般若心経は、どんな宗教で使われているのですか。
また、どの宗派で使われているのですか。知っている方がいらしたら、小さなことでもかまいませんので、教えてください。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 よく“『般若心経』はすべての宗派で唱える”と説明しているところがありますが、浄土真宗系と日蓮宗系の宗派は用いません。


(浄土真宗は「阿弥陀如来の本願によって救われる」という他力本願<注意・巷で広まっている、他人任せという意味ではありません>なので、般若心経は用いません。日蓮宗では法華経が真実の経典であり、般若心経を含めた他の経典は、あくまでも仮の教えと捉えるからです)

 般若心経を重視する宗派は奈良仏教系(法相宗・華厳宗・律宗)、真言宗、天台宗、禅宗系(臨済宗・黄檗宗・曹洞宗)です。浄土宗は般若心経は常用経典ではないですが、祈願の際には用います。
 修験道では祈祷の経典として重視します。また前記の宗派では神前読経といい、神社においても般若心経を唱えます。

 真言宗では弘法大師(空海)が『般若心経秘鍵(はんにゃしんぎょうひけん)』という論書を遺されており、一般に「空」について説かれている経典と理解されている心経ですが、そうでなく「般若心」つまり「ギャテイ ギャテイ…」の咒(しゅ/真言のこと)こそ主題であり、この咒を唱えるという瞑想修行の実践を説く経典として重視します。

参考「『般若心経』のほんとの意味」
http://www.mikkyo21f.gr.jp/hannya_honto/concept_ …

参考URL:http://www.mikkyo21f.gr.jp/hannya_honto/concept_ …
    • good
    • 0

わかりやすいサイトがありましたので、ご紹介します。


参考URLのホームから、「般若心経と各宗派」を参照してください。

参考URL:http://jin.zen.or.jp/~sato/bunko/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【お坊さんの説法、法話】お坊さんの説法、法話で感銘を受けた話を聞かせてください。

【お坊さんの説法、法話】お坊さんの説法、法話で感銘を受けた話を聞かせてください。

Aベストアンサー

http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/furusato_rekishi/hakata/007/01.html

過去何十年で、このお話しか覚えていないくらい、上手に分かりやすく話してくださったのが、
「その3」の「親死ね、子死ね、孫死ね」です。
逆順ほど親を悲しませるものはないのだから、親が先に逝くことは親にとって良いことで、親より後に逝くことが何よりの親孝行なことなんだよ、と話してくださいました。

自分自身に、これを言い聞かせ、親しい人が親御さんをなくされたときにはこのお話を伝えます。
悲しい親の死を、少しだけ、自然の摂理と、受け止めることができるようになりました。

Q日本に伝来した最古の仏教書って般若心経だったんですか? 三蔵法師が日本に般若心経を持ち込んだのが日本

日本に伝来した最古の仏教書って般若心経だったんですか?

三蔵法師が日本に般若心経を持ち込んだのが日本仏教の原点ですか?

聖徳太子って三蔵法師より後の人物ですよね?

ということは日本最古の仏教の伝来書は三蔵法師の般若心経ってことになるんですか?

Aベストアンサー

はじめまして

『日本書紀』によると、仏教が伝来したのは飛鳥時代、552年(欽明天皇13年)に百済の聖王(聖明王)により釈迦仏の金銅像と経論他が献上された時だとされています(wikiより)。このとき、経典としてどのようなものがもたらされたかは明確ではないですが、その後、聖徳太子が『三経義疏』(法華経、勝鬘経、維摩経)の三経の注釈書)を書いているということから、この三つの経典がかなり早い段階から日本に伝わっていたことは間違いないでしょう。

三蔵というのは律蔵、経蔵、論蔵をまとめたものです。律は規則、経は釈迦がといた教え、論は律や経の注釈・解釈を論じたものです。この三つをよく知っている僧を三蔵法師といいます。でも一般的には唐の玄奘(602年 - 664年)をさすことが多いですね。玄奘が漢訳したのは中心的には般若心経をはじめとする般若経典です。ですから日本に最初に伝わったのは、般若心経であるはずがありません。

中国においては膨大なサンスクリット語の経典がもたらさせたのですが、現在サンスクリットの経典は中国では残っていません。玄奘ももちかえった経典のなかで漢訳できたのは1/3といわれています。あとはすべて散逸してしまったのです。ところが、日本の法隆寺には般若心経のサンスクリット文が残されているんですね。いつごろ、だれがもたらしたのか記録は残っていません。このあたりが「最古の仏教の伝来書」が「般若心経」と誤解されていらっしゃるのではないでしょうか。

なにか不明な点があれば私の知っている範囲でお答えしますよ。

はじめまして

『日本書紀』によると、仏教が伝来したのは飛鳥時代、552年(欽明天皇13年)に百済の聖王(聖明王)により釈迦仏の金銅像と経論他が献上された時だとされています(wikiより)。このとき、経典としてどのようなものがもたらされたかは明確ではないですが、その後、聖徳太子が『三経義疏』(法華経、勝鬘経、維摩経)の三経の注釈書)を書いているということから、この三つの経典がかなり早い段階から日本に伝わっていたことは間違いないでしょう。

三蔵というのは律蔵、経蔵、論蔵をまとめたもので...続きを読む

Q檀家と信徒の違いについて(曹洞宗)

改宗して、曹洞宗の大きなお寺の信徒になりたいと思っています。

家自体は、まだ他の宗派なのですが、父が他界したら、家の宗派も曹洞宗にする予定です。
今のところ、お墓のことでは曹洞宗のお世話になることはなく、私一人が曹洞宗に宗旨替えして、曹洞宗の薫陶を受けたいと考えています。
こういう場合は、檀家ではなく信徒の扱いになるようですが、信徒になるにはどのようにすればよいのでしょうか?また、費用の面もどれくらいかかるか?気になります。

今は、ときどき曹洞宗の大きなお寺に坐禅を組みに行く程度です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

何も変わりません。
あなたが希望する曹洞宗の寺の行事に顔を出し、お布施をたくさんすればいいのです。
さらに、水子供養やその寺独自の行事で、名前を記入して次の会から案内が届くものが有れば、それに記名して置けば、立派な信徒です。
勿論、寺の補修などの時は寄付しましょう。寄付名一覧に信徒の欄があると思いますので、そこに名前が挙がります。
よく言えば信徒ですが、檀家から見れば檀家外寄付者です。

曹洞宗の場合、御施餓鬼法要、花祭り(お釈迦様の誕生祝い)、大般若教法要、等があると思いますので、お布施をたくさん持ってお参り下さい。

もう少しお近づきになりたいなら、定期的に寺の外回りの掃除などボランティア的に奉仕活動をしましょう。
さらには、住職やその奥さんが、御詠歌や、お経の練習会をしているなら、入れていただきましょう。
その延長として本山参りや四国八十八ヶ所巡礼など計画されたら、積極的に参加しましょう。

旅行のような物もありますので、積極的に参加すれば、年間100万円位かかることもあるかと思います。高野山経由で四国巡礼をして高野山にお礼参りして帰ると50万円位かかると思いますので。

何も変わりません。
あなたが希望する曹洞宗の寺の行事に顔を出し、お布施をたくさんすればいいのです。
さらに、水子供養やその寺独自の行事で、名前を記入して次の会から案内が届くものが有れば、それに記名して置けば、立派な信徒です。
勿論、寺の補修などの時は寄付しましょう。寄付名一覧に信徒の欄があると思いますので、そこに名前が挙がります。
よく言えば信徒ですが、檀家から見れば檀家外寄付者です。

曹洞宗の場合、御施餓鬼法要、花祭り(お釈迦様の誕生祝い)、大般若教法要、等があると思います...続きを読む

Q般若心経について

サンスクリットの般若心経を聞きましたが、
日本語の般若心経とまったく異なるので不思議な感じでした。

日本語の般若心経はサンスクリットの般若心経の
意訳でしょうか? それとも音訳でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本人は外来語を取り入れることが好きですが、中国人は外来語をそのまま取り入れることは少なくたいてい訳してしまいます。テレビなら電視、コンピュータなら電脳、バトミントンなら羽毛球といった具合です。お経はパーリ語や梵語の経典を漢訳したもので、漢文で書かれています。当然、大部分は漢語なのですが、やはり訳しにくい部分あるいは特に神聖な部分は梵語の音をそのまま漢字の音で写したところもあります。般若波羅蜜多はパーリ語のパンニャーパーラミターを訳したもの、梵語ではプラジュナーパーラミターで少し違いますね。般若心経の最後の呪(じゅ)の部分は梵語では
ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー
日本では
ぎゃてー ぎゃてー はらぎゃてー はらさんぎゃてー
今でもわりあいよく似ていますね。ここの部分は神聖な呪文と考えられ梵語の音をそのまま写したものです。

Q【日本語】説法、法話、講話の違いを教えてください。

【日本語】説法、法話、講話の違いを教えてください。

Aベストアンサー

・説法・法話
 同じ。仏教用語。
(ただ、説法の方が、少々、キツイ感じ)

・講話
 仏教用語ではなく、一般用語。

Q日本の仏教と般若心経

1. 日本の各宗派の寺院数・門徒数の上位10宗派前後の数?
2. その宗派で般若心経を唱えている宗派は?
3. また、その内「般若心経」の前に「仏説」を付けて唱える宗派は?
以上般若心経に関する3点をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>1. 日本の各宗派の寺院数・門徒数の上位10宗派前後の数?

(信者数が多い順)
1.浄土真宗本願寺派・・・末寺院数10,329・・・信者数6,940,681人
2.真宗大谷派・・・・・8,698・・・5,533,146
3.高野山真言宗・・・3,485・・・5,486,000
4.日蓮宗(久遠寺)・4,636・・・3,580,901
5.曹洞宗(永平寺)・14,686・・1,579,301
6.天台宗(延暦寺)・3,345・・・1,531,496
7.真言宗智山派・・・2,858・・・1,312,488
8.真言宗豊山派・・・2,636・・・1,207,346
9.天台寺門派・・・・・202・・・・・376,590
10.臨済宗妙心寺派・3,396・・・320,101

>>2. その宗派で般若心経を唱えている宗派は?

真言宗

>>3. また、その内「般若心経」の前に「仏説」を付けて唱える宗派は?

日蓮宗以外の宗派。

(よもやま話)
般若心経秘鍵(はんにゃしんぎょうひけん)
真言密教の立場から、空海独自の斬新な「般若心経」の理解を披瀝(ひれき=心の中を包み隠さずに打ち明けること)する論書である。
空海はまず「心経」は大般若菩薩の「大心真言三摩地」(だいだいしん しんごん さんまじ)の境涯(きょうがい=境地)を説きこめた秘密経であると断じている。
つづいて、同じく「心経」の大要、漢訳異本などを分類し解説した後、「心経」全体を5段に分け、その第2段と第3段で顕教(けんきょう=仏教の中で、秘密にせず明らかに説かれた教えのこと)を各宗派に、第4段と第5段に4種の真言を割り振った。
そして、この経に仏教のすべてが内包されているという論法を展開して、本書を締めくくっている。

以上、一部「日本の宗教辞典」より・・・。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>1. 日本の各宗派の寺院数・門徒数の上位10宗派前後の数?

(信者数が多い順)
1.浄土真宗本願寺派・・・末寺院数10,329・・・信者数6,940,681人
2.真宗大谷派・・・・・8,698・・・5,533,146
3.高野山真言宗・・・3,485・・・5,486,000
4.日蓮宗(久遠寺)・4,636・・・3,580,901
5.曹洞宗(永平寺)・14,686・・1,579,301
6.天台宗(延暦寺)・3,345・・・1,531,496
7.真言宗智山派・・・2,858・・・1,312,488
8.真言宗豊山派・・・2,636・・...続きを読む

Q天台寺の瀬戸内寂聴さんの法話を聞きに行きたいのですが、

岩手県天台寺で7月6日に行われる瀬戸内寂聴さんの法話を聞きにいきたいのですが、当日の混雑具合がどの程度か、や、近くの宿泊場所(前泊を予定しております)についての情報をいただけると嬉しいです。これまで瀬戸内寂聴さんの法話を聞きに行かれたことのあるかたや宿泊された方、様子をご存知の方、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

天台寺について(ここに一部情報あり)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%8F%B0%E5%AF%BA
http://itp.ne.jp/servlet/jp.ne.itp.sear.SGSSVWebDspCtrl?Gyoumu_cate=3&Media_cate=populer&cont_id=a00&svc=1901&navi=search&init_word=%8E%9B%89%40&init_addr=%8A%E2%8E%E8%8C%A7%93%F1%8C%CB%8E%73%8F%F2%96%40%8E%9B%92%AC%8C%E4%8E%52%8B%76%95%DB33-1&proc_id=k1&clk=181&kid=KN0300060600124159&ktid=
宿泊地(あくせす)
http://www7.ocn.ne.jp/~tendaiyu/acsess.html

周辺ですと、二戸市のホテルになると思います。

Q「宗教」というカテゴリがないので、こちらで質問致します。

「宗教」というカテゴリがないので、こちらで質問致します。

今、日本の神様や神道に漠然と興味があり、勉強したいと思っています。

そこで、神道の世界観や考えかた、日本の神様たちの役割や性格、逸話などについて
解説、紹介している初歩的な導入本のようなものがあれば、オススメ頂きたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日本神道というやつは、想像以上にややこしいものなので、学研から出ている「神道の本」をお薦めします。

ひとつ事前に申し上げておきたいのですが、(日本)神道というのは宗教ではありません。いや、こういうと誤解があるのですが、元々はそれぞれの各地で祭られていた土着の神様たちでした。それを明治維新後に天皇家を中心とした近代国家にふさわしい近代宗教を作ろうということで、無理やり各地の神様を天皇家を中心において一つの宗教ぽくしちゃったのです。だから、明治以降の神道(これを国家神道といいます)を中心に考えると、訳がわからなくなります。
明治以降に勝手に神様が変えられてしまっている神社もあります。その代表が神田明神で、元々ここで祀られていたのは平将門です。しかし、逆賊が皇居の目と鼻の先で祀られるのも問題があるので、明治時代にアマテラス神が祀られるようになりました。

また、古事記と日本書紀ですが、こやつらは時の権力者によって相当にねつ造と歪曲が入っているので、矛盾と謎だらけです。少なくとも入門書とはいえません。

大まかな掴み方としては、神道はそもそも日本各地に存在した土着の神様を信仰する多神教であること、そして古代国家では当然のことですが宗教と国家は密接な関係を持っていて、大和政権による日本統一の過程でそれぞれに属する神々が取り入れられていったということになるかと思います。

参考URL:http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1810602400&reco=similarity2

日本神道というやつは、想像以上にややこしいものなので、学研から出ている「神道の本」をお薦めします。

ひとつ事前に申し上げておきたいのですが、(日本)神道というのは宗教ではありません。いや、こういうと誤解があるのですが、元々はそれぞれの各地で祭られていた土着の神様たちでした。それを明治維新後に天皇家を中心とした近代国家にふさわしい近代宗教を作ろうということで、無理やり各地の神様を天皇家を中心において一つの宗教ぽくしちゃったのです。だから、明治以降の神道(これを国家神道といい...続きを読む

Q【岩手】瀬戸内寂聴さんの青空法話が聞けるツアー(首都圏から)

母が、岩手県天台寺で11月まで毎月行われている瀬戸内寂聴さんの法話を聞きにでかけたいと言っており、できればパックツアーのが安く行けそうとのことで探しておりますが、見つけることができません。もしかしたらそういうツアー自体ないのかも・・・?と思い
(1)この旅行会社のツアーではこの法話聞くのもついてたよ(オプションなどでも・・・)
(2)そういうツアーはわからないけど、このあたりに泊まるプランならお寺が近くていいよ
というのをご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。首都圏出発、できれば新幹線利用でビジネスプラン以外のものが希望です。

Aベストアンサー

ありました。
阪急交通社の「瀬戸内寂聴住職の法話と十和田・奥入瀬 2日間」です。東京駅発で新幹線利用となっていますよ。
十和田・奥入瀬が二日目にあるようです。1人¥39800です。

http://ec.hankyu-travel.com/tour2/web_tour3_tour.asp?p_company_cd=1000010&p_course_no=131130&p_from=EVERY&p_disp=2&p_baitai=4&p_hatsu=104

Q民族宗教と民俗宗教の違い

タイトルの通りです

Aベストアンサー

いずれも宗教学上の用語ではなく、タダの俗語なので正確な定義はありません。定義が無いので、両者の違いを明らかにすることもできません。

以下、蛇足です。
宗教学上の分類では、宗教は世界宗教と自然宗教の二つに分けられます。世界宗教とは、開祖が実在し、教義がある宗教を指しています。これに対して自然宗教とは、教祖が実在せず、明確な教義を持たない宗教です。キリスト教や仏教、様々な新興宗教は前者に、神道や古代ローマの多神教などは後者に属します。
誤解しやすいことは、世界宗教は、世界中で信仰されている宗教を意味するものではない、ということです。例えば、ユダヤ教はユダヤ民族だけが信仰している宗教ですが、教祖の実在、教義の存在という定義を満たしているので世界宗教の一つです。世界宗教とは、特定の地域の自然環境や生活習慣と不可分に結びついている自然宗教とは異なり、世界中に伝播する可能性のある宗教という意味なのです。

質問との関連で言えば、民族宗教(おそらく特定の民族が信仰している宗教を指していると思われる)には自然宗教(例:神道)と世界宗教(例:ユダヤ教)の両者が含まれていることがわかるでしょう。特定の民族だけが信仰しているということは様々な歴史的経緯の結果であって、その宗教の内容とは関係が無いのです。

民俗宗教という用語は全く意味不明です。そもそも民俗とは、生活上の習俗を意味しており、宗教とは関係ありません。もしかすると自然宗教を指しているのかもしれませんが、最初に指摘した通り、このような用語は宗教学にはありません。

いずれも宗教学上の用語ではなく、タダの俗語なので正確な定義はありません。定義が無いので、両者の違いを明らかにすることもできません。

以下、蛇足です。
宗教学上の分類では、宗教は世界宗教と自然宗教の二つに分けられます。世界宗教とは、開祖が実在し、教義がある宗教を指しています。これに対して自然宗教とは、教祖が実在せず、明確な教義を持たない宗教です。キリスト教や仏教、様々な新興宗教は前者に、神道や古代ローマの多神教などは後者に属します。
誤解しやすいことは、世界宗教は、世界中...続きを読む


人気Q&Aランキング