プロが教えるわが家の防犯対策術!

川嶋教授の遺産は、小室家に流れますか?

質問者からの補足コメント

  • 眞子様が結婚して小室姓(男の家の人間)に変わった事で、川嶋家から小室家へ遺産は流れるのでしょうか?

      補足日時:2021/11/06 11:47
  • 紀子様は遺産放棄すると思いますし、家制度の皇族が川嶋家の跡取りから、父親の遺産を要求するような事はさせないと思います。
    が、問題は個人主義の小室家です。
    皇族は民法上の遺産相続はできない事から、紀子さんの子であり、金がない小室家に嫁いだ民間の孫に権利が移動したとしたら、相続を放棄はするでしょうか?

    相続が均等相続となり男女平等に権利を与えられていることから、遺産を要求すれば、無関係な第三者である男の家に遺産が渡ります。嫁に出た女性が要求すればですが。

      補足日時:2021/11/06 11:54
  • 家督相続の戦前では考えられなかったことが、起こるのではないでしょうか。民法が個人の尊重になっているため、嫁に出て行った女性にも権利が付与されています。

      補足日時:2021/11/06 11:57
  • 個人の結婚の恐ろしさですね。

      補足日時:2021/11/06 11:58
教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

質問者さんは法律を知らな過ぎ。

質問者さんはまずは法律を勉強すべきですね
    • good
    • 0

日本国憲法天皇の章・皇室典範・皇室経済法・皇室経済法施行法いずれの法律においても相続に関する定めが無いことから、相続に関しては皇族においても原則民法が適用されます。


よって川嶋教授の遺産の相続人は奥様と一人娘の秋篠宮紀子妃殿下となります。
当然ですが小室圭氏は相続人ではありません
    • good
    • 0

> 皇族は民法上の遺産相続はできない



それはウソでしょう。できます。
松平恒雄(あの有名な松平容保の六男で外交官)の長女、節子さんは秩父宮と結婚し、勢津子と改名しました。容保(かたもり)は朝敵だから華族になってませんが、節子さんは一般人から皇族になったわけです。
そして恒雄さんが亡くなった後、皇族の勢津子さんに相続の権利があることが、法務省民事局により確認されました。

「松平恒雄死亡により相続開始した場合において、その長女秩父宮勢津子妃殿下に相続権がある。この場合の相続を証する書面としては、妃殿下の婚姻前の戸籍謄本を添付すれば足りる。(昭29、6、1、民事甲第1、125号民事局長電報回答・先例集下2201頁、登研80号)」

というのが専門家のサイトに載っていました。リンクを貼っていいかどうか分からないのでURLは記しませんが、すぐ検索できると思います。
これは相続登記の先例となっており、先例とは裁判の判例のようなもので、それ以降の同種の事の基準となります。つまり、紀子さんにも川嶋家の相続権があります。
要するに、このご質問は先例に反して妄想に基いているのです……。
    • good
    • 0

祖父母の遺産は父母に行きます。


父母の遺産は子に行きます。
なのでいずれは孫にもいくばくかの遺産が入るのは間違いがないですね。
    • good
    • 0

遺産相続は配偶者と子供に相続されます。


よって小室家には流ません。
    • good
    • 0

会ったこともないだろうし、まず間違いなく死ぬまで合うこともないだろ人間の相続問題にダラダラと長文連ねて意見している人間の神経が理解できません。

あなたが心配しなくてもいいことなんですよ。
    • good
    • 3

眞子さんも相続対象だったら、受け取る権利はあるでしょうね。


それがどうかしましたか?
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング