最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

【顕正会に質問】
浅井昭衛・甚兵衛のドス黒い欲望を満たす為に、国立戒壇が使えると思って試練と忍従の歴史に無かった国立戒壇を想いついたんですか?
【見解】
試練と忍従の歴史には、我が儘で頑迷な浅井昭衛の美化した詐りの歴史が踊っています。
この本に有るように、これ迄の身勝手な主張が通らなかった、今までの鬱憤を晴らす絶好の好材料として思い付いたものが、【歴代法主上人を盾にした国立戒壇】であります。

試練と忍従の歴史に隠された、浅井甚兵衛・昭衛親子の【謗法行為に当たる身勝手な所属移転】を繰り返した経緯が日蓮正宗信徒とては、あるまじきそのドス黒い欲望と、宗教家とはあるまじき、度の越えた14誹謗の数々、悉く宗門側からの諌めの末、浅井甚兵衛・昭衛にとっては長年煮え湯を飲まされてきた想いを、いつか返してやろうとして思い付いたのが、伝家の宝刀・国立戒壇であります。

開目抄(新編P537-17貢)
”八箇年の経は四十余年の経々には相違せりうとも【先判後判の中には後判につくべし】ということも”として、機根未熟への未確認だった釈尊が、法華経を説く前に高等な華厳経を説いたことに対して、先判(華厳経)後判(法華経)であるが、後判(法華経)につくべしと説いた日蓮大聖人の御金言を知らずにいる浅井昭衛は、教義に暗い事によって、【日蓮正宗の化義は、前代よりも当代の仰せに重きを置く】事すらも知らず、遂に【宗門僧俗も歴代法主上人の仰せだったら刃向かえないだろう】と、【日蓮大聖人の血脈を受け継ぐ御法主上人の仰せを破壊してでも国立戒壇によってドス黒い欲望を満たす為と、自己顕示欲を満たす為に、何も知らない純粋な顕正会員をも道連れに謗法路線を突っ走るのであります。

A 回答 (1件)

貴重な意見として承り、


今夜の検討課題と致しますッ!
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング