現在マンション暮らしですが、数年内に一戸建てを建てたいと思っております。
専門の方でも一般の方でご経験のある方でも結構ですので、広い意味でアドバイスいただければ幸いです。

ポイントとしては、
(1)都心と郊外の比較(メリット、デメリットなど)
(2)土地購入の留意点
(3)建物建築の際の留意点
(4)ローン、税金面など
(5)その他注意点

などかなと思いますが、その他なんでも大切と思われることは教えてください。
回答そのものではなく、勉強の仕方でも結構です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

(1)について


メリット・デメリットの条件比較で検討されることは基本的に大切なことですが、その後数十年を過ごす生活の場所ですから、感覚的に「こんな生活がしたいなあ」と漠然とイメージしてみることも大切なこと。案外それが正解だったりします。 将来の住まいを想像して、廻りを見渡してみたら結果的に都心だったり、少し田舎の景色だったり。「いいなあ!」と思った生活が手に入れば、多少のデメリットも克服できます。
近年、住宅用地の都市部と郊外の価格差も大きな差が無くなってきました。経済的には選択の余地が広がったと言えるでしょう。


(2)について
私は建築家ですが、今まで土地探しの手伝いもたくさんしてきました。経験すればするほど難しいことにもぶつかりますが、「こんないい土地が・・・」一喜一憂します。そこで一つアドバイス・・・・

土地を探し始めたら最低10ヶ所は足を運んでみてください。土地は、100%要望を満足するものはまずありません。一長一短があります。相対的に比較検討しながら決めるしか有りません。最初にいくら勧められても、「良い土地」を見ても良いのか悪いのか判らず意志決定が出来ません。幾つか見ていく打ちに予算に対しての相場感覚も頭に入り、「うん、これは値段の割にはなかなか良い土地だ」と思いきって結論を出すことが出来ます。

しかしながら、「土地」は専門家でなければ見抜けない複雑な内容を含んでいます。法的な権利関係。道路付きや排水の立地に関した問題。地盤の善し悪し地質・地形の問題。建物にどんな制約を受けるか建築基準法の関係。土地が安くても建てる建物に大きな制約を受けるのではよい買い物とは言えません。ぜひ、然るべき専門家の意見を聞いて最終決定をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱり土地はむずかしいですね。

お礼日時:2001/09/05 16:04

設計事務所を利用されることをお薦めします。


(2)土地購入の留意点
(3)建物建築の際の留意点
は特に役に立つと思います。
設計事務所を身近に感じてもらう為に、設計事務所のことをわかりやすく説明したページを下記に記入しておきます。

参考URL:http://www.aurora.dti.ne.jp/~yoneto/Whjimusyo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。設計事務所を利用するって、なんか海外に個人旅行する感覚に似てわくわくしますね。

お礼日時:2001/09/05 16:06

永住指向の強い一戸建ての場合、キーワードはやはり「バリアフリー」でしょうね。

質問者が住み続ける場合でも、また将来売却する場合でも、少子高齢化は避けがたい状況ですから、流通市場もそれがポイントになります。

従って、その様な配慮の元に土地選びをなさることです。具体的には、駅からの徒歩距離や道路面と敷地の高低差ですね。また、出来れば建築設計士に建物の設計監理を依頼し、将来を見通した建物を建築なさることです。設計費用くらいは工事監理で回収してくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分の今の年齢だけではなく、将来のこともかんがえるべきなんですね。家は「耐久消費財」ですものね。

お礼日時:2001/08/31 15:56

建築屋です。

。m(__)m

1)都心
メリット:便利が良い・資産価値が高い・優越感(笑)
デメリット:高い!!・施工時の騒音や近隣問題
(田舎者なので自信はないです。。(;^_^A アセアセ)
 郊外
メリット:地価が都心に比べて安い・都心より環境が良い・
デメリット:通勤・通学が大変かも
(住んでるのが田舎で何処でも「郊外」みたいなモノなので自信はないです。。)

2)
将来的に「増築」を視野に入れるなら余裕のある土地面積が必要です。
建坪率の緩和があるので「角地」が有利です。

3)
どの部屋が必要で、どのくらいの広さが欲しいか。
収納スペースは十分か。
コンセントの位置やスイッチの位置をよく考えて決める。
(模様替えの時に困ります)
断熱、遮音、結露対策は満足出来るレベルか。
(ココを削ると後悔することにもなりかねません)
業者と良く打ち合わせをして、自分の家のイメージをしっかり持っておく
建築の際に予算面等で変更を余儀なくされた場合に「譲れる部分」「譲れない部分」
を明確にしておく。

4)
銀行と相談するのが一番でしょう。
ただ、現在は改革の一環として『住宅金融公庫』が無くなるかもしれない状況なので
銀行さんもそれに変わる商品を出してくるでしょうから、その辺も話を聞かれると良いでしょう。

5)
一戸建てを建てると言うことは『城』を建てることです。
業者と一丸となって想い通りの家を建てるために頑張ってみてください。

余談:
でも、施工中、急に『ココは変更です』なんて言わないで下さいね。。m(__)m
そこで施工が止まってしまうので「事前の打ち合わせ」が大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。角地はだから高いんですね。

お礼日時:2001/08/31 09:19

 後悔しない家の建て方 という HPが あります♪


http://www.hashimoto-net.co.jp/juken/tatekata.html 

 また こんな本も あります♪

失敗しない家の建て方・選び方 宝島社文庫
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報