教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

実家を相続する場合のメリットとデメリットを教えて下さい。

gooドクター

A 回答 (4件)

実家、すなわち家というのは、土地も合わせて考える必要があります。


必ずしも自己所有の土地の上にある建物ばかりではありませんが、そういった場合も状況把握のため必要なことです。

土地や家屋については、当然固定資産税が課されることとなります。
土地については固定資産税のほか地域により都市何チャラ税のようなものも課されます。
相続するということは、所有者になるということですので、税負担が生じます。
さらに相続はなくなった方から得る行為ですが、無くなった方の名義をあなたの名義に変えるにも、登記変更の手続きが必要となり、登記変更の手続きにも費用が掛かります。

土地や家屋は、管理することが必要となることでしょう。住まなくなった家屋などは、劣化などが早いと言われます。将来的に利用を考える場合には、主膳その他管理をしないといけません。壊れたままですと、風や地震の影響で他の人へ被害が出ても責任を負わされることもあるでしょうし、近隣の方からの苦情にもつながります。
土地については、草刈りなどの管理も大事ですし、放置していると不法投棄をされかねません。定期的な訪問と草刈、ゴミ拾い、必要であればフェンスを立てるなどが必要となるかもしれません。

実家に対する事柄に何があるか次第ではありますが、実家として行ってきた親戚付き合い、法事ごと、お墓の管理などもついて回る家もあると思います。お墓は基本相続税も固定資産税などもかからないものではありますが、どなたかが引き継ぐ必要があり、それが実家の跡を継いだ、相続した人と結びつかせることもあるでしょう。お墓によっては、お寺と檀家の間柄の付き合いもあることでしょう。
    • good
    • 1

不動産価値によってメリットとデメリットが変わります。


不動産価値が低ければ、維持費、名変費用や相続にかかわる費用の負担がデメリットになるでしょう。
不動産価値が高ければ、固定資産税負担がさらにコストとして掛かります。

お金にならない不動産って持っていても負担となるだけ。
売るか、貸すか、自分で使えばメリットですね。
    • good
    • 1

相続しないで済むなら、しない方がよいでしょう。


得られる利益より煩わしい作業が多分上回ります。
    • good
    • 1

土地、家屋、その他の資産増えると同時に固定資産税や、親御さんの介護、代々続く家を継承する重み



やら、町内、消防などへの気遣い
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング