教えて!gooグレードポイントがdポイントに!

憲法に自衛隊明記するという、
いわゆる「憲法9条改正」についてです。
自衛隊の廃止を主張している者が
憲法9条改正に反対するのは当たり前ですが、
極めて奇怪なのは、
自衛隊の存在を認めているのに、
憲法9条に「自衛隊」を明記することに反対している人たちです。
なんで自衛隊に賛成なのに、憲法9条に自衛隊を明記することに反対なのですか?
自衛隊の存在を認めているのなら、憲法に堂々と明記したらいいのに?
憲法に自衛隊を明記することの何が気に食わないのでしょうか?


(補足)

●憲法に明記しなくても自衛隊は存在しているのだから、
いちいち明記する必要はない。

➡「必要ない」ということは「反対」を意味しない。
「必要ない」と思う人には関係ない話である。
さて、憲法に書かれていない自衛隊が存在しているということは
事実上、日本国憲法をないがしろにしている行為であり、
法治国家としての「汚点」である。
日本国は憲法をないがしろにしていることを
世界に発信していることになり、世界に恥をさらしていることになる。
そんな異常事態を解消すべく、自衛隊を憲法に明記する必要がある。
繰り返すが、今までが異常がだったのだ。


●それでも憲法改正してまで自衛隊を明記する必要はない

➡憲法学者の少なからぬ人達が「自衛隊は違憲だ」と
唱え、国民の中にも戦力不保持の憲法9条と自衛隊との整合性に
疑問を持っている者がいる。
そんなあやふやな状況で自衛隊が存続しているのは
憲法を蔑ろにし、憲法の信頼性を損なう危険性があるので、
自衛隊を憲法に明記しよう、というのが私の考えだ。

しかし「明記する必要はない」との一点張りの者は
かなりイイカゲンというか大雑把な性格の持ち主なんだろう。
そんな大雑把な者にいくら道理を説いても、馬の耳に念仏。

「憲法に自衛隊を明記する必要はない」。
だったら、自衛隊の明記に賛成なんかしなくてよい。
どうぞ無視していただきたい。自衛隊明記は関係ないことだから。
必要はない、と思う者に協力してもらうつもりはない。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

自衛隊は、その災害救助行動で、国民の厚い信頼を得ています。



一方、左翼連中は、日本国憲法を神棚に祀っておきたいのです。

「自衛隊を憲法に組み入れる」と言う行為は、「改憲」を
意味しますので、左翼の「世界に冠たる平和憲法」のお題目が、
崩壊する事を、意味します。

そして、一度、改憲に賛同してしまうと、現実の日本国憲法が
内包する、矛盾、時代遅れ、に直面してしまいます。

実際、世界情勢の激変によって、「9条万能」の嘘が、
表面化してきています。

しかし、だからと言って、自衛隊の存在を否定する方向で、
対応しようとすると、多くの国民を「敵に回す」事に
なります。

それだけ、国民の自衛隊への信頼は厚い、ということです。

この両方から逃げる算段が、「明記する必要が無い。」と
言う屁理屈です。

立憲、共産党なんかは、「安倍政権下では、改憲はしない」とか
現状の矛盾は、「解釈でいくらでも対応できる。」とか
逃げを打っていますが、もう無理でしょう。

大体、解釈で何でもできるなら、日本国憲法の存在意義自体が
無いし、左翼が政権を取ったら、解釈で、好き勝手ができる、
と言う意味にもなる。

その思考形態は、現在の、南朝鮮人の統治形態に類似している。
    • good
    • 0

https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/kihon02. …
を見て考えましょう。
そして憲法9条のいう戦力と自衛隊の関係を
    • good
    • 0

簡単な理由です。



「自衛能力があると容易に占領できない」
という、憲法改正に反対する人は売国奴だからです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング