御存知の方はいないかと想いますが・・・・
実在したフランケンシュタイン博士の実験記録等が載っているホームページ等ありましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もしかしましたら、15世紀~16世紀にかけてのスイスの医学者、錬金術師のパラケルススのことでしょうか?かれの作ったホムンクルスの事が少し記載されてますご参考ください。



参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%db%a5%e0%a5%f3 …
    • good
    • 1

フランケンシュタインはメアリ・シュリーの創作なので、実在はしませんが、


近い人はアンドリュー・クロスでしょうか。

参考URL:http://www.voynich.com/crosse/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います^^
確かに名前は違った??かもしれません・・・
拝見させて頂きましたが、少し違うようでした・・・
実際に赤ん坊とかを人体実験していたはずでその時の研究ノートのスケッチとかがありました・・・
でも、本当にありがとう^^

お礼日時:2005/03/13 18:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアバウト・ア・ボーイに出てきたフランケンシュタイン

ヒュー・グラントの映画「アバウト・ア・ボーイ」の終わり近くで、「フランケンシュタイン」をビデオで見ている場面が出てきますが、このフランケンシュタインについて、制作年、出演者などがわかれば教えて下さい。フランケンシュタインがタバコを吸っているシーンが手がかりになるかと思いますが、探してもわかりませんでした。

Aベストアンサー

僕も映画を見ましたが、そのシーンについては思い出せません。
で、『アバウト・ア・ボーイ』でフィーチャーされた作品を調べてみましたが、
フランケンシュタインは二つありました。

Bride of Frankenstein (1935)
Young Frankenstein (1974)

前者はモノクロ、後者はカラーなので、それで絞り込めるかと思います。

参考URL:http://us.imdb.com/Mlinks?0276751

Q三人の東方の博士は実在の人物ですか?

聖書に三人の東方の博士がイエス・キリストの生誕をを祝福したとあります。
この三人の人物について詳しく知らないのですが、
実在の人物なのでしょうか?
どこの国の人で何民族の人でしょうか。
また、どうして三人なのか、どうしてキリストの誕生を知ったのか、どうしてその後のキリストに関わらなかったのか?
とても神秘的です。

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

東方の三博はイエスの誕生時にやってきてこれを拝んだとされる人物ですが、実は聖書『マタイによる福音書』では「占星術の学者たちが東の方から来た」としか書かれていません。人数は明記されていないのです。
後に、西洋では7世紀から三人とされ、次のような名が当てられています。
メルキオール Melchior (黄金-王権の象徴、青年の姿の賢者)
バルタザール Balthasar (乳香-神性の象徴、壮年の姿の賢者)
カスパール Casper(没薬-将来の受難である死の象徴、老人の姿の賢者)。

ということは、星に導かれ祝福にきた人はいたのでしょうが、三博士はあくまで象徴であって実在の人物とは考えにくいのですが。

Q人造人間を英語で言うと・・・?『robot』以外で知っている方

人造人間を英語で言うと、
『a robot』(ロボット)
だそうなのですが、
納得いきません。

私の中では人造人間は人造人間、ロボットはロボットのイメージがあります。

人造人間というと、フランケンシュタインみたいな、
体は肉体でできているイメージがあり、

ロボットというと、アトムみたいな、体は鉄などでできているイメージがあるのです。

だから、フランケンシュタインみたいな人造人間の言い方を知っている方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

あとは、HUMANOID(ヒューマノイド)
ですかね~。

Q鳥山新三郎を御存知ですか?

初投稿です!
カテゴリーここでいいんでしょうか?
幕末の志士?鳥山新三郎を御存知の方はいらっしゃいませんか?
たった今偶然、司馬遼太郎の「世に棲む日々」を久しぶりに再読した所、房州の百姓上がりの学者鳥山新三郎。と記述がありました。
色んな検索ページで検索してみましたがこの人の来歴がわかりません。
少し前に幕末にハマって随分読んだつもりなんですがこの人物に記憶がありません…
しかも、房州って、我が故郷千葉の事ですよね?
戦国、幕末と人材の乏しい?って勝手に思ってた我が千葉にそんな人が!って驚きがあって是非この人物が知りたいです!!!
あ…、房州って千葉でいいんですかね?(今更大前提でスイマセン)
他にも歴史上の千葉の偉人が居たら教えて下さい!
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。
鳥山新三郎の項、 平凡社「日本人名大辞典」による。
No.1の答えのURLには無い情報の記載あり、例えば剣術の達人とか。
また「千葉県百科事典」にも別な記載あり。
「千葉県史」のような本を探されたらどうか。

Qフランケンシュタインにおける心理学説

メアリシェリーのフランケンシュタインで説かれている心理学説について知っていることがあれば教えてください。

Aベストアンサー

 リード「魂(ソウル)から心(マインド)へ―心理学の誕生」青土社、に出ています。この本は19世紀の心理学の誕生の歴史を書いています。

Q何故将軍家ではない者が、将軍家の御留流を習えたのか?

毎度お世話になります。

高杉晋作は長州藩士の子として生まれました。
将軍家とはおそらく所縁(ゆかり)は有りません。
それなのにどのようにして、将軍家の御留流である、新陰流を
習得出来たのでしょうか?

これは新陰流のみならず、小野派一刀流にも言えます。
小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。
ですが、幕末には山南敬助や大石鍬次郎が小野派を習得出来ております。

これは何故でしょうか?ご存知の方何卒ご教授願います。

Aベストアンサー

> 将軍家の御留流である、新陰流を

> 小野派一刀流も将軍家の御留流だったと記憶しております。

「柳生新陰流宗家」「小野派一刀流宗家」のどちらも将軍家に指南
したとは言っていますが、御留流というような主張は一切していま
せん。自らの格式を上げるような主張をしない場合、そのような事
実はないからだと考えてよいと思います。それどころか「将軍の外
多数の門人を有し」といった表現をするし、柳生では江戸で将軍家
に教えていたのは傍流の扱いだし、小野派は津軽の藩主に一子相伝
を持ってかれて断絶しかかってたと認めています。

デマでしょうね。

Qマリー、メアリー、メアリという名前は英語では一つ?

マリー、メアリー、メアリという名前は英語では
皆同じMaryのことでしょうか。
よろしくお願います。

Aベストアンサー

キリスト教の聖母マリア様の名前にもなったMariaの綴りから派生して
出来た名前です。
メアリーとメアリは発音の伸ばし方の好みの問題なので、実質は同じです(Mary)。
マリーと発音する場合は、Mary、Marie、Marrieなどといくつか綴り方が
あります。

特に米国人の場合は先祖の移民元の祖国(地方)の綴りに従ったり、
カトリック教徒なのでマリア様にあやかった綴りにしたいとか、
親の綴りに対するファッション感覚?でrを二つ並べてみたりと
ばらつきがあるので、個人ごとにどう綴るの?どう読むの?と確認
しないと怒られることがあります。

欧州でも、英国はMary、大陸諸国ではMarieもしくはMarrieを使う傾向が
多いのですが(聖母様と同じがよいとMariaにする人もまた多い)、
最近は綴りを好みで決める人が増えてきています。それでも米国に
比べたらまだ聖書の聖人の綴り通りにする人が圧倒的に多いのですが。

Q三国志演技に出てくる諸葛孔明が南蛮行中遭遇した4つの毒泉(唖泉、滅泉、黒泉、柔泉)は実在したの?

こんにちは、お世話になります。

三国志演技を読んでいて、とんでもなくスゴイ毒泉が出てきて気になったのですが、本当に実在したのでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9F%E7%AF%80

唖泉:飲むと、口きけなくなり、10日以内に死ぬ。
滅泉:浴すると、皮膚がただれ、肉が腐る。
黒泉:手足を漬けると、手足をつければ黒くなり激痛が襲い動かなくなる。
柔泉:飲むと、喉をおかされて骨がばらばらになる。

フィクションな気がしてしょうがないです。

教えてください、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 『三国志演技』自体がフィクションです。『三国志演技』は元末明初の時代に羅貫中が書いたとされる時代小説であまりに出来がいいため、作り話であっても史実と混同されています。中国人ですら混同していると言う話を聞いたこともあります。日本に出回っている三国志のほとんどは『三国志演技』です。
 『三国志演技』のもととなっているのは晋の時代に陳寿が書いた『三国志』です。陳寿は元々、蜀の人間で劉禅に降伏を勧めた譙周が彼の先生です。さらに陳寿が書いた『三国志』に南朝宋の裴松之が異説や挿話を列記して史実を補充した注をつけました。『三国志正史』と言われています。「魏志」倭人伝も陳寿が書いた『三国志』の中にあります。

 『演技』と『正史』の内容の違いを大雑把に抜き出すと
・「桃園の誓い」の話が無い。
・『演技』では張飛が督郵を木に縛りつけ鞭打って劉備がそれを止めているが、『正史』では劉備が鞭打っている。
・美女・貂蝉はいない。呂布が董卓の侍女と密通していたとはかいてある。
・「赤壁の戦い」の記述がほとんどない。
・黄忠が夷陵の戦いの二年前に死んでいるので参加していない。
・関興や張苞が活躍している話は無い。
・魏の武将で『正史』では戦が元で死んでいる訳ではないのに『演技』だと戦死や傷が元で死んでいる事にされている人が多い。
・陳寿は孔明を政治家としては評価しているが軍事で臨機応変に長じていなかったと評価している。

 孔明の南征ですが大雑把に調べましたが『正史』のなかには毒泉の話はちょっと見つかりませんでした。『正史』では李恢・馬忠が南征で活躍しています。馬忠が東路軍を率い、孔明と李恢が西路の本軍をひきいたとあります。
 『演技』の記述で孔明の南征の戦術を云々する本があるが、それは全く無意味だと『正史』の解説本に書いてありました

 『三国志演技』自体がフィクションです。『三国志演技』は元末明初の時代に羅貫中が書いたとされる時代小説であまりに出来がいいため、作り話であっても史実と混同されています。中国人ですら混同していると言う話を聞いたこともあります。日本に出回っている三国志のほとんどは『三国志演技』です。
 『三国志演技』のもととなっているのは晋の時代に陳寿が書いた『三国志』です。陳寿は元々、蜀の人間で劉禅に降伏を勧めた譙周が彼の先生です。さらに陳寿が書いた『三国志』に南朝宋の裴松之が異説や挿話を...続きを読む

Q近頃、ドラマを見て泣いた事ありますか?私は、フランケンシュタインの恋で、泣きました。ジジイがです。

近頃、ドラマを見て泣いた事ありますか?私は、フランケンシュタインの恋で、泣きました。ジジイがです。

Aベストアンサー

ドラマですか?!
ドラマだと、去年の 「時をかける少女」以来、泣いていませんね。

Qイエス・キリストは実在した?

ずばり、キリストは実在したのですか?
歴史の年表ではキリスト誕生の年が載っていますが、本当に実在したのでしょうか?

信者の方は実在を信じているかもしれませんが、一般的にはどのように捉えられているのでしょうか?

Aベストアンサー

えーと、歴史上におけるイエスの存在は、「史的イエス Historical Jesus」と呼ばれ、
新約学でも、史学においても、最大の争点の一つとなっています。
私自身は実在したと考えていますが、史学の世界では意見が分かれているようです。
というのも、実在を示す確実な史料が全くないからです。

キリスト教というのが、イエス生存の当時や磔刑直後から、ある程度隆盛していたなら、
当時のイスラエル地方の為政者であるローマ側の、年代記等の史料に残っていても
おかしくないのですが、同時代の記録は何も残されていません。

同時代の史料がないのは、キリスト教も同じです。
キリスト教側からの、イエスに言及している最古の史料は、パウロの書簡で、
これが西暦50年代。新約聖書内の最古の福音書であるマルコ福音書が
50年代~70年代。イエスの磔刑を30年前後と考えると(ピラトの在職期間)、
彼の死後から20年近くたっているのです。
そしていずれも、ガリラヤを知らない人間で、また、イエスの直接会ったことのない
人間の手によるものです。
また、福音書の記述というのは、かなり脚色されておりまして、一見、歴史記述に見えても、
全く信用できないものなのです。

キリスト教外の史料で、イエスに言及しているものは、フラウィウス・ヨセフスの
「ユダヤ古代誌」で、これが西暦95年頃。以下、引用。

>さてこのころ、イエススという賢人――実際に、彼を人と呼びことが許されるならば――
>が現われた。 彼は奇跡を行う者であり、また、喜んで真理を受け入れる人たちの
>教師でもあった。 そして、多くのユダヤ人と少なからざるギリシャ人とを帰依させた。
>彼こそはクリストス(キリスト)だったのである。(後略)

タキトゥスの「年代記」は、ちょっと忘れましたが、確か100年前後。以下、引用。

>その名の由来するクレストゥスは、ティベリウス帝の時、
>ポンティウス=ピラトゥスによって処刑された。

いずれも、イエスの死後から70年程たっており、また、イエス自身を知らずにも
書ける内容でして、イエスの実在の明証とはなりえないのです。

文書記録以外の史料においても、イエスの実在を示す確実な根拠は、残念ながらありません。
現在、イスラエルには、「イエスの通った学校」だとか、「十字架の道行 14留」など、
様々なものが見られますが、これはすべて後世に作られたものです。

「史的イエス」に関しては様々な本が出ていますが、読むなら、まずは荒井献のもの
が良いかと思います。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zm4m-ootk/sinyaku.html

えーと、歴史上におけるイエスの存在は、「史的イエス Historical Jesus」と呼ばれ、
新約学でも、史学においても、最大の争点の一つとなっています。
私自身は実在したと考えていますが、史学の世界では意見が分かれているようです。
というのも、実在を示す確実な史料が全くないからです。

キリスト教というのが、イエス生存の当時や磔刑直後から、ある程度隆盛していたなら、
当時のイスラエル地方の為政者であるローマ側の、年代記等の史料に残っていても
おかしくないのですが、同時代の記録は何も残...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報