スピーカーは重い方が音がいいと聞いたのですが、なぜなのでしょう?
出来たら詳しくお教えください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

昔凝っていた頃に自分でスピーカーを設計して作っていました。



で、「基本的」にはスピーカーは重い方がよいです。(例外もありますが)

スピーカーは空気を振動させる機械で、そのためにスピーカーのコーンを振動させます。
当然コーンを動かすときの反動で、スピーカーの外側(そして本体そのもの)も振動してしまいます。
で、
1)スピーカー本体が重い方がこの振動を抑制できるので、振動エネルギーを確実に空気に伝えられる。
2)スピーカー自体が振動してしまうと、コーンから出た音を打ち消したりするなど、音質が劣化する。

といったことが起きます。主に低音が影響を受けます。しかしこちらの影響より次に述べる影響の方が実際には大きいのです。

スピーカーは同時に背面側にも音が発生します。この音の処理が結構やっかいです。
というのも、こちらの方は音の進行方向が逆になるし、更に逆位相の音になるので、前面に出た音を打ち消したり変質するように働きます。

これを避けるやり方としては、
a)密閉してスピーカー内部で吸収してしまう。
b)中で反射させて前面に出すと共に、音の経路をうまく設計して直接コーンからの音と同位相になるようにする。
の2通りあります。
さて、どちらの方法を採る場合でも、低音を良く出すためには中の空間がある丁度良い大きさを持ち、低音でうまく共鳴するようにしてあげると、スピーカーのコーンの振動を大きくすることが出来ます。
(これを共鳴といいます)

つまり、コーンの背面からは非常に大きい音が出ているわけで、これをうまくコントロールしてあげることで重低音が良く出てくるようになります。
しかしながら、スピーカの箱自体がその音に負けて振動してしまっては何にもならないため、出来るだけ振動しないように重く作るのが効果的なんです。

さて、ここまでは一般的なスピーカーの話ですが、この音のコントロールを極限まで考えてあげると、スピーカーのサイズ、重さが小さく、軽い場合でも良い音を出せるようにすることもできます。
その思想で作られたのがBOSEのスピーカーですね。
なので、BOSEのスピーカーはその出力、音質に比べて非常に小さく、軽いスピーカーになっています。

では。
    • good
    • 1

厳密に言えば「重さ」の問題ではない筈です。


皆さんのお答えの通り
振動板以外のモノが共振してしまうと
振動板が伝えた空気の振動が濁ってしまう。
この時、一番共振しやすいのは
当然、エンクロージャーで
共振を抑える一番簡単な方法が「重量で抑える」ということです。
特に低音(背圧)の問題はNo6の答えが詳しいので
ちょっと違う話を。
あと、No5の答えにもあるように
かつては共振も含めたチューニングが「味」だったりも
したわけで・・・
最初にスピーカーの共振に注目したのは
英国セレッション社のSL6というスピーカーです。
これは録音がモノラルからステレオに移行して
最初にステレオ再生に主眼を置いて開発されたスピーカー。
ステレオ再生の要は空間表現、つまり残響音などの
微細な音なので、共振に濁されやすいのです。
SL6は、コーンに対して最小限のバッフルと
堅牢なエンクロージャーという
確信犯的スピーカーとして成功しましたが
これがぐ~っと進化して
現代のB&W社のノーチラスという渦巻き型のエンクロージャーなんかが
出てきます。
え~、うだうだと書きましたが
必ずしも重さではない、ということで。

この回答への補足

みなさんありがとうございました、一人一人にお返事をしているとどうしても内容がかぶる恐れがあるのでここでまとめてと言うことにさせていただきます。
 諸々の事情によりスピーカーについて調べ発表することになりまとめていたのですが、その参考資料に軽く重いほうが音は良いと言うぐらいしか書いておらず、気になったため質問させていただきました、いざ調べてみて、家にあるコンポの見方が少し変わりました、スピーカーを抱えて、ん~重い方かなあ?とかこの場所に置くとまずいよなあとか、もしかすると性能を無駄にしていたようなきがします、音響って奥が深い、s・ウーファーに付いている120Hzとかのスイッチを見ても??だったのがちょっと解ってくると面白くなってきます、次にオーディオを購入する時はこだわれそうです(笑)。
B&W社のノーチラスという渦巻き型のエンクロージャーとかどんな音がするんでしょうね、ただ単体で売っているアンプとかン十万とか百万とかする・・・・
 P.s 友人宅でみたオンキョー(多分)のエンクロージャーが小さいのに重かったンのにやっと納得できました。

補足日時:2001/09/01 23:38
    • good
    • 0

基本的にスピーカーシステム(スピーカーユニットとそれを収めるエンクロージャーなどを含めた呼び名)ではスピーカーの振動板以外の部分は振動しないほうが望ましいのです。

他の方が述べられているようにスピーカーの振動板以外のものが振動してしまうと、余分な音が混ざってしまい音のにごりやひずみの原因になります。したがってエンクロージャー(スピーカーの入っている箱)はその形状や構造・材料などに工夫を凝らし、できる限りエンクロージャーを作っている板などの振動を抑えるようにしています。

さて重いほうが・・・という話ですが、材料の面から言えば重い材料のほうが一般に振動しにくく、また、内部構造が複雑なもの(補強などが入った)の方が振動しにくいのでそのような説があるのです。ただし、これはあくまでも通説でどのシステムにも当てはまると鋳物ではありません。その他にスピーカーユニットの磁気回路(磁石)の重さもあります。これもあくまで一般論ですが、高級なスピーカーユニットに強力な磁気回路を備えたもの多いのも事実です。

今あるかどうかはわかりませんが、エンクロージャーをコンクリート(確か樹脂とのコンポジット)で構成したフロントロードホーン形式のシステムなんていうのも存在していました。まぁ、価格も重さも一般家庭における代物ではなかったようですが・・・
    • good
    • 0

 私は「古い人間」ですので 「重い方がいい」と思ってしまいますが・・・



 ユニットだけあれば 音を出す事は可能ですが・・・ 私の考え方ですが スピーカーの場合 ユニット以外振動してはいけないと考えてます。 そうするには 必然的に「箱」は重たくなります。 箱が振動していると そこも音を出していると言えるでしょう。我々はユニットの振動を聴いているのですから 他の振動を一緒に聴いて良いはずがありません。 

 ただね コンクリートの箱にユニットを付けて良い音がするとは思えません。 『響き』が重要なのです。 既製品の「良い出来の」スピーカーは まさしくトータルで出来上がっています。(ユニット・ボックス・ネットワークなど) まぁー いくらスピーカーがよくても 『使い方次第』ですから・・・ 

 例えば 英国TANNOYのスピーカーは 見た感じより重量は無く むしろ軽く感じられる重さですが このスピーカーからは「箱鳴り」を利用した 最上級の音場感を味わう事が出来ます。(プレステージシリーズ) これは 好みの問題ですが これを「よし」とされる方も多くいらっしゃいます。

 最後の判断は 貴方が下すのです。 色々なタイプのスピーカーの音を聴いて 自分の『好み』を見つける事ですネ。 ここが 《カ・ン・ジ・ン》 (^J^)
    • good
    • 0

こんにちは。



スピーカの中核である、振幅器(音の出る部分)以外の揺れや、おかしな共鳴を起こしにくい(動きにくい)からだと思います。

なので、共鳴が強くなる高音域においては、音が小さく感じられるようですね。
逆に重低音は、その重みによりズシリとした音になります。
(床や、天井が共鳴する場合もあるので、重低音はご注意を・・・。)

でわでわ
    • good
    • 0

 スピーカーそのものの重量ではなくて、スピーカーボックス全体の重量が重い、ということですが、スピーカー本体から出る音は前面に向かって出ますが、後方にも音が出ます。

理由は、スピーカーの音を出すコーン紙(だったかな?)が、前後に振動するからです。後方への音も前面に出すためには、スピーカーを包んでいるボックスがある程度厚くて重量のある物が要求されるためです。隣の部屋との壁が薄ければ隣にも音が漏れますが、壁が厚いと密閉されて漏れませんよね。スピーカーは、この「漏れ」を防ぎアンプから出力されスピーカーに入力された電力を、100%無駄なく音声として前面に出すために、ボックスを強固なものにすると必然的に重たくなってしまいます。
    • good
    • 0

重いスピーカーだと余計な振動(音を濁す原因になります)が抑えられるからだ、と聞いたことがあります。

    • good
    • 1

詳しくはいえませんが、簡単には、



反響しやすいからです。

正確には、スピーカーの壁の密度が高い方が良いということでしょう。

音がより反響し、より、耳に届く音が複雑且つクリアなものになるということではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの自作に役立つHP、本を教えて!!

みなさん、はじめまして!!

初めてのスピーカーの自作を考えています。
とりあえずユニットはEVの209-8Aで組もうと考えています。
初めてのスピーカー自作ということで知識が全くないため、初心者向けにスピーカー自作を解説したHP、本を教えてください!!

あと、『初めての時は、ここらへんは注意しといたら!』みたいなアドバイスも大歓迎です♪
どうぞ、よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここはひとつ、一挙にマルチウェイにチャレンジすることをお勧めします。ハードルの低いものから順にご紹介しますね。

(1)
http://www.ritlab.jp/shop/news/20060606.html

これは半完成のいわゆる「キット」です。説明書通りに組み立てれば完成します。箱の設計からネットワークまで他人がやってくれたもの。=出来合いですので「自作の醍醐味」は無いですが性能は確実です。あなたがサラから設計/制作したとしても、決してこの値段では収まらないでしょう。そういうコストパフォーマンスという意味では最高です。
私は麻布の回し者ではありませんが、ここのエンジニア関係者と話をしてみると、妥当な人格/技術力を持っていることはすぐに分かります。信頼できますよ。
最初はこうしたキットから始められるのもいいでしょう。基本的にスピーカーに必要な要素を理解することができます。

(2)
ネットワークは難しいし荷が重いなーという事でしたら…
中古でJBL LE-8Tを入手し、50L程度のバスレフ箱に収めてください。ただし入手困難ですしかなり高価です。

(3)
国内で入手できるドライバーを使い、思い切ってマルチウェイを作ってみませんか? 難しいですが、No6さんも書かれていますが難しい分本当に楽しいですよ。ぜひこの趣味へ。
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/morel.html
の[morel] MDT30S
 +
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/usheraudio.html
の[UsherAudio] 8945A
で2wayを組んでみる。ネットワークや箱など、全然分からないと思いますが別途ご相談に乗ることはできます。箱の設計しだいでは恐ろしいまでのワイドレンジも狙えます。

(4)
思い切ってドライバは海外から個人輸入しませんか? 私はほとんど国内で買う事はありません。その方が安いからというのが理由です。
http://www.madisound.com/
http://www.partsexpress.com/webpage.cfm?WebPage_ID=30
http://www.zalytron.com/

未曾有にドライバーが転がっていますが、直感的にピンとくるドライバーを選択しても良いでしょう。最初は6~8インチの2wayから始められることをお勧めします。
T/Sパラメータの見方がわからないと選択しにくいかも知れませんが。

ドライバーの選択。箱の設計。ネットワークの設計。…これらは難しそうに感じられるかも知れませんが今はPCがあるので結構かんたんですよ。別途ご相談に乗れると思います。

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここ...続きを読む

Qケーブルで聞くスピーカーをピンジャックで聞く

コンポについてるごくごく普通のスピーカー(ケーブルつないできくやつ)をどうにかしてピンジャックにして聞くことってできますか?ケーブルからピンジャックに変換するものとかありませんかね・・・?

Aベストアンサー

ケーブルとゆうのは先端は剥き出しの銅線ですかね?
だとしたらホームセンターとかでピンジャック売ってますから
買ってきて、ハンダで溶接して作りましょう。
ちょっと細かくて大変だと思いますががんばりましょう。

Qスピーカースタンドの自作の方法について。

スピーカースタンドの自作の方法について。
型番?などは忘れましたが、ホームシアターセットを持っています。リスニングポジション?は高さ1mほどです。
ひとつにつきスピーカーのサイズはだいたい正方形で10cmぐらいで重さは0,5kgぐらいです。
スピーカースタンドの形は下に四角の板があって支柱が一本でその上に四角の板があるかんじのポピュラーかと思いますが、そういうスピーカースタンドを自作したいのです。
そこで、サイズなのですが、私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか?あと、センタースピーカーのスタンドの自作ですが、センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保しても良いでしょう。

支柱は、1本の木材だとほぼ確実に撓ったり反ったりするので、細長く切った板を口の字型に組み合わせるべきです。中によく乾燥させた砂利を詰めると、重量を稼げます。ただし、特に長さ方向の加工精度が要求され、1mmでも狂っていると天板が傾き、剛性も落ちます。ホームセンターにあるパネルソーの加工精度は、良くて1mm前後、悪いと3mmくらいの狂いが出るので、微調整が必須です。

>> それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか? //

木工用ボンドで接着するだけでも十分な強度が出せます。不安なら、釘で固定するだけでもかなり違います。釘は、細めのものでも構いません(接着剤が固まるまでの仮止めだから)。木ネジを使う場合の太さ・長さの目安は、厚さ方向の2~3倍の長さ、1/3以下の太さ、くらいです。

つまり、天板の厚さが15mmならその2~3倍で30mm~45mm前後の長さが必要です。対して、口の字型に組んだ支柱も厚さが15mmなので、太さは1/3以下つまり5mm以下に抑えないと、板が割れる原因になります。

なお、釘も木ネジも下穴が必要になります。キリでも構いませんが、集成材のように場所によって密度の違う木材を使うと先端が柔らかい方へ逃げていくので、ドリルの方が望ましいです。

>> センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか? //

天板の前の辺に適当な厚みの角材(割り箸でも良いかも)を貼付ければ良いでしょう。角度が急でスピーカーが後ろに倒れそうなら、後ろを支える支柱を別に立てる必要があるでしょう。

その辺りは創意工夫というか、自分でいろいろ考えて、トライ&エラーで作っていくのが自作の良さなので、現物合わせでやることになります。逆に、自分でアイデアを出せないなら、自作は諦めて既製品を買うか、専門の業者に依頼して作ってもらうか、しかないでしょう。

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保し...続きを読む

Qあとづけカースピーカーを更によい音で聞くには?

カー用品店でカースピーカーのみ増設しました。知識も何も無い為、店の言われるがまま。スピーカーの性能を引き出そうと思ったら、アンプの増設が必要が必要ですか?また、どういったものを買えばいいのでしょうか?(出来るだけ安く上げたいのですが…)あと、DVDプレイヤーで映画などを再生した場合に音が極端に小さいのが気になります。音量MAXにしても小さいです。解消法は無いでしょうか?現在音が鳴っているのは、フロントはアルパイン製DLX-F177+ケンウッド製チューンアップスピーカーKSC-TX5、リアは純正のまま、サテライトスピーカーはアルパイン製DLB-200R、サブウーファーはPioneer製TS-WX11Aです。TOYOTA WISH 15年製に乗っており、ヘッドユニット(っていうのかな?)はDVDボイスナビゲージョン付きワイドマルチAVステーションです。DVDプレイヤーはナビに接続しており、アルパイン製DVA-5210です。

Aベストアンサー

音を良くするんであれば、デッドニングなどしてみてはいかがでしょう。
これだけでもだいぶ違うと思いますよ。
取り付け方法は、検索すればすぐでてきますよ。
後、他には高価ですがサウンドシャキットは、かなりいいみたいです。
でも、高いです。

参考URL:http://www.soundscience.co.jp/soundshakit/

Q自作スピーカーのユニットの取り付けについて

スピーカー自作の場合でSPユニットをボックスに取り付けるときは一般的に木ねじですが、メーカー製スピーカーは六角ねじで取り付けてあります。自作する場合ではメーカー製のスピーカーのように六角ねじで固定することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要があるので、下穴のサイズがけっこうシビアな上に、正確に直角が出ていないとボルトが斜めに入ってしまうので、あまりお勧めしません。

一方で、そこまで苦労して音質面でメリットがあるかと言えば、あまりないでしょう。メーカーで多く使われているのは、大量生産に向いているからだと思われます。穴あけは機械加工なので正確に垂直が出せ、ボルト止めの際に電動工具が使えるようになるので、生産効率が良くなります。

まあ、ドライバを日常的に付け外しするようなら、ボルトの方がネジ山が長持ちはしますが、ドライバを付けたり外したりするということ自体が変なので、ボルトにこだわる意味はないでしょう(内部を調整する必要があるなら、むしろ背面を開けられるようにした方が作業性が良いです)。

ということで、メーカーは生産効率の都合で採用しているけれど、個人の一品制作では意味がないので、普通に木ネジで止めておけば何も問題ない、と思います。

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要がある...続きを読む

Qオーディオスピーカーについて詳しい方にお聞きします。 スピーカーは昔の高級スピーカーのほうが最近物よ

オーディオスピーカーについて詳しい方にお聞きします。
スピーカーは昔の高級スピーカーのほうが最近物より優れている気がしますがどうなのでしょう?以前の機種で良いと思うスピーカーとか有りましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

真空管アンプが全盛だった時代に作られたスピーカーはアンプ側の少ないパワーを補うために能率が現代のスピーカーよりも高く作られています。JBLパラゴンが良い例でしょう。96dbという数値は質の良いアンプでさえあればパワーが無くても良く鳴ります。現代のパワーに余裕があるアンプで駆動してやれば目の覚めるような音が出るのも頷けます。実際に良く音が出るスピーカーですし。私は好きですよ。

ですが、現代のスピーカーと比べて優れているかと言われると……必ずしもそうではないでしょう。私は現代の技術的な進歩がもたらした高性能小型スピーカーが好きですし、それらが奏でるハイスピードサウンドは昔のスピーカーでは太刀打ち出来ない領域です。音の嗜好は人それぞれ。そういった部分での相対的な比較など無意味だと思いますが如何でしょうか。あるのは純然に好きか嫌いかであって、性能的な優劣では無いと思いますよ。

Q自作スピーカーのスピーカーグリルの調達は

ここ数年、オーディオスピーカーの自作に凝っています。ただ悩みの種はスピーカーグリル。Fostexの製品なら純正グリルが別売で手に入るのですがその他のメーカーは純正製品はありません。自作派の皆さんはスピーカーグリルをどうやって作っているか知りたいのですが…。本格的な製作方法は勿論、思いもしなかった日用品をスピーカーグリルに転用しているなどのユニークな方法も含めて教えて下さい。尚、この質問はあくまでもスピーカーグリルについての質問でサランネットなどのスピーカーネットのことではありません。

Aベストアンサー

低予算で、10インチ以上なら下記のグリルを加工して使ってます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^10GRILL^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^18GRILL^^
他12.15インチ有り。

Qスピーカー(モノラル)、無線機本体より音が大きい?なぜ?

ハンディ無線機に、外部スピーカー(モノラル)を接続して聴いてます。
ハンディ無線機本体のスピーカーで聴くよりも、外部スピーカーの方が音が大きいです。
なぜ音が大きいのですか?
本体のボリュームは4に設定してます。
スピーカーを分解したのですが、スピーカーしか入ってませんでした。
途中にアンプは接続していません。
やはりスピーカーの磁石の強さ、エナメル線の巻数、エナメル線の太さが音の大きさに関係しているのでしょうか?

無線機本体の音が小さくても、その外部スピーカーを接続することによって音が大きくなる。
磁石が強く、たくさんエナメル線?が巻けば、大きな音がでるのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最近の小型スピーカーはよほどのものでない限りメーカー、品番などは記載されていません。せいぜい入力ワット数とインピーダンスの表記ですね。また能率は千差万別で書きようもありません。
私は無線機作りがメインです、従って「能率がよく音質も硬からず柔らかからず、明了度が良い」などという好みの物を探します。
時と場合によっては二千円以下で7.5~10センチのスピーカーの付いているラジオをばらしてスピーカーを使います。販売店で試聴できたり、試聴出来なくてもはずれが少ないですしポータブルオーでオのスピーカーにも最適です。
ホームセンターでも数種類はおいてありますし、その他の部品も役に立っていますよ。
写真のものは75mmですがものすごく能率が良いです、中国製ラジオから外しました。これはラジオ二台の部品が余っていたので作ったエアーバンド受信機です。

Qスピーカーの自作・・・

PC用の小型スピーカーじゃ物足りなくなってきたので
スピーカーを作りたいと思っているんですが・・・

自作スピーカーの場合、別途アンプを購入して
接続しないといけないのでしょうか??

初心者ですので何もわかりません・・・
回答おねがいします。

Aベストアンサー

NO.1の方へ
スピーカーを自作すると言ってもそんな1から作るわけではありません。
秋葉原などには単体のスピーカーユニットが数多く展示、販売されており、
その中より自分の気に入ったスピーカーユニットを買い、また箱を設計して木材を切り、組み立てます。

マルチウェイ(スピーカーを複数設置し、
高域用と低域用などに分けるもの)にしますと、
スピーカーネットワークも必要になります。
http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/denki/audio/speaker(netwok)r.htm

ネットで"スピーカー 自作"と検索すると非常に多くのページが
ヒットします。

参考URL:http://ww51.tiki.ne.jp/~shigefumi/audio/sp/sptop.htm

Qアンプau-999のスピーカー切り替えsysutem a接続のスピーカーから音が出ない

お手数おかけします。

sansui au-999のアンプですがLチャンネル側のスピーカーから突然音が出なくなりました。
心辺りは、powerスイッチは切りましたが電源コードはオンのままでスピーカーコードの交換を
しました、他には手を付けていません。

L側のヒューズが切れていましたので交換しましたが復旧しませんでした。
sysutem bは使えますので此方で聞いています。

見識者の方、考えられる事が有りましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

リレーを疑ってみてください。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8465737.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報