教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

【顕正会に質問】
日寛上人の臨終用心抄

『一、他宗謗法の行者は縦ひ善相有りとも地獄に堕つ可き事』

を知らずにですよ、顕正会作成ニセ本尊を拝んでいたとしても、顕正会員の亡くなった方が善相だったから良いではないかと、実際に見た人が居るそうですが、そこ迄してでも顕正会を擁護したくなる思考回路なんですか?

【見解】
顕正会館には、日蓮正宗宗門の記録に無いサイズの、日布上人大幅御形木本尊と謂われるニセ本尊があります。
自宅拠点の御本尊は、【実際の日寛上人の御本尊をコピー115%大に引き延ばした、偽物本尊であります】が、それを拝んで【仏界など有りもしない】のであり、又、念仏者よりも永く無間地獄に堕ちると謂われる顕正会の信仰であります。

にも拘らず、駅などでの配布チラシには、日蓮正宗の教義をパクリ、成仏の相についてであるとか、顕正新聞では、死後の相について善相であったと踊っておりますね。

そもそも顕正会では、ニセ本尊ゆえ【四聖】の内の仏界は有り得ないのですから、精々、【菩薩界止まりの善相ではないか】。
従って、【遺体に白色の相があったところで、顕正会では成仏したと言う事にはなりません。】

初心者顕正会員は、早急に、独自調査が求められます!!

A 回答 (2件)

貴重な意見として承り、


今夜の検討課題と致します。
    • good
    • 2

本尊なんかに拘っているようでは、どちらも「ニセ仏教徒」だ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング