マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

こんにちは。いつもお世話になっています。
現在高校で茶道部に所属しています。裏千家です。

来週に学生茶会があって、私達のグループは平花月を発表します。お茶をよくしっている方には基本ですので簡単かもしれませんが、私達にとってはどうも難しくて、最近やっと30分ないに終わることができるようになったところです。

が!

発表まで残すところ全員で練習できるのはあと1回というところで昨日先生から電話があって「総繰り上げをするのを忘れていた」というのです。

…ソウクリアゲ?
ナニソレ。

先生が仰るには「初花のときに、最初の正客が下座にいって、最初に下座にいった人が正客になる」…らしいのですが、やはり電話であるのと私の茶道の心得が拙いためにどーうもわかりません。

初花のひとがなにをしたタイミングでその「総繰り上げ」をすればいいのでしょうか?そして一体どんな動作をすればいいのか…文字で説明するのはとても難しいと思いますので、できるだけでかまいません。少しでも教えていただけると幸いです。

本来は先生から直接習うことなのでしょうが、時間もなくこの掲示板を使わせていただきました。少し慌てています。先生曰く「とても大切な動作」だそうですし…(正直、なら忘れないでよ…!って思ってしまいました…)よろしくご指導お願いします。

A 回答 (3件)

言葉が足りなくて、誤解を招いてしまったようでした。

申し訳ありません。

tomo-shibiさんのおっしゃる通り「初花のときだけ総繰り上げをする」、は正解です。付け足すならば「正客が」「初花のときだけ総繰り上げをする」です。

-初花が正客でなければ、全員で繰り上げはしないのですね…?
「全員」ではしません。例えば、次客が初花になった場合は、例の「建水を持って立ち上がるタイミング」で三客、四客、亭主(水屋花)が座の繰上げをします。
このとき、正客は座ったままで動きませんよね。

要は「総繰上げ」とは特別な動作ではなく、初花になった人の場所を埋めるために一斉に一つ上座に上がる、あの動作なんです。(あいまいですみませんが)
どうもtomo-shibiさんは、既に理解されているような印象を受けるのですが…。いかがでしょうか?

今回もうまく説明できたか自信がありませんが、私の回答はあくまで予備知識として、正しくはお稽古で先生に伺って納得してください。特に花月は体で覚えた方が早いようです。

未熟者のコメントでした。お互いにお稽古頑張りましょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは!こんなにはやくお返事いただけるとは思っていませんでした、ありがとうございます!

す、すっきりしましたぁ…!!すごくすっきりしました!頭の中がぱ~っと輝いた感じです…!誤解だなんて、私の知識が拙いのが悪いのです!ほんまに、ありがとうございました!確かに、その通りですよね、特別な動作ではなく、空いたところを埋める、と思えばいいんですね!

はい、明日のためにしっかり予習ができました。先生にまた改めて伺おうと思います。ほんと、体に染み込ませます…。

私こそまだまだ未熟者です~!嬉しいコメントありがとうございます、がんばります!

お礼日時:2005/03/14 02:31

こんにちは。

私も裏千家茶道のお稽古をしておりますので、参考になればと思いアドバイスさせて頂きます。

-「総繰上げ」は初花の人が何をしたタイミングでするか?
初花は、まず建水のある所まで進みます。一度座り、建水を持って立ち上がる時、次客以下全員が一斉に座の繰上げをすることを「総繰上げ」と言います。

初花が建水を持って立ち上がる時は必ず、座の繰上げをしますよね。それを正客が花に当った為
、全員で行うということなのです。「座の繰上げ」を理解していればお分りになるかと思います。

説明が分りにくいかも知れませんが、お役に立てられたら幸いです。昨日は花月のお稽古でした。私は何とか花月できるようになるまで1年かかりましたよ…。お若い方にお茶を知って頂けるのは大変嬉しいです。お茶会、お稽古頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!回答ありがとうございます!

建水をもって立ち上がるときの動作なんですね…!
すっきりしました!ありがとうございます。

ところで今の今まで私は「初花のときだけ総繰り上げをする」ものだと思っていたのですが、回答をみると「正客が花をひいたときだけ総繰上げをする」みたいですね…!初花が正客でなければ、全員で繰り上げはしないのですね…?もしよければご回答していただけると嬉しいです…何度もすいません!

分かりにくくなんてないです、明日のお稽古には間に合いました!本当にありがとうございました!うををを1年ですか…私たちは3ヶ月ほどしかしてなくって、ほんとにできてないところがたくさんあって、ありすぎて恥ずかしい限りです…でもお茶は楽しいです!ありがとうございました!

お礼日時:2005/03/13 22:18

 わたしは裏千家流ではないので答えるべきでない様な気もしたのですが、元々七事式は表裏同じものであったという認識もありますので、知ってるところを書き込みます。



「初花」は亭主役以外が席について、亭主役が折り据を運び、その第一客が花を引く約束ですよね。
 その花が亭主に成る可く踏み込み畳に入り、袱紗を付けた時に、第一客の空席を詰めるべく以下の客が順に繰り上げ、最初の亭主役が第四客になることではないでしょうか。
 以上が「総繰り上げ」ということだと思いますが、どうでしょうか。
 ところで高校の茶道部で花月が出来るのは凄いレベルですね、感心します。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!いえいえ、表千家の方からアドバイスをいただけるなんてチャンスはなかなかりませんので、とても嬉しいです。ありがとうございます。

「以下の客が順に繰り上げ」るなんて動作したことなかったので、多分それだと思います!なるほど、ありがとうございます。動作のかたちがよくわかりました。

花月するのは凄いレベルなんですか…!?とても驚きました。嬉しいです。でも出来るいうてもまだまだ注意されっぱなしなのでなんとも…。
回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/13 22:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q曲げの水差し(裏千家)

曲げ水差しの扱いについて質問させていただきます。

私の記憶では、曲げ水差しの向きは「綴じ目が手前」だとおもっているのですが、違っていますか?
※蓋の綴じ目は向こう。

ずっと綴じ目を手前にしてやってきたと自分でも思うのですが、最近になって先生が「綴じ目が向こう」と
仰っており、ずっとモヤモヤしております。

仮に先生が間違っていた場合、指摘することは出来ませんが、どうやって間違いに気がついてもらえばいいでしょうか?

自分の記憶違いであればいいと思い、質問させていただきました。

Aベストアンサー

おっしゃる通り綴じ目が正面だと思います。
曲げの継ぎ目が景色となります。
参考URLちょっと分かりにくいですが、水指を見てください。

参考URL:http://www.chuokai-akita.or.jp/magewappa/kushima/list.htm

Q袱紗の洗い方

私は茶道初心者です。

袱紗がお抹茶で汚れてしまった場合、どうやって綺麗にするのでしょうか?
ポンポンと払いのけるだけでは綺麗にならないのですが・・。
袱紗って洗えるものなのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ないのですが、
どなたか教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

袱紗を洗いたい気持ちは良く判ります。
せっかく綺麗な袱紗だったのに綺麗にしたいですよね。
でも袱紗を洗うのは大変難しくて、汚れが落ちても縮んだりよれたり、元の状態になりません。
なんだか汚れたままで「洗ってはいけない」と言われると理不尽の様ですが・・・
昔利休が「侘び茶の道具を選んでくれ」と頼まれた時、サラシを送って「茶巾なども常に新しく、清げに」する事が極意といった話しも聞きます。
「多少型崩れしても洗って綺麗なら良い」と言うより、「見苦しければ新しくする」心意気を大切にして下さい。

Q裏千家茶道の長緒茶入の三つ輪の結び方

裏千家茶道の長緒茶入の三つ輪の結び方が何度やっても
わかりません。一応結べてするっとほどくことはできるのですが、ほどけた際交差して右の紐が左の紐の上にくるのが正しいのですが、左の紐が上にきたり又は交差しなかったりします。細かく結び方の手順をご存知の方教えて下さい。たぶんちょとした細かい箇所が違っていると思うので、できるだけ詳細にお願いします。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

長緒茶入の結び方は三つ輪ではないと思います。
伝物の真の行台子のお茶碗を包む結び方だったと思います。
説明が少しわからないですが下記のページに出ていますよ。

参考URL:http://wa-gallery.com/osiete/184.htm

Q古帛紗のたたみ方

古帛紗を2つ折りにしたいのですが、どの向きでたたむのでしょうか。
つかい帛紗の最初の一折りの場合の「わを右側にもって、向こう側に縦に2つ折り」
のような説明で教えて頂けるとわかりやすいです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

わが右側になるように開いておいて、縦に二つ折りです。
わが右側の状態で開いた時、わの方を手にとって左側側面に重なるよう上からかぶせてたたむ、と言えばわかるでしょうか?

Q薄茶で二服目を点てる手前について質問です。

茶道の薄茶点前では正客から「おしまい下さい」と言われたら道具をしまいますが、それは大抵一服目で言われることがほとんどで、私自身、「もう一服お願いいたします」とは言われたことがありません。

おかわりをお願いされた場合、二服目はどのように点てればいいのでしょうか?
返ってきた茶碗をお湯ですすいだ後は、茶巾で茶碗を拭いたり、また茶筅通しをしたりするのでしょうか?

ちなみに私は裏ですが、違う流派の方も是非教えてください。
茶道初心者でわからないことばかりです、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

薄茶の場合、
正客から「おしまいください。」と言われない限り
立て続けると思います。
お稽古だから、お客様が一人しかいないことが多いので
一人分で終わるということでしょう。

二客目以降は
1 茶碗が返る。
2 茶碗をお湯ですすぐ。
3 茶巾で清める。
4 お茶を掃く。
5 お湯を汲んでお茶を点てる。

でしょうか。
茶筅通しはしません。

もし、二碗以降も点てるのなら
お稽古でも替茶碗で持ってきおいて
お茶を点てることもあります。
主茶碗が戻ってくるころをみはからって
二碗めをたてるのです。

あまりありませんが
四碗以上点てるときは途中で
茶巾の「絞り替え」(茶巾を一度ほどいて水を絞り
整えること)をするときもあります。

今度機会があれば、大寄せの茶会に参加されると
いいかもしれません。その時は亭主の点前をよく
ごらんになってみてください。

Q【至急!】お茶会(お運び)の着物と帯について教えてください。

【至急!】お茶会(お運び)の着物と帯について教えてください。

次の月曜日にお茶会があります。
突然お手伝いできなくなった方がいらっしゃって、ピンチヒッターでお運びをすることになってしまいました。
一般の方も多く来られるお茶会なので、それほど格式ばってはいないと思います。

タイトルの通りなのですが、急なことで着物に困っています。
着て行こうと思っているのは、袷の色無地(薄紫にクリーム色のぼかし)+濃い紫にアザミ柄(染め・八寸)名古屋帯です。
アザミ柄は夏向けだとは存じていますが、他に選択肢がなくて…。
亭主を務められる先生も帯は名古屋をされるそうです。(八寸か九寸かはお聞きしていないですが)

他に持っている着物は、
●オレンジ・濃淡の色無地
●扇柄、地色は濃い青の小紋
●赤い麻の葉柄の紬(単)
●帆布のような生地の八寸名古屋帯
●年配の方が着用されるような落ち着いた感じの袋帯(金糸・銀糸が入っています)
●濃い山吹色の織りの八寸名古屋帯

紬はいけないと思いますので、せめて色が合っている上記の組み合わせにしようと思っているのですが...
正客から見ればおかしい格好だと思われると思いますが、一般の方にお茶を運ぶくらいなら大丈夫でしょうか…?

【至急!】お茶会(お運び)の着物と帯について教えてください。

次の月曜日にお茶会があります。
突然お手伝いできなくなった方がいらっしゃって、ピンチヒッターでお運びをすることになってしまいました。
一般の方も多く来られるお茶会なので、それほど格式ばってはいないと思います。

タイトルの通りなのですが、急なことで着物に困っています。
着て行こうと思っているのは、袷の色無地(薄紫にクリーム色のぼかし)+濃い紫にアザミ柄(染め・八寸)名古屋帯です。
アザミ柄は夏向けだとは存じていますが...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと説明に不明の部分が多いですね。まあぼかしのある色無地は問題はありません。
しかし、染め・八寸名古屋帯、とありますが普通は染め帯というのは九寸です。
織り八寸に染めでアザミを表したもの、という意味でしょうか?
アザミという夏向けの意匠から想像するにその帯は八寸には違いないかと思うのですが。

先生が名古屋帯という事なら袋帯はむしろ避けた方が良さそうですね。
とすると残るのはすべて八寸(織り)名古屋帯ばかりという事でしょうか?
八寸にも格のちがいがありますので文面からは判断が難しいです。

いずれにしても亭主である先生が袋帯を締めないという事はかなりカジュアルなお茶会なのでしょう。
となれば、早い話がどの着物・帯であっても良いように思います。
ただ紬はたしかに避けた方がよろしいでしょう。
山吹色の八寸というのはかなりカジュアルな帯でしょうか?
それとも綴れなどセミフォーマルに適したものでしょうか?
着物と調和する帯であれば山吹色も良いかも知れません。

どうしてもなければ急場ですからお考えの装いでも結構じゃないでしょうか。

Q薄茶点前 拝見なし 教えて下さい

裏千家、炉、薄茶平手前の拝見なしの水差しの蓋を閉めてからの手前を教えて下さい。
そのまま柄杓と蓋置、建水を持って下がりますが、細かな手前が曖昧になってしまいました。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

NO1です。お礼ありがとうございます。
そしてこちらこそ意味を取り違えて失礼しました。
トピさんのお礼に書いてあるとおりで間違いありません。
いろいろなお点前を練習していると結構混ざって忘れますよね。私も普段の練習は拝見ありのばっかりしているからなしをと言われるとえっと…ってなりました。
トピさんは初めてのお点前ですか?
私の経験上お点前は胸を張って自信を持って、間違えても動揺せず進めていたら、堂々としたきれいなお点前となります。
がんばってください。


人気Q&Aランキング