C・Dフリードリヒとルンゲは分かります 
他にどのような画家がいるか分かりません 
教えて下さい

A 回答 (1件)

すべてドイツ人かどうか自信ありませんが、



アドルフ・ゼンフ
ヨハン・クリスチャン・クラウゼン・ダール
グスタフ・アドルフ・ヘニヒ
モーリツ・フォン・シュビント
テオドーレ・レオポルト・ヴェラー
カール・グスタフ・カールス

下のURL参考になりますか?ドイツ人ばかりではありませんが。

参考URL:http://comet.endless.ne.jp/users/kokami/kaiga_no …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨーゼフ・グラッシという画家について知っている方おしえてください。

ヨーゼフ・グラッシという画家について知っている方おしえてください。
ある画家を調べていたら、ヨーゼフグラッシという画家を師事していた。と載っていたのですが、ヨーゼフグラッシについて調べても日本の文献にはほとんど載っていませんでした。どなたか、この画家について知っている方がいましたらおしえてください。おねがいします。なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。絵画に詳しい方ぜひ教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

ヨーゼフ・グラッシ(1758~1838)
(ジュゼッペ・グラッシ、ヨーゼフ・マリア・グラッシ、とも)
オーストリアの画家。ウィーン生まれ。
ウィーン芸術アカデミー会員。
オーストリアの貴族階級の肖像画を多く描いている。

>なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。

これがその絵です。
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Prince_Joseph_Poniatowski_by_J%C3%B3zef_Grassi.PNG

どちらかと言えば、

エレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Elena_Pavlovna_of_Russia.jpg

とか

ルイーゼ・フォン・プロイセン
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Luise_Joseph_Grassi_1802_min.jpg

の方が有名な気がします。

この程度はご存知なのかも知れませんが、これ以上ご存知であれば、日本では「グラッシ博士」と呼べるのではないかとw

ヨーゼフ・グラッシ(1758~1838)
(ジュゼッペ・グラッシ、ヨーゼフ・マリア・グラッシ、とも)
オーストリアの画家。ウィーン生まれ。
ウィーン芸術アカデミー会員。
オーストリアの貴族階級の肖像画を多く描いている。

>なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。

これがその絵です。
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Prince_Joseph_Poniatowski_by_J%C3%B3zef_Grassi.PNG

どちらかと言えば、

エレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)
http://commons.wik...続きを読む

Q洋画家・五生田義松について

明治時代、フランスで勉強した洋画家、五生田義松(ごせだよしまつ)についてご存じの方がいらっしゃいましたら、どんな小さな事でも結構ですから教えて下さい。

Aベストアンサー

静岡県立美術館に五姓田 義松 さんの紹介がありました.
質問のかたと漢字が違いますけど、この方ですよね?

参考URL:http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/collection/item/O_53_660_J.html

Q「パウル・クレー」という画家について教えてください

クレーの作品や生涯について詳しく教えてください。
また時代背景なども希望します。

Aベストアンサー

彼が教鞭をとったバウハウスについても知っておいたほうがいいですね。下記を参照ください。
クレーはとても好きです。彼は、ヴァイオリンの名手でもあったんですよ。
彼の日記が出版されていて、あの向田邦子も愛読していました。興味がありましたら、ぜひこの「クレーの日記」(新潮社)を読んでみてください。

参考URL:http://www.dnp.co.jp/museum/nmp/artscape/artwords/a_j/bauhaus.html

Q画家・青木繁のお弟子さんは誰?

青木繁が郷里で教鞭を取った際に、受け持つた生徒の一人も画家になったというのを聞いたのですが、その作家が誰だか知りたいです。。

Aベストアンサー

多々羅義雄、でしょうかね?
青木繁が晩年に郷里に帰っているようですが、短い晩年の間に教鞭を取っていることが確認できていないのでなんとも言えませんが、一応多々羅義雄のプロフィールに「青木繁に師事」とありますので・・・。でも「師事」と「教鞭を取っ」て教えるのとではちょっとニュアンスが違いますよね。まるで自信がありません、ごめんなさい。

参考URL:http://www.inoha.co.jp/ca1/ca19/1915.htm,http://www.matsuronet.ne.jp/yoyokaku/aokisigeru.htm

QCメジャー・キーのAメジャー・コード(VI)の解釈

 メジャー・キーのノン・ダイアトニック・コードにはいろいろあると思います。
ドッペル・ドミナント、
同主短調(自然的短音階)からの借用(準固有和音)、
平行短調(和声的短音階)からの借用(副5度、セカンダリー・ドミナント)といったものから、
dim7のように経過的な偶成和音としてもあります。

 Cメジャー・キーのAメジャー・コード(VI)は、
使用頻度も高く、
使用方法からしても経過的な偶成和音とも思えませんが、
解釈ができずに悩んでいます。
どのように解釈したらよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

回答いたします。

よく研究されていると思います。仰っておられるものでほぼ説明がつきます。

従いまして、このAというコードをどのように解釈するかは前後のコードプログレッションに依存するということになります。

逆に、Aというコードは…という視点ではなく、コードの機能で考えてみると一般化できる事項が広がるかと思います。
(例えば、平行短調からのピカルディー3度終止なのでAを使っているなど…)

ご参考になればと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報