色々調べましたが、わからなかったので質問します。
ある2つの物質(AとB)の温度変化における膨張について調べています。
Aは、線膨張率の数値が示されています。
(3.5cm/cm℃)
Bは、寸法安定性の数値が示されています。
(70℃×48hr 100×100×40t 巾:-0.03% 厚:0.06%)   
それぞれ違う表現ですが、どちらが膨張しやすか?ということを
この2つから読み取る方法や、計算の仕方はあるんでしょうか?
そのためには、あと何の数値等が必要でしょうか?
また、線膨張率の検証法及び計算法はわかりましたが、
寸法安定性の検証法と計算法が、よくわかりません。
わかる方がいらっしゃいましたら、回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめに、残念ですが、寸法安定性の検証法と計算法は、端的な回答には、なりませんでした。


線膨張率は、物理定数ですので直線性が保たれる範囲ではありますが、一義的です。計算の仕方もお分かりとのことですね。
御質問の記載のように、比例定数ですね。これは、時間や回数にも関係なく、常に温度を同じにすれば、同じ寸法になることをも、示しています。
これに対し、寸法安定性のほうは、限りなく工学・工業の分野に近い物性物理の用語で、一義的には、定まっていません。
あえて、定義をすれば、「与えられた条件で、ある外的作用に対して、寸法が安定する性質」(この部分は、私が勝手に作りました。一般的に認められているわけでは、ありません)とでもなりましょうか。
ここでの外的作用とは、応力であったり、熱であったり、放射線であったり、または、機械加工、熱処理、表面処理その他工業的な処理であったり、また、環境であったりします。従って、この外的作用は、その物質の研究者や技術者が、そのときの対象に与えた条件になります。また、このときの寸法変化は、直線的でないことも、ありえます。つまり、元の環境に戻しても元に戻らないこともありえます。
ご質問の記載からだけの推定では、70℃X48hrと有りますから、高温で長時間放置後、その温度または常温に戻したときの寸法の変化または永久変化だと思います。
それで、これは、まったく違う視点でのデータですので、これでは、比較できません。
そこで、ご質問の物質Bの場合ですが、出所資料には、一つまたは、それ以上の外的作用でのデータがあるべきです。その中に膨張係数のデータが有った時には、当然ですが、解決できますね。無いときは、できれば、必要があれば、実務でしたら、物質Bの製造者にお願いしますし、実験室でしたら、条件を与えて、測定します。
なお、回答者は、どちらかと言えば研究者ではなく、技術者です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなり、申し訳ございません。
やはり、そうでしたか。
ある物の芯材に利用する候補が2つあって、
それぞれ、質問のような条件しか与えられていない為、
比較するのに苦労してるんです。(実は今でも)
芯材を変え、同じ条件で物をつくり、性能検査を一体ずつ製作し、
実験したのですが、その結果を裏付ける証拠が欲しかったのですが・・・。

お礼日時:2002/01/09 09:42

ikkyu3さんとほとんど内容は同じになりますが、


「線膨張率」とは、温度による1軸方向への膨張をある単位長さで正規化したものですね。
つまり、1cmの長さの【物質A】を温度1℃上昇させると3.5cm伸びる。つまり4.5cmになるということです。(おそらく記入ミスと思いますがとても信じられる値ではありません。)しかし、これはあくまでも熱で膨張しただけであって、もとの温度に戻してやれば元のサイズに戻るはずです。
一方【物質B】についての寸法安定性については、
100×100×40t(mm)のサイズのものを70℃で48時間放置しておくと、幅方向については0.03[0.03%](mm)縮み、厚さ方向には0.024[0.06%](mm)厚くなったと、読み取れます。
(これは材料を加工したときの残留応力が緩和されたためであると思われますのでサイズの変化は戻りませんし、温度や時間によっても変化する可能性もあります。)
以上のように上の2つは直接比較できるものでもありませんし、その他の物理定数を用いて換算できるものでもありません。
御参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなり申し訳ございません。
ご指摘のとおり、記入ミスです。3.5cmではなく、mmです。
でも、内容は理解できました。
やはり、その2つでは比較できないのですね。

お礼日時:2002/01/09 09:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

単位 hr」に関するQ&A: 衝撃力の計算方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIllustratorで線がクレヨン風のイラストを作りたいのですが…

お世話になります。
Illustratorにてイラストを描くのですが、
パスの綺麗なラインではなく、ちょっとガタガタっとした
味のある線にしたいと思ってます。
イメージとしては画用紙にマジックで描いたようなちょっと
滲んだ線です。

イメージとしましては、下記urlのようなイラストです。
http://www.orangepage.net/ad/orangepage_cafe/index.html

自分が試したやり方としましては、パスでイラストを描いて、
線をブラシライブラリに登録してある「アーティステック」等で
いろいろ試しましたが、イメージと合いません。
ブラシの設定だとやり過ぎで、もっとurlのような素朴な感じにしたいのです。

そこで、画用紙に下書き→スキャン→ライブトレースをしたのですが、
やはり線があまり綺麗ではありませんでした。

urlイラストを描いた方は、ライブトレースなのかな?とは
思っているのですが、こういうイラストを描くにはどうしたら
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

2番の方の言われるように、
完成イラストとしてはイラストレータEPS形式で保存されていても、
輪郭線は手書きをスキャニングされたように見えます。

モノクロ2階調(線画)で読み込んで、カラーモード(CMYK)に変換し、選択範囲からパス化、着色。
またはモノクロ2階調またはグレースケールのTiff画像をイラストレータで着色、スウォッチで塗りを設定してあるのではないでしょうか。

気負わず、簡単な方法で仕上げるのが素朴感を演出するこつでは?

Q温度計以外の方法で、高温500℃~550℃になっているか確かめたい。

該当機器の表示温度が温度が550度で表示します。
しかし、実際の中の物質が500℃以上になっているのかを確かめたいため何か方法があるのかどうかを探しています。

おそらく、釜焼きの温度などわかる方法が
あるような気がするのですが。

ご存知のかた、ご教授願います。
 

Aベストアンサー

どうして一番簡単な熱電対という選択肢があり得ないのか理解できませんけど、温度が高いのでなかなかご希望の物はないと思いますよ。ぜーゲルコーンにしてもあまり正確ではありませんし。

”温度インジケータ”、”温度検知シール”、”ヒートラベル”、”テンププレート”、”サーモラベル”

等のキーワードで探すと、不可逆性の温度が所定温度に到達すると色などか変化して、その温度に到達したことがわかるものがありますが、、、、、
(色んな分野で使われています)

ただ500℃以上をはかれる物は存じません。。。

Q天野喜孝先生のイラストの主線の画材はなんですか?

天野喜孝先生のイラストの主線(主にカラーイラスト)は何の画材を使用していらっしゃるのでしょうか。

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ。私の知る範囲で答えさせていただきます。
「季刊コミッカーズ」の冬号で、天野先生のイラストの製作風景やインタビューが約6ページ分掲載されているのですが、それによりますとペンの描写が「専用ペン」としかされていません。そのペンが写真で載っているのですが、すみませんが私には何という名前かわかりません・・・。ちなみに、「ペンの先をカッターで削ってから・・・」とあります。持つ部分はどうやらプラスチックのようで、先の部分(木炭のような感じ?)をつけペンのように刺して使うようです。
あいまいな表現ばかりで申し訳ありませんが、少しでもお役に立てたら幸いです。

Q交流電流計、交流電圧計の示す値

交流電流計や交流電圧計の示す値は実効値で表されているのでしょうか?またそれを判断するには機器のどこ見ればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ymmasayanです。補足にお答えします。

> 抵抗負荷なので力率は1と考えるべきなのでしょうか?

それでいいです。従って 有効電力=皮相電力 となりますので有効電力(消費電力)は97Wです。

> ダイオード部で損失する電力などが分からないと思うのです。

ダイオードはブリッジになっているようなので若干計算は面倒です。
ダイオード1個1個を見ると半波整流です。
ダイオードの消費電力を無視する事は出来ないのでしょうか。

Qphotoshop6で、イラスト(線)の色を全て一回で変える方法を教えてください。

黒ラインのイラスト(線のみ)をスキャナーで取り込みphotoshopで加工しています。イラスト全ての線の色を一回で別の色にしたいのですが、photoshop6での方法がわかりません。今は自動選択ツールを使って部分的に線の色を変えていますが、もともとの線の太さが違うようで(途切れてスキャンされた線もあり)何度も回数をかけなければ全体の線の色を変える事ができません。線の太さを均一にする作業から教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。好きな色を指定できて、なおかつ楽な方法を思い出しましたのでご報告差し上げます。

--ステップ1------------------------------------------
スキャンした画像を読み込んだあと、

イメージ→色調補正→
明るさ・コントラスト→(適度に調整してください)

--ステップ2------------------------------------------
次にスキャンした画像の上に、調整レイヤーを作ります。

レイヤー→新規調整レイヤー→「グラデーションマップ」を選択後、そのままOKボタンを押してください。

--ステップ3------------------------------------------
「グレースケールマッピングに使用されるグラデーション」という、グラデーションの帯の表示が出てきます。
これをワンクリックしてみてください。
次に、グラデーションエディタというウィンドウが出てきます。このウィンドウの上部にあります、
「プリセット」の中から、白と黒が最もハッキリしたグラデーションを選択してください(Photoshop7.0では
左上から三番目にあるのですが、おそらく6.0でも同じかと思われます)。

これを選択すると、このグラデーションエディタウィンドウ下部にあります、グラデーションの帯の表示が
コントラストの強い、白と黒の帯に変わります。
この帯の上下左右に配置されている、四角いマーカーのような
オブジェクトのうち、左下のものを、ワンクリックしてみてください。

グラデーションエディタウィンドウ最下部にあります、「カラー:」の右にある小さな窓が真っ黒になったと思います。
この小さな窓を、ワンクリックしてみてください。

カラーピッカーウィンドウが表示されると思います。あとは、この中から好きな色を選ぶとよいでしょう。
※気に入った色は、色見本に追加するか、16進表記をメモしておくことをおすすめします。
(例えばオレンジであれば FF9600 などという数字です)

描線を好きな色にできたら、必要な場合表示レイヤーを結合してください。



描線を白にしたい場合は、まず、上記ステップ2までの手順を踏んでください。
「グレースケールマッピングに使用されるグラデーション」のグラデーションの帯の表示が出てきます。
この表示の下にあります、「逆方向」という項目にチェックを入れます。
白と黒が反転したと思います。さらに、グラデーションの帯の表示をワンクリックしてみてください。
「プリセット」の中から、白と黒が最もハッキリしたグラデーションを選択してください。
OKボタンを押してこのウィンドウを閉じます。残ったグラデーションのウィンドウも、OKを押して閉じてください。

次に、表示レイヤーを結合。そのままでは背景になっていると思いますので、この背景を
レイヤー→レイヤー複製で複製してください。
そして、レイヤーウィンドウのレイヤー効果メニュー(『通常』と表示されているところです)から
「スクリーン」を選択します。

下にある背景レイヤーをCtrl+Aですべて選択。その後、ブラシなどで白より暗い適当な色で塗ってみてください。
これで画像の描線が白色に変更されていることが確認できます。

どうでしょうか。ご参考になれば幸いです。

たびたびすみません。好きな色を指定できて、なおかつ楽な方法を思い出しましたのでご報告差し上げます。

--ステップ1------------------------------------------
スキャンした画像を読み込んだあと、

イメージ→色調補正→
明るさ・コントラスト→(適度に調整してください)

--ステップ2------------------------------------------
次にスキャンした画像の上に、調整レイヤーを作ります。

レイヤー→新規調整レイヤー→「グラデーションマップ」を選択後、そのままOKボタンを押してください。
...続きを読む

Q100℃の湯と0℃のをくっつけても50℃にならないのは?

中西博士の
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kyodo/kokyuroku/contents/pdf/1524-9.pdf  p58 熱伝導の限界
で、
100℃の湯と0℃の水を、くっつけた場合、
>複雑な無限級数を計算して その温度の極限値が 100℃であることを示した
とあります。
どんな、無限級数なのか興味があります。
教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

式は分かりませんが、直観的には下図で明らかです。
100℃の水が0℃になるかわりに、0℃の水が100℃になります。

Qword 段組でイラストを入れると線が消える

word2003を使用しております。

 段組2にして、境界線を入れるにして
イラストを右側にいれ大きさを調整し、右側最大くらいにすると、
段組の線が消えてしまいます。
 イラストに余白があるのも分かりますが、それとは違う状況のようです。
また、図の上下で一番下にしてもだめです。
どなたか、解決方法をお教え願います。

Aベストアンサー

図を右クリック→図の書式設定→「レイアウト」タブで、折り返しの種類と配置を「行内」としてはどうですか。
 

Qアルミ・ブスバーのインダクタンス計算法

専門的な質問ですが、大電流を流す時に、アルミのブスバーを使用しますが、そのインダクタンス成分(L値)の計算方法を教えて下さい。出来れば、断面積の影響(あまり、関係が無いかもしれませんが・・・)も判る様な計算式ですと、ベターです。
ご存じの方、恐れ入りますが、宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

ビオサバールの法則、有限要素法、差分法等を使って3次元で周辺磁界を求め磁気エネルギーQを求めます。それをQ=0.5LI^2で自己インダクタンスが求まるので、電流1Aのときの磁気エネルギーだとするとL=2Qで求まります。

まわりに磁性体がある場合はビオサバールの法則では少し難しいです。できなくはないですけど・・・。

解析的に求めたいのなら、ブスバーの形状によって変わると思います。たとえば正方断面とか円断面とか・・・。円断面なら簡単ですよ。電気学会電磁気学に詳しい説明があるかなと思います。

半径aの円形導体のインダクタンス

Lo:外部インダクタンス
Lo = (μ0/2π)(ln(2/a)-1)

Li:内部インダクタンス
Li = μ0/8π

L = Lo+Li

となります。注意としては中空導体の場合式が長くなるのここではカットします。

ただ、ブスバーも周波数によって自己インダクタンスがかわりますので注意する必要があると思います。アルミブスバーをそんな高周波で使うことなんてないとおもいますけど・・・。

ビオサバールの法則、有限要素法、差分法等を使って3次元で周辺磁界を求め磁気エネルギーQを求めます。それをQ=0.5LI^2で自己インダクタンスが求まるので、電流1Aのときの磁気エネルギーだとするとL=2Qで求まります。

まわりに磁性体がある場合はビオサバールの法則では少し難しいです。できなくはないですけど・・・。

解析的に求めたいのなら、ブスバーの形状によって変わると思います。たとえば正方断面とか円断面とか・・・。円断面なら簡単ですよ。電気学会電磁気学に詳しい説明があるかなと思います...続きを読む

Q井上雄彦さんのカラーイラストのように、下書きの線がわからなくなるように描く方法

井上雄彦さんのカラーイラストのように、
下書きの線がわからなくなるように絵を描く方法を教えていただけないでしょうか。
いつもは紙にできるだけ薄く下書きをして線を目立たせないようには描いているのですが…。

Aベストアンサー

下書きをせずに、絵の具で描く。という方法もあります。

あるいは、
水彩なら塗ったあとでも、上から消しゴムをかければ鉛筆の線は消えます。(薄くなります)
もしくは、
水彩色鉛筆で下書き(清書)します。これなら色を塗ったら線が溶けて絵の具と混ざります。

井上雄彦さんはどういう描き方されているのか気になりますね。

Q熱湯80℃10lと水0℃10lを撹拌すれば大体何℃になりますか??

熱湯80℃10リットルと水0℃10リットルを撹拌すれば大体何℃になりますか??

Aベストアンサー

「大体」ということならすでに回答が出ているとおり約40℃ですね。

ただ,温度の違う水を混ぜたとき何度になるかは,体積でなく質量で計算します。ですからもう少し正確には,たとえば有効数値3桁であれば80℃の水の密度(kg/L) 0.972として9.72kg,10℃で密度1.000として10.00kg,

(80×9.72+0×10.00)÷(9.72+10.00)=39.43

約39.4℃というところでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報