最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

これは流行ると思いますか

A 回答 (7件)

戦略見てると水素運搬船が重要のようです。



水素は電力の塊。
副産物で出来ると言っても主産物の需要がなければ意味がないので、結局それは変わりそうにありません。

輸入が最大の柱と言うことのようですが、どこぞの国にODAで太陽発電やらで作ったり、なんか金回りが活発化してる洋上発電で作るにしろ効率が悪すぎます。

夢のようなお話で、国の周りに水がいっぱいあるから水素とか、てっぺんににお花畑しかないような所でしか通用しないような気がします。
ハイドレートやらレアアースがいっぱい見つかっているから、日本はサイコーなんで取れるっしょ!とか、結局なにもしない自画自賛ニートの妄言みたいなのと同じ匂いの発言はよく出ますけど、現状見ればよく解るはず。

EVの充電効率なんかの比ではありません。
圧縮も未知の謎エネルギーではなく電力使います。
こんなのは当然事前にわかってますので、やってみましたがやっぱり失敗しましたって詐欺臭い利権かなぁ。

移動式の水素発生器でも置いても、結構な補助金がでます。
検索で経産省の公式がすぐ出るので、一度見ておいてください。
スタンド潰す前に起死回生とばかりに置いておくだけでも、もらえそうです。
土地が余っているスタンドの隅っこに置くだけでもお金になります。
需要なんてありませんから、潰して、他に移してって回すと儲かるかもしれません。

その点で言えば、もう流行ってます。
利権があるのでそれなりに続くとは思いますが、主流になりそうではないです。

国策としては、最初から水素は一部の内燃機関用っていってましたー!燃料電池が主流なんていってませーん!ってオチがつきそうなので楽しみに見てます。
それか、水素が国家戦略とはいってませーん!
どっちか楽しみ。
どっちも、オチがつかなければ一番うれしいのですけどね。
利権で食い散らかしてるからなぁ
    • good
    • 0

水素は素性は非常に良いのですが、一番の問題点は金属を脆くしてしまうところなんですよね。

そして解決の糸口が見えない。しかし水素がH2で水がH2O、これだけの違いしかないのに、そんなに難しいものなのかと疑問におもってしまう。そうだいっそのことH2Oの状態で持ち運んで電気分解でH2を取り出して水素を使えばいいんだ、なんて天才w という笑い話みたいな話が実際にあったりしました、昔の米国で、まぁ詐欺だったんですけどね。でも実際に騙されてお金を出資したやつが居たからなぁ。
    • good
    • 0

水素は石油を原料に、


水素は火力発電エネルギーを利用して
作られます。
日本人がそれに気付くかどうか次第です。
    • good
    • 0

水素エンジンが完成すればEVより乗りたいね。


太陽光で水素が安く製造出来ればの話ですが。
    • good
    • 0

流行ると思いますよ。


実際CO2を減らせるかどうかなんて二の次になると思います。
    • good
    • 0

まあ国がそう言う方向にちゃんと動き出したら、流行るかもだなあ。

だけどEVは、電気で走っていてその使っている電力の多くは、火力発電だし、製造時にも二酸化炭素排出されているから、あんまり温暖化対策には繋がらないんだよなあ。水素も製造方法が石油とかの場合もあるから、温暖化対策にはならないと言うことだけ言える。
    • good
    • 1

流行るとか流行らないといった話では無い。


温暖化対策で、炭素を含まないエネルギー源と言うことで、ヨーロッパはEVを強力に推進しているが、EVは問題が多々ある。一番の問題は価格だ。
最も安いものでも乗用車では400万円ほどもする。これでは軽自動車を買うような人には無理だ。
ガソリンエンジンは、二酸化炭素を出すからだめだと言うが、それならエンジンを水素で動かすのなら問題ないはずだ、と主張しているのだ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング