最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

憲法に自衛隊明記するという、
いわゆる「憲法9条改正」についてです。
自衛隊の廃止を主張している者が
憲法9条改正に反対するのは当たり前だが、
極めて奇怪なのは、
自衛隊の存在を認めているのに、
憲法9条に「自衛隊」を明記することに反対している人たちです。
なんで自衛隊に賛成なのに、憲法9条に自衛隊を明記することに反対なのですか?
自衛隊の存在を認めているのなら、憲法に堂々と明記したらいいのに?
憲法に自衛隊を明記することの何が気に食わないのでしょうか?


(補足)

●憲法に明記しなくても自衛隊は存在しているのだから、
いちいち明記する必要はない。

➡「必要ない」ということは「反対」を意味しない。
「必要ない」と思う人には関係ない話である。
さて、憲法に書かれていない自衛隊が存在しているということは
事実上、日本国憲法をないがしろにしている行為であり、
法治国家としての「汚点」である。
日本国は憲法をないがしろにしていることを
世界に発信していることになり、世界に恥をさらしていることになる。
そんな異常事態を解消すべく、自衛隊を憲法に明記する必要がある。
繰り返すが、今までが異常がだったのだ。


●それでも憲法改正してまで自衛隊を明記する必要はない

➡憲法学者の少なからぬ人達が「自衛隊は違憲だ」と
唱え、国民の中にも戦力不保持の憲法9条と自衛隊との整合性に
疑問を持っている者がいる。
そんなあやふやな状況で自衛隊が存続しているのは
憲法を蔑ろにし、憲法の信頼性を損なう危険性があるので、
自衛隊を憲法に明記すべきである。
憲法に自衛隊明記されていなくても自衛隊が存在していることは、
「憲法なんてあってもなくても同じ」という、
「憲法不信」につながり、世界に向けて恥をさらすことになる。
この点から見ても、憲法に自衛隊明記することにメリットあり。
しかし「明記する必要はない」との一点張りの者は
かなりイイカゲンというか大雑把な性格の持ち主なんだろう。
そんな大雑把な者にいくら道理を説いても、馬の耳に念仏。



●あなたが何を言おうが、自衛隊明記は不要といったら不要なの!!
あなたが何を主張しようが、それはあくまでもあなたの主観に過ぎない。
あなたが何を言おうが、憲法に自衛隊を明記する必要はない。

➡こういう人物にどれだけ「自衛隊明記」の必要性を説いても、
「それはあなたの主観に過ぎず、自衛隊明記の必要性はない」と
言われたら、どうしようもない。
要するに、何があっても「自衛隊明記」には反対なので、
こういう者とは討論不能だ。
とにもかくにも、
「憲法に自衛隊を明記する必要はない」
それの1点張り。
だったら、自衛隊の明記に賛成なんかしなくてよい。
どうぞ無視していただきたい。自衛隊明記は関係ないことだから。

gooドクター

A 回答 (5件)

与党が推進することは何であっても悪いことだ、、、、立憲民主党

    • good
    • 2

現行の自衛隊を厳格に判断した場合、軍隊ではない。


国際社会で同様の判断をされると、自衛隊は軍隊としての正当な権利を失う。
例えば自衛艦が他国の領海内に入った場合、海賊として問答無用で撃沈されても文句は言えなくなる。
隊員が防衛戦闘の末に拘束されても、捕虜として正当な待遇も受けられない。
今の制度では自衛隊員の国際的地位が曖昧であり、これは国家として非常に情けない状態だ。
自衛隊が必要と主張するなら、彼らの身分を正当な物とする事がが先決だ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

心配無用。
自衛隊は外国で「Japan Self-Defense Forces」と英語表記されている。
「Japan Self-Defense Forces」とは「日本自衛軍」。
すなわち海外ではすでに「自衛軍」という軍隊と見なされている。
だから「自衛隊」を憲法に明記しても、
海外では正式な軍隊と見なされているので、
自衛隊明記に反対する理由はないはずだよww

お礼日時:2021/11/19 16:08

私の考えだけ、申し上げます。



現行憲法は、米軍によって、押し付けられた憲法です。
目的は、「日本の、武力の去勢」にあります。
GHQは、それほそ日本の再興を恐れたのです。

GHQは、日本の左翼を陰から保護し、日教組や全共闘などを
育成し、現在に至っています。

一方、中国等の共産主義国、朝鮮の反日国は、
「日本の去勢」を継続してほしいのです。

日本の左翼勢力は、共産主義国、朝鮮と裏で連携しており、
改憲に反対してきました。

時代が変わり、中国の脅威、朝鮮の横暴が顕著になって、
憲法の「不合理性」が表面化してきました。

自衛隊もその一つで、長年にわたる災害救助の実績から、
日本人の自衛隊への信頼は、確固たるものになっています。

日本の左翼勢力が「暴力装置」として蔑視していた
自衛隊は、その存在感を確固たるものにしています。

現在、大地震の災害やコロナ禍を経験して、現行の
日本国憲法に不備があることが、明白になってきています。

しかし、日本の左翼連中は、中国や朝鮮と繋がっているので、
日本が自衛隊を「合法化」するのが困るのです。

仮に、自衛隊の存在自体のみ合法化しようとも、「憲法改正」を
行った事実は、「次の改正」を暗示するので、左翼連中が、
死守してきた「牙城」が崩壊する事を意味します。

だから、必死に反対しています。

「何が悪い?」と聞かれると、答えられないので、
「安倍政権下では。」とか言い訳していましたが、
もう逃げ場はなくなっています。
    • good
    • 1

憲法に自衛隊を明記すれば、


自衛隊を維持するための法率が必要になります。
その筆頭が「徴兵制度」になるのです。
自衛隊は容認しても、徴兵制度は避けなければならない、
と言う事を言っているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんで自衛隊を明記したら徴兵制度になるのかね?
意味不明?
変なものを拾い喰いしたか?
まあいまどき、徴兵制なんぞ不要だ。
電子機器の軍事兵器ばかりなのに、
徴兵制の素人なんぞかえって足手まといだ。

お礼日時:2021/11/19 15:48

憲法9条は、本当は自衛隊も認めていないと思います。


でも玉虫色でOKだと強引に解釈しているのです。

そこに憲法9条に自衛隊を明記すると、さらに軍隊OKだと強引に解釈する人が出てくるでしょう。

だから明記には反対するのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

憲法に自衛隊明記したら、どうして「軍隊OK」になるの??
憲法には「自衛隊」を明記するだけだよ。
なんで「軍隊OK」になるの?・
頭を整理してから、モノを言いなさい

お礼日時:2021/11/19 15:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング