教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

日本の法律では、結婚をする時は、相手の先祖や家柄など社会的価値を考慮すると違法になり、学歴や現職、職位など個人的価値があるかどうかを問題にするなら合法なのでしょうか?
親が反対して破談となった場合、なぜ親が反対したか、その反対理由に違法性がないかを周りから尋問や詮索、検証されるケースもあるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 法が『両性の合意』と言及しているのは、紛れもなく、反対理由によって結婚差別となり得るかを否かを、第三者機関や法律が、客観的に監視しているわけですよね。反対理由をしつこく聞いてくる人は、違法性を追究や問題視してくるようなニュアンスの事を言ってきますが、スパイだったりするのでしょうか?

      補足日時:2021/11/24 23:23

A 回答 (4件)

日本の法律では、結婚をする時は、相手の先祖や家柄など


社会的価値を考慮すると違法になり、
 ↑
なりません。
個人の自由です。



学歴や現職、職位など個人的価値があるかどうかを
問題にするなら合法なのでしょうか?
 ↑
これも合法です。



親が反対して破談となった場合、なぜ親が反対したか、
その反対理由に違法性がないかを周りから
尋問や詮索、検証されるケースもあるのでしょうか?
 ↑
現実にはあるでしょう。
娘がホームレスと結婚する、なんて
言いだしたら、普通の親は反対します。

ただ、これは法の問題ではありませんね。

脅迫したり騙したりした場合は
法の問題になり得ます。
    • good
    • 1

ここで『両性の合意』と言っている法というのは憲法のことですよね。


憲法が縛るのは、国民ではなく国です。
なので、国が邪魔をする事はないです。

国が婚姻に他の思惑を織り交ぜるような法律を作ったなら、それは憲法違反になります。

現状では家柄や社会的価値を問題について言及した法律はありません。


つまり、家柄や社会的価値を問題だと言う人がいても両性の意思で結婚することができます。
両親が反対していても、法的に責任能力がある両性が届け出れば、普通に受理されて婚姻関係が始まります。

周りが反対するかどうかは、思想の自由です。

両親の地位や財は両親のものです。
当人たちがそれを目当てにするのであれば、「話し合う」事ができます。

話し合いで解決できないのであれば、両親とは縁を切り、両性の力だけで生きていく道を選ぶ権利も持っています。
    • good
    • 2

家柄や社会的価値を問題にしても違法ではないと思いますよ。

合法もないと思いますよ。
親が反対した理由を回りがとやかく言われる筋合いもないでしょう。
    • good
    • 1

こんばんは



何を考慮しても違法にはなりません。

また、親が反対しても違法にはなりません。

日本は自由の国ですから。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング