR機と500円玉機、両方並んでたとしたら
皆さんはどちらを打ちますか?

よろしく、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

店の設定次第です


私の近所の店の「現金機のわんパラ」は
CR機と同等かそれ以上の爆発をしています
しかし1列10台の約半分と見ています
現金機が少なく客寄せの看板のようになっているから
だと思います。
当たり確率の設定は店が決めますので
「店次第」となります
    • good
    • 0

 たまに、CR機を現金でも打てるようにしてある店がありますので注意も必要ですが、今は大概の台に機種名が(「CR」の部分も含めて)書いてあるのでそこを見れば大丈夫でしょう。



 CR機と現金機の違いについては前の回答者の方々がお答えになってますので省かせていただきます。

 あ、ひょっとして時短という言葉をご存知なかった時のために補足を。時短というのは、(大当たりの確率は変わらないけれど)スタートチャッカーの開きが良くなったり、メイン液晶の回転時間が短くなったりして、短い時間でたくさん抽選を受けられるようになっている機能です。大概は特定絵柄の大当たりで突入し、一定の回転数で終了します。

 実はごくごくまれに、現金機でも「確率変動」と書いてある機種がありますが(海物語の現金機や、私の愛するフィーバークイーンJXなどがそうです)、これは大当たり抽選ではなく、スタートチャッカーを開かせるための小当たり抽選の確率が変わるという意味で、大当たりしやすくなるわけではありません。

 現在新しく出ているCR機は一部を除き(確変が次の大当たりまでではなく、一定回転数で終わる物があります)、ほとんど似たようなスペックになっていますが、現金機は時短回数の多少や有無、出玉の数の多少など、結構バリエーションがあります。最近は少なくなりましたが、大当たり絵柄によっては次回大当たりまで時短継続という台もありまして、これですとスルーチャッカーの通りさえ良ければ玉を減らさずに確実に次を当てられます。(時間はかかりますが)

 打てる時間、投資金額、ご自身の勝負に対するポリシーなどでどちらを「有利」と考えるかは変わってきますので、一概にどっちがいいとは言えないかと思います。

 ちなみに私が好きでよく打つ現金機はSANKYOの「きらきら(マジカル)夢々ちゃん」シリーズです。きらきらとマジカルと2種類出てますが、スペック的には変わりありません。大当たり確率は1/223.5、全ての大当たりで80回転の時短に突入します。店によっては「スーパーナインCX(MX)」という名前で出しているところもあるようです。

 機種についての質問をよく出されてるようですが、1度パチンコの攻略雑誌を買って、熟読してみることをおすすめします。その上でわからないところを質問されると、理解も深くなると思いますよ。読んだことあるのでしたらすいません。
 長々と失礼しました。楽しいパチンコライフを送ってください。
    • good
    • 0

CR機は昔の爆裂連荘のイメージが根強いからでしょう。



現行のCR機の平均連荘率は、データシートを見る限り2回程度です。
当然、複数連荘する台もありますが、連荘しない台も多数あります。

どのタイミングでやめるか、どの台が(機種ではなく)連荘するかを見極める事が大切です。

でも、まあ人が多数打っている人気機種のほうが、出やすくなっているとは思いますが...
    • good
    • 0

その大当たり確率だと「現金機」ですね。



現金機は大当たり確率が高い分「確率変動」がありません。
すなわち『連チャンし難い』って事になります。。
「(デジタルの回転)100回まで時短」とかありますが大当たり確率は変動しません。
(スタートチャッカーは長めに開くようになるので有利にはなります)

乱暴な言い方をすると
「手堅いが見返りの少ない現金機」
「一発確変で大勝負のCR機」(昔ほど爆裂はしませんが。。(^^ゞ)
って感じでしょうかね。

僕は以前「ゴジラ」の現金機で『7』で当たって「よっしゃぁ~~」と思っていたら
時短を全て消化・・・・(T_T) 単なる「単発当たり」にしまってから現金機には
手を出してません。。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCR機の保留玉での大当たりについて、素朴な疑問。

パチンコにおいて、スタートチャッカーに玉が入賞し、センサーが玉を確認した瞬間に、大当たりの抽選は行なわれているということは充分、認識しております。
そこで、ふと素朴な疑問として思ったことがあります。
保留玉の機能があれば、どのパチンコ台でも構わないのですが、例えば、CR海物語シリーズの台において、保留玉の3個目で大当たりしたとします。
その時、偶然、保留玉の1個目でも、大当たりを引いていたとすると、その保留玉1個目の大当たりは、保留玉3個目の大当たり時に、リセットされてしまうのでしょうか?
それとも、文字通り、その大当たりも「保留」されて、最初の保留玉3個目での大当たり消化後、保留玉1個目の時に、抽選結果通り、大当たりするのでしょうか?
通常モードの時に、大当たり乱数を立て続けに2回以上、引くということは、まず無いでしょうが、確変時は、電チューが開く為、玉が一度に連続で入賞します。
ましてや、確変中なので、大当たり確率も上がっていますし、スタートチャッカーに立て続けに玉が入賞した際、そこで複数回の大当たりを引くということは、充分に有り得ると思うのです。
つまり、先に挙げた例で言うと、保留玉3個目での大当たりは「単発絵柄」だったけれど、確変中の連続入賞で保留玉1個目でも大当たりを引いていて、それは「確変絵柄」で、昔で言う「保留玉連チャン」の形で、確変を引き戻すということになるのでしょうか?

かなりマニアックな質問で恐縮ですが、確変中に、ふと疑問に思ったので、お分かりになる方がいましたら、教えて下さい。

パチンコにおいて、スタートチャッカーに玉が入賞し、センサーが玉を確認した瞬間に、大当たりの抽選は行なわれているということは充分、認識しております。
そこで、ふと素朴な疑問として思ったことがあります。
保留玉の機能があれば、どのパチンコ台でも構わないのですが、例えば、CR海物語シリーズの台において、保留玉の3個目で大当たりしたとします。
その時、偶然、保留玉の1個目でも、大当たりを引いていたとすると、その保留玉1個目の大当たりは、保留玉3個目の大当たり時に、リセットされてし...続きを読む

Aベストアンサー

細かいシステムはメーカーごとに違うでしょうけれども
根本的な部分は一緒です。

確変中のみ大当たりになる乱数を二回連続で拾った場合
最初の大当たりが確変であるなら、1回転後再び当たります。
しかし非確変絵柄で当たった場合、その保留玉はただのハズレになります。

拾った乱数自体は変わらなくても
台の現在の状態により、大当たり判定が変わってくるということになります。

非確変絵柄での大当たり後に保留玉で大当たりするのは
通常時対応の大当たり乱数を保留玉で拾っていた場合だけです。

Q現金機 フィーバークイーン ( 保留玉連荘機 )

10年ぐらい前流行っていた現金機フィーバークイーン(保留玉連荘機)ですが、 
 
みなさんは、最高なん連荘したことがあるのでしょうか? 
 
教えて下さい。  
 
私は、最高8連荘です。 その時は、注目のマトになった。
 
フィーバークイーンについてなら、他にも色々情報お願いいたします。 
 

あと、この機種、連荘打法ってあったんですかね?
 

Aベストアンサー

再び登場します。

4連でリミットなんて話があったんですか?初耳です。
リミッタが出てきたのはCR機(初代大工の源さんなど)の連荘が
すご過ぎて射幸心を煽るという、
訳のわからない理屈でMAX5連まで、
ということになったからですよね。

それ以前の連荘機にはリミッタという概念はなかったはずなので、
運がよければ何連でもした可能性があります。

とはいっても、連荘率25%で計算しても5連する確立は1万分の1で、
めったに起こらないくらい低いものですが・・・。

ちなみにgonennさんの8連荘の確率は約65万の1です(計算間違いならすいません)。
宝くじで3億円があたるくらいの確率ですから、相当な強運ですね。
gonennさんが連荘打法を信じるのも無理はないかと・・・。

QCR加山雄三かCR寿司屋の源さんの液晶演出のDVD

「CR加山雄三」か「CR寿司屋の源さん」の液晶演出のDVDが付録についている雑誌(バックナンバーになると思いますが)はありませんか? パチンコ必勝ガイドなど。

単体でDVDソフトとして発売されているものでもいいです。

「加山雄三」でも「源さん」でもご存知の方だけ教えていただいてもいいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両機種ともリーチ演出は三洋のHPで動画が見れます。
http://www.sanyobussan.co.jp/
予告の動画はないようです。

DVDソフトは、単体で両機を紹介したDVDは恐らく存在しないでしょう。
当時の両機の人気(の無さ)を考えると、DVDで取り上げるなら他の人気機種(初代GAROやエヴァ福、慶次愛など。三洋なら初代アグネスやギンパラあたり)をメインで作っていたのではないでしょうか。

QCR機について

パチンコについての質問が3つあるのですが、宜しくお願いします

1 パチンコのCR,CRA,CRFの違いはなんでしょうか?

2 甘デジと普通の機種(2000発くらい出る台)の、外見上の見分け方っ てありますか?
  普通の機種だと思って打ったら500発くらいしか出なかったことも  あるので

3 昔は設定が3段階あったと思いましたが今もあるのでしょうか?
  出るも出ないも釘次第でしょうか?(勿論引きもあるでしょうけど)
  

Aベストアンサー

1.CRは、「CardReader(カードリーダー)」の頭文字です。
 CR機ではパチンコ台に直接現金を投入することができなくて、現金で遊技カード(サイクルコインなども含む)を購入して、それを投入して遊ぶシステムになっています。
 CRAの「A」は、いわゆる甘デジとか、遊パチに付けられます。
 これは、パチンコ台を作っている会社間の団体(日本遊技機工業組合)で決められたものです。一般的なパチンコ台と区別するためですね。
 CRFの「F」は、「Fever(フィーバー)」の略です。
 これは、いわゆる「フィーバー台」を世に送り出したSANKYO(当時は「三共」)のこだわりみたいなものでしょう。
 SANKYOと、系列会社であるビスティなどの機種にだけ付けられています。

2.見分け方ですが、パチンコ台は必ず、機種名と大当り確率が明記されています。だいたい盤面の右上部か、右下部に書かれていますので、チェックしてみてください。

3.パチンコ台の設定ですが、以前は3段階の設定機能がありましたが、1997年の内規の改定で禁止されました。
 したがって、今のパチンコに設定機能はありません。
 出玉調整は、ほとんど釘で行なわれています。

 余談ですが、今のパチンコだと、いわゆるミドルスペックで大当り1回の出玉は1400発くらいです。2000発くらい出ると楽しいですがね……。

1.CRは、「CardReader(カードリーダー)」の頭文字です。
 CR機ではパチンコ台に直接現金を投入することができなくて、現金で遊技カード(サイクルコインなども含む)を購入して、それを投入して遊ぶシステムになっています。
 CRAの「A」は、いわゆる甘デジとか、遊パチに付けられます。
 これは、パチンコ台を作っている会社間の団体(日本遊技機工業組合)で決められたものです。一般的なパチンコ台と区別するためですね。
 CRFの「F」は、「Fever(フィーバー)」の略です。
 これは...続きを読む

QパチンコCR機の大当たりについて

CR機は315分の1の大当たり確率くらいのが多いようですが、 なぜ良く大当たりする台とぜんぜん当たらないのがあるのですか。 数学の確率論からいえばありえない話で、そこには意図的に当たるようにないし当たらないようにしかけがあるわけでしょう。でなかったら、昨日は「爆発台で今日はダメ台」という現象はおきないはず。そこで質問ですが、店側はどんな「調整」をするのでしょうか。「釘しか調整しない」なら、回転数の差がでてくるくらいで、大当たり確率は理論上かわらないはずです。ちなみに私は「海物語3・3R」を打っています。

Aベストアンサー

一般論です。
> なぜ良く大当たりする台とぜんぜん当たらないのがあるのですか
おおかた2つのことが考えられます。

一つは、大当たりが発生しやすい(高確立の)抽選パターンとしにくい(低確立の)抽選パターンを用意して、そのいずれかをさらに抽選で決定している場合です。この場合、高確立か低確立かについて外観上(電飾や出目など)の変化が一切なければ、ゲームをしている人には連チャンやハマりとして意識されます。1/315という確立は高確立と低確立および双方を選択する確立も含めてトータルで発表された値ということです。

一方、純粋に1/315の抽選を行っていても、315回の試行で5回大当たりを引く確立が存在することもあり得るわけで、maizuruさんのおっしゃる
> 数学の確率論からいえばありえない話で・・・
ということはありません。例えば、コインを投げて表が出る確率は1/2です。従って、4回投げて4回とも表だったらちょっと驚きます。しかし、20回コインを投げて4回連続して表が出る確率は約50%もあるわけで、我々の認識している確率と実際の事象の発生頻度は異なります。つまり、ある事象(大当たり)は長い試行回数の中でまんべんなく発生するのではなく、偏って発生することの方が多いのです。これを確率通りでないと錯覚するのは人間の心理上仕方のないことで「クラスターの錯覚」と呼ばれます。

一般論です。
> なぜ良く大当たりする台とぜんぜん当たらないのがあるのですか
おおかた2つのことが考えられます。

一つは、大当たりが発生しやすい(高確立の)抽選パターンとしにくい(低確立の)抽選パターンを用意して、そのいずれかをさらに抽選で決定している場合です。この場合、高確立か低確立かについて外観上(電飾や出目など)の変化が一切なければ、ゲームをしている人には連チャンやハマりとして意識されます。1/315という確立は高確立と低確立および双方を選択する確立も含めてトータルで発表...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報