先日、「ジョゼと虎と魚たち」を読みました。田辺聖子さんは初めて読んだのですが、
まったりとした大阪弁なのにとても洗練された大人の恋愛が描かれた短編集で、
センスが良くてすごくひきこまれました。
ほか、田辺聖子さんのそういう感じの短編集を引き続き読みたいと思っているのですが、
著作が多くて選びかねています。皆さんのお薦め本を教えて下さい。
できたら現代ものの短編集がいいのですが、古典ものもエッセイも
評判がいいようですので、お薦めならジャンル問いません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

心に染みる作品が多くて、


お勧めを選ぶのにも悩みますね。
短編集ならば旧い作品ですが、
「孤独な夜のココア」とかがいいかもしれません。

※蛇足です。長編ですが私が大好きなのは、
「言い寄る」
「私的生活」
「苺をつぶしながら─新・私的生活」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「孤独な夜のココア」、本の紹介を探して読みましたが、思っているものに近そうでした。早速探してみようと思います。
あと、以前にちらっと調べたんですが「言い寄る」「私的生活」は続きものなんですよね?↑にある順番で読んだらいいんですよね。長編も面白そうだなあ・・

(とか言っていたら皆さんがご紹介下さった本を全て買ってしまいそうです・・(笑))

お礼日時:2005/03/15 16:11

こんばんは。


少しずれるのかもしれませんが、
新潮社が行っている、「音の本棚」、エスエスウェブ
というサービスがありまして、
その中で田辺聖子さんの講演を聞けます。
「源氏物語」、「竹取物語」から林芙美子まで田辺さんの視点、観点で、素敵なお話の宝庫です。
また、田辺さんの声が表現豊かなのです。
本当に勉強になり、楽しめましたので
御紹介したく、メールを書かせて頂きました。
もし御参考になれば。

https://ssweb.ne.jp/

参考URL:https://ssweb.ne.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなサービスがあるんですねー。知りませんでした。面白そう・・・
田辺さんの講演、1ヶ月で聴きつくせるもんでしょうか?(と、代金をけちろうとしています。)
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/03/17 01:34

再び#3です。


そうです、
三部作と言われている順番でカキコしました。
私見ですが、
「私的生活」を最初に読んでから他の2作(どちらでも)、
という順番が楽しめるかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですか。じゃあ読むときはその順番で読んでみます。補足ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/17 01:32

ごめんなさい、古典です;


でも田辺さんの古典はとても読みやすくて綺麗な文章なのでお薦めしときます。

『舞え舞え蝸牛(かたつむり)』
「落窪物語」という古典をもとにしたお話です。
この本(舞え舞え蝸牛)を簡略化したものとして『おちくぼ姫』もありますが、私は『舞え舞え~』の方が面白いです。
ストーリーは平安時代版のシンデレラって所です。
高校の図書館にあったのですが、3年間で一番多く借りて読みました。そりゃもう、何度も何度も。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167153 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も読まれたんですか。すごいですね。私も高校生のときにそういう本に出会えていれば古典の授業も楽しかったに違いないです。惜しいことをしました・・・
どうもありがとうございました。

皆様のおかげで古典ものにも俄然興味がわいてきました。
短編1冊、古典2冊、長編1冊くらい買ってしまってもいいかなーって気になっています。
引き続き、教えてもらえると嬉しいです。

お礼日時:2005/03/16 11:06

短編集でもなく、現代物でもないですが、いいでしょうか?



 「私本・源氏物語(文春文庫)」「新源氏物語(新潮文庫)」「霧ふかき宇治の恋(新潮文庫)」「むかし・あけぼの(角川文庫)」なんかはどうでしょう。田辺さん特有の、はんなりした文章で、源氏物語や枕草子を分かりやすく読みやすく、ちょっとアレンジして描かれています。非常に面白いです。学生時代に通学電車の中で読んだのですが、ニヤニヤしてしまいました。
 田辺さんの古典物は他にもイロイロありますが、かなり面白いですよ。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

古典もの、面白そうですねえ。とりあえずこの4作が基本って感じでしょうか?源氏物語をまず読んでみようかな、と思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/15 15:07

田辺聖子さんの長編ものの古典なんかも独特の訳し方で面白いですよね。




短編物でお勧めなのは
金魚のうろこ
1992年・集英社(集英社文庫) ですかね^^;

七作品の中の「金魚のうろこ」は結構いろんな意味で田辺ワールドが炸裂していたように感じられる作品でしたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学生の男性の一人称らしいですね。面白そうかも。古本サイトで探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/15 14:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q田辺聖子の「文車日記」

田辺聖子さんの「文車日記」の内容が知りたいです!
あらすじを教えて下さい!!

Aベストアンサー

この本は約66項目に渡り古典作品についての思いを記した古典についての随筆です。従って作者はあとがきでこう述べています.「私はこの本でとりあげた古典作品を年代順にならべませんでした。それは、古典への入門とか手引きとか啓蒙書を作る意図で書いたものではなく、文字通りきままな古典散歩をしてみたかったからです。」従って読み手の方も気楽に読み進めますどの項目から開いても完結しますから、文字通リ散歩気分で読み進めます。文体も聖子節の平明、簡素でお若い方々にも抵抗なく読み進めます。因みに[文車]はふぐるま、または ふみくるま といい宮廷の屋内で書類や本を運ぶ御所車ににた小さい運搬車といったものです。ご参考まで。

Qお薦めの日記、エッセイ(notフィクション)

お薦めのエッセイや日記などがあったら教えて下さい。
幸田文さん、須賀敦子さん、メイ・サートン、高峰秀子さん、向田邦子さん、
白州正子さん、朝吹登美子さん、石井好子さん、岸本佐知子さんなどが好きです。
静かに、しっかり自律して生きていて、でもユーモアがある女性の作品、
きちんと生きたいなあと力づけられるような作品が嬉しいです。

Aベストアンサー

ベティ・マクドナルド
『卵と私』 『仕事と私』
『病気と私』 『暮らしと私』

晶文社 から 滝口 直太郎 さん
猪熊 葉子 さん の 名訳が
出ていた のですが、最近は
あまり 見かけません。

それから エッセイ風 の 語り口
で 心に残る 短編を 綴った

ローリー・ムーア
『アメリカの鳥たち』

母となられ、生まれた お子さんが
重篤な 病いに かかられていることが
判明されて からの この 短編集は
「その 体験を 書けば よい」 という
ような ことを 言われた 時の
胸を えぐる ような 苦しみを
乗り越えながら 形作られています。

同じく 短編集 なのですが、

グレイス・ペイリー
『最後の瞬間のすごく大きな変化』
『人生のちょっとした煩い』

この 3人の 女性は 世代を超えて
忘れられない 作家と なられる かと

もう一人、英国の 児童文学者の
短編集で、子供と 子供を 巡る 大人の
心を 綴ったら、この方の 右に 出る
方 は いない の では という

ジャン・マーク
『こわいものなんて何もない』
『バスにのらないひとたち』
『てのひらに毛がはえるとき』  も。

最後に、米原 万里 さん の
エッセイは、 かつて 新聞紙上に
連載されて おられた のを 楽しみに
読んでいた だけ だった の ですが、
まとまった もの も 出されて
おられる よう なので、
読みたく 思って おります。

短編集が 多く なりましたが、もしも
まだ お読みに なられて いらっしゃらない
ものが ございましたら、いかがでしょうか。

ベティ・マクドナルド
『卵と私』 『仕事と私』
『病気と私』 『暮らしと私』

晶文社 から 滝口 直太郎 さん
猪熊 葉子 さん の 名訳が
出ていた のですが、最近は
あまり 見かけません。

それから エッセイ風 の 語り口
で 心に残る 短編を 綴った

ローリー・ムーア
『アメリカの鳥たち』

母となられ、生まれた お子さんが
重篤な 病いに かかられていることが
判明されて からの この 短編集は
「その 体験を 書けば よい」 という
ような ことを 言われた 時の
胸を えぐる ような 苦しみを
乗り越えながら...続きを読む

Q田辺聖子さんの本でお薦め教えて下さい。

先日、「ジョゼと虎と魚たち」を読みました。田辺聖子さんは初めて読んだのですが、
まったりとした大阪弁なのにとても洗練された大人の恋愛が描かれた短編集で、
センスが良くてすごくひきこまれました。
ほか、田辺聖子さんのそういう感じの短編集を引き続き読みたいと思っているのですが、
著作が多くて選びかねています。皆さんのお薦め本を教えて下さい。
できたら現代ものの短編集がいいのですが、古典ものもエッセイも
評判がいいようですので、お薦めならジャンル問いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

心に染みる作品が多くて、
お勧めを選ぶのにも悩みますね。
短編集ならば旧い作品ですが、
「孤独な夜のココア」とかがいいかもしれません。

※蛇足です。長編ですが私が大好きなのは、
「言い寄る」
「私的生活」
「苺をつぶしながら─新・私的生活」です。

Qヴェネツィアのエッセイや写真集。

最近、天野こずえの「ARIA」というマンガを読んでヴェネツィアに興味があります。
何かヴェネツィアの風景写真集やエッセイ、小説でオススメがありましたら教えて下さい。
ただ、歴史や芸術にはあまり興味がないので、それ以外で何かありましたら・・・。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こちらはいかがでしょう
ヴェニス 光と影―ヴェニスに漂う“死の予感”と“官能の名残り”
吉行淳之介(紀行文)、篠山紀信(写真) 魁星出版
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4312010056
「ヴェニス 」篠山 紀信 新潮社 (1981/01) は絶版ですが
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4103262028

Q田辺聖子著「風わたる高殿」

田辺聖子著の短編「風わたる高殿」が収録されている本を探しています。
「隼別王子の叛乱」の元になった本だと聞いていますが・・・

Aベストアンサー

著書リスト(ファンの方作成)の初期のものをみても、
それが入っているものはみつからないですねぇ。
大阪の方にいらっしゃるのでしたら、
田辺聖子さんがお書きになっていた同人誌
(大阪文学じゃないですね…中公文庫のあとがきに
初出誌が載っていたと思います。「航路」かな?国会図書館にはないようです)
を図書館、大学図書館等で探される方が早いと思います。

あとは、田辺さんが通ってらした、
大阪文学学校に問い合わせてみるとか…
http://www.osaka-bungaku.or.jp/200guide.html

QSFで面白い短編集を教えください

国内海外問わず、SFの短編集やアンソロジーで面白い本を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テッド・チャン 『あなたの人生の物語』
ケリー・リンク 『マジック・フォー・ビギナーズ』
『スペシャリストの帽子』
コニー・ウィリス 『マーブル・アーチの風』
『最後のウィネベーゴ』
アーシュラ・K・ル・グィン 『内海の漁師』
テリー・ビッスン 『ふたりジャネット』
マイケル・マーシャル・スミス
『みんな行ってしまう』

Q田辺聖子さんと「カモカ」のおっちゃんは再婚?

 「芋たこなんきん」でお馴染みの田辺聖子さんについてですが、
最近「ああ、カモカのおっちゃん」という本を読んだのですが、「カモカ」のおっちゃんと結婚する前に田辺さんには夫がいたのでしょうか?
 そのような文章がちらほらあったので、勘違いなら良いのですが、何かご存知の方いましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

「ああ、カモカのおっちゃん」は「しんこ細工の猿や雉」と同様、田辺聖子さんの自伝に限りなく近いながらも一応「創作」です。自伝「的」小説なので、そういう矛盾点も出てくるのかと思います。

↓の「ああ、カモカのおっちゃん」の項をご参照ください。

参考URL:http://ww82.tiki.ne.jp/~tsutsui-saci/14nenkansoubun.htm

Q司馬遼太郎の短編集のタイトルがわからなくなりました

こんにちは。
GWに岡山県に行きました。
備中高松城址を見てきたのですが、たしか司馬遼太郎さんの短編で秀吉による高松城の水攻めを扱ったものがあった気がします。
文庫本で読んだのですが、清水宗治公の切腹の場面が印象的で、もいちど読みたいのですが、タイトルがわかりません。
思い当たる方いらっしゃったら教えてください。
「播磨灘物語」や「新説太閤記」でも水攻めについてはかかれていますが、短編か中篇で、篭城がわの視点からかかれていた気がします。

Aベストアンサー

こんにちは、色々探していたのですが見つかりませんでした。司馬遼太郎作ではないのですが、篭城サイドからの視点で書かれた物を見つけました。
「新釈備中兵乱記」加原耕 作、山陽新聞社 

Q田辺聖子さんの作品名

田辺聖子さんの作品で宝塚南口について書いている作品があったと思うんです。

大橋を越えるとそこには夢のような世界が広がっていた

みたいな書き出しだったと思うんですけどσ(^_^;)

曖昧な表現ですみません

もしこの本のタイトルが分かる方タイトル名を教えてください!

お願いします(*- -)(*_ _)

Aベストアンサー

田辺さんのかいた本で宝塚に関係する話は『夢の菓子をたべて』があったと思います。かなり昔に読んだので、質問にある「大橋を越えると~」というフレーズがあったかどうかは覚えていません。(本当にごめんなさい)

参考URL:http://www.bk1.jp/product/2632715?partnerid=02goo03

Q赤川次郎さんの短編集について

僕は赤川次郎さんの短編集を読破しようと思っています
今まで読んだ本で
駆け落ちは死体とともに、ポイズン毒、世界は破滅を待っている、上役のいない日曜日、ホームタウンの事件簿、踊る男、勝手にしゃべる女、湖畔のテラス、怪奇博物館、告別、回想電車、手首の問題、一億円もらったら、散歩道、不幸,買います-一億円もらったらII、拒否する教室、秘密のひととき、日の丸あげて、間奏曲、深夜の見舞い客、記念写真、殺人を呼んだ本、幽霊屋敷の電話番、遅刻して来た幽霊、さびしがり屋の死体、ふしぎな名画座、輪舞-恋と死のゲーム、家族カタログ、昼下がりの恋人たち、素直な狂気、恋占い、さよならをもう一度(計32、順番がばらばらですが)
があります。
赤川さんの短編集は何冊あるのでしょう、まだ読んでない本は何でしょう。
教えてください

Aベストアンサー

・角川文庫

孤独な週末、一日だけの殺し屋、冬の旅人、名探偵はひとりぼっち、本日は悲劇なり、恋愛届を忘れずに、哀しい殺し屋の歌、おとなりも名探偵(三毛猫ホームズ、三姉妹などシリーズ人気キャラ勢揃いの短編集)

・角川ホラー文庫

黒い森の記憶、滅びの庭、恐怖の報酬

・講談社文庫

真夜中のための組曲、二人だけの競奏曲(競作)

・集英社文庫

一番長いデート

・新潮文庫

復讐はワイングラスに浮かぶ、砂のお城の王女たち

・光文社文庫

遅れて来た客、行き止まりの殺意、いつもと違う日、仮面舞踏会

・幽霊はテニスがお好き

古い作品ばかりで申し訳ないんですが。
中には絶版になってしまった本もあるかと思います。


人気Q&Aランキング