【OCN】1GBプレゼントCP中!

現在治験中の塩野義ワクチンは、ファイザーやモデルナなどと言った遺伝子ワクチンとはまた別なのでしょうか?同じ遺伝子ワクチンですか?

gooドクター

A 回答 (4件)

ファイザーやモデルナなどのmRNAワクチンは、抗原となる新型コロナウイルスのスパイクタンパク(ウイルス表面にたくさんある特徴的なトゲトゲ部分)の「遺伝子の設計図情報」を注射して、ヒトの体内で「抗原=新型コロナウイルスのスパイクタンパク」を作るワクチンです。



作られる抗原の量には個人差があり、必要以上に抗原が作られると、免疫反応も強く→副反応も強くなるそうです。

塩野義製薬やノババックスなどの遺伝子組み換えタンパクワクチンは、あらかじめ作られた「抗原=スパイクタンパク」をヒトに注射するワクチンです。
蛾のバキュロウイルスを使ってウイルスの一部(スパイクタンパク)を作るので「遺伝子組み換えタンパクワクチン」という名前ですが、考え方としては不活化ワクチンの一種のようなものだそうです。
塩野義製薬もノババックスも、バキュロウイルスという蛾に感染するウイルスの中で「抗原=スパイクタンパク」を作り、「出来上がった抗原=スパイクタンパク」をヒトに注射するワクチンです。

あらかじめ作られた一定量の抗原を注射するので、副反応も想定内におさまりやすく、身体への負担も小さいと予想されるそうです。
    • good
    • 0
「現在治験中の塩野義ワクチンは、ファイザー」の回答画像3
    • good
    • 0

塩野義製の新型コロナワクチンは遺伝子組換えタンパクワクチンです。


遺伝子組換えタンパクワクチンは、ウイルスの遺伝子情報から目的とする抗原タンパクを精製した後、ワクチンの効果を高める物質を添加して投与されます。ファイザーやモデルナ製のmRNAワクチン等と比べて、抗原発現や精製に一定の期間を要する一方、現在のインフルエンザ予防ワクチンをはじめとしてその効果と安全性で承認・実用化されている確立された技術を応用したものです。

副反応はまだ発表されていませんが、mRNAタイプよりマイルドであると考えられます。理屈の上ではブースター接種にも使えるはずです。
    • good
    • 0

>遺伝子ワクチンとはまた別なのでしょうか?


>同じ遺伝子ワクチンですか?

 塩野義製薬が進めているのは、
ウイルスの遺伝子情報からワクチンの
もととなる物質(抗原タンパク質)を作る
組み換えタンパクワクチン。
 海外ではインフルエンザワクチンなどで
既に実用化されている手法
「現在治験中の塩野義ワクチンは、ファイザー」の回答画像1
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング