最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

電池式のおもちゃ(玩具)って減ってきてるんですか?そうなら何故ですか
いつまで位が電池式おもちゃが主流(?)だったんですか?又、
充電式がちょっとすごい(?)と言われていたのはいつ頃ですか?
タカラトミー、トイザらスなど。
2014年にスマホ型の玩具を買ってました。
2.3日持たずに電池を買いに行っていました。
今のガキも有り得ますかね?(無いならウザイ)

A 回答 (4件)

ボランティアでいろんなオモチャの修理をしています。



>電池式のおもちゃ(玩具)って減ってきてるんですか?
電池式のオモチャ自体の総数は減っていません。
もしこの質問の「電池」が、充電式でない乾電池(二次電池でなく一次電池)を指すのであれば、全ての電池式の中の割合として充電式の二次電池が増えているため、相対的に一次電池は減ってきている傾向にあります。
ですので、以降は充電式でない電池を意味する質問として回答します。

>そうなら何故ですか?
乾電池を購入したり交換したりする手間と経済性でしょうね。

>いつまで位が主流?
これまでの充電式電池の進化の過程(進行形です)で、長期間で変遷してきているため、ココまでが主流と線引きすることはできません。
初代ゲームボーイとかミニ四駆とかウォークマンとかデジカメ等のおよそ30~35年くらい前の時代、乾電池の電力消費の不経済性からニッカドという充電池が急速に普及しました。
その後、ニッカドの容量不足やカドミウムの有毒性もあり、ニッカドはニッケル水素へと置換されて行きます。エネループやダイソーの充電池など現在でもあるものです。
取扱いが簡単なニッカドやニッケル水素ですが、これらは定格が1.2Vのため電圧値としては乾電池に劣りますし、放置すると劣化しやすい欠点もありました。
さらに携帯電話等で使用されていたリチウム系の充電池が普及してくると、小型軽量で容量が多いため、ドローンや電動アシスト自転車などに多用されるようになります。反面、蓄えられるパワーが大きい分、取り扱い上の事故は大きな被害となります…

>充電式がすごいと言われていたのはいつ頃?
それは感覚的な評価なので、なんとも…^^;
まぁリチウム系が出てきた頃は、小型軽量ゆえの用途や可能性が広がり、機器自体の大きな変化点だったことは否めません。

>タカラトミー、トイザらスなど
前者はメーカー/後者は販売店です。

>今のガキも有り得ますかね?
これはちょっと意味が分かりませんでした…

>スマホ型の玩具・2.3日持たずに電池を買ってました。
保護者側の観点から、遊び過ぎ・充電作業の危険性など、乾電池の方が都合の良い物もあったりします(特に若年層向けの商品)。
電圧の問題もそうですが、管理する上で乾電池の方が便利なケースや、充電化による製品の価格高騰を避けるといった様々な思惑があるかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2021/11/29 23:23

No.1です。

充電式も二次電池ですから、電池式は減っていません。
    • good
    • 0

運用コストの理由で、内臓充電式電池に移行しているのでは。

ラジコンやドローン、ゲーム機はほぼそうでしょ。
    • good
    • 0

30年前ならモーターで動くおもちゃが全盛でしたが、電子式のおもちゃがだんだん増えてきました。

なんらかの電池を使うおもちゃは、減っていないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今は充電式じゃない?

お礼日時:2021/11/23 20:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング