最新閲覧日:

会社の定期検診では、婦人病の検診は30代から、ということで
普通の検診のみでした。
最近20代でいろいろな婦人病の症例が出ているし、自分で検診に行ってみよう・・と思います。
でも、検診の種類にはどのようなものがあるんでしょうか?
例えば病気にも、「子宮ガン」「子宮内膜症」とか、いろいろありますよね?
一通りパックになっているような検診ってあるんでしょうか?
また、個人で受信する場合には保険は適用されるのでしょうか?
全く初めてのことでどきどきしています。
是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

女性特有の疾患のための検診には、あなたがおっしゃっている女性内性器の検診以外に乳がん検診があります。

これらは一般に行われている健康診断にオプションとして選択する事ができるようになっているものが多いのですが、検診実施機関ごとにメニューが異なりますので詳しくは行こうと思っている医療機関に直接お問い合わせされた方がよいと思います。

(補足および注意事項)
本来、健康診断には保険適応がありません。
健康保険では「自覚症状および従前の検査結果での異常」によらない検査には保険金を支払わない規定になっているからです。ですから検診の結果、異常があったからといってさかのぼって健康診断の費用にも保険が適応されるということは絶対にありません。もしそれをしている医療機関があれば、それは「カルテの改ざん」とともに「保険金を詐欺」しているということになります。(カルテを改ざんしないと査察で暴露しますし、こういった方法で健康保険組合からお金を支給されることは詐欺行為と規定されています。本人の訴えもないのに勝手に「下り物が増加」などと書き込む行為も同じです。)こういった不誠実な医療機関は「患者にも不誠実なことをする(または必要があればする)ところ」という認識を持ってください。脱線しましたが、一部の回答の中にそのように危惧される内容のものがありましたので、あえて書かせていただきました。
    • good
    • 1

定期的に、子宮癌検診受けてます。


病気でないと、保険がきかないので、健康で検診を受けるとしたら、自費になります。男性社会らしく婦人科は保険がききにくいと、私のかかりつけの婦人科の先生は嘆いていました(女性の先生です)。最近特に保険適用については厳しいみたいですものね。

私はひっかかったので、そんなに高くなかったのですが、何も異常がなければ保険は適用されません。子宮癌検診ははじめは軽い検診で、問診(自覚症状)とか内診とかエコーで、それにひっかかると、細胞診という再検査(精密検査)をします。細胞診は設備がある産婦人科でないとできないので、再検査は他の病院を紹介されることがあります。(私はそうでした。紹介状があれば、初診料が安くなります)参考程度に、ですが、細胞診は子宮内部の細胞を少しひっかいてとって、それを顕微鏡で見るようでした。

私は総合で検査をしてもらったので、血液検査もしました。貧血でひっかかったので、それも保険適用で少し安かったです。肝機能とか腎機能とかも調べてもらいました。子宮内膜症とかは特別な検診なしに、エコーで影が写ったり、生理の出血が多いとか、生理痛がひどいとかの自覚症状があったりします。おりものを検査して、調べたりもします(性病系もそれでわかります)子宮外妊娠は妊娠検査薬で反応がでるようです。妊娠反応があるのに、子宮に陰がない場合、どこか違うところ(卵管など)にあるかも、と調べてくれるようです。ちなみに妊娠検査薬を買って調べると、薬局では1000円程度だろうと思いますが、妊娠に関しては保険はきかないので(中絶費用と同様に病気ではないのできかないみたいです)病院での妊娠検査は3000円くらいかかると思います。

産婦人科で先生とよく相談してみるのがいいと思います。一度の検診でいっぺんに調べられることは調べてもらえるほうが、安心ですよね。検査項目が増えれば、料金はあがるかもしれないし、その辺は先生に相談してみてください。もしもめったに婦人科に行かないのだったら、いい機会だと思っていろいろ先生に心配を相談してみるのもいいかもしれませんね。私はピルを飲もうと思って、産婦人科に行ったところ、検査してからでないとダメだと言われて、その検査で異常が見つかりました。ピルは保険がききません。

余談ですが、私の子宮癌検診の結果は、子宮体癌ではなく、子宮頸癌の疑いがあったのですが、1年間定期的に検査して、なくなりました♪心配ないですよ。
異常がないといいですね!!
健康はお金に変えられませんものね!
質問に関係ないことをダラダラ書いてしまってすみません。参考程度に。
    • good
    • 2

健診機関に勤めている者です。


みなさんおっしゃるとおり、健診は保険の対象外ですし、
実際の自覚症状が出ているようでしたら
婦人科に直接行かれた方が金額的にも少なく済むとおもいます。

ただいきなり病院にいくというのが抵抗があるようでしたら
その定期検診をされたところに、お願いするというのも手ですね。
健診機関で受診する場合、各健診機関にて値段は違いますし、乳癌健診とセットになって割安なコースを用意している所もありますので、一度問い合わせて見てください。
その際会社で一度健診を受けている訳ですから、もし抵抗がなければ会社の健診担当者から健診機関に問い合わせてもらえば、若干の値引きもしてくれる可能性があります。

それでは。
    • good
    • 1

婦人科に限らず、ただのドックや健康診断では適用されません


パックになっているものはドッグなので適用はされません。
自覚症状があり、病気の診察の場合は適用されます、
その際、症状を詳しく説明し、基礎体温表持参で行くとスムースです。
一通りは診察してくれますので安心して受診してください。
    • good
    • 1

 婦人科検診とは、通常「子宮ガン検診」のことです。

乳ガン検診を含んでいる場合と、別の場合があるかもしれません。
 会社の定期検診は、保険適用外です。なぜなら、検診を受けるのは「病気」では無いからです。なお、検診を受けて「通院が必要」と診断されて通院する場合は、今度は病気ですから、保険が適用となります。

 個人で受ける場合は、健康診断の「婦人科検診」を受けると、上記のように保険適用外となりますが、「最近具合がおかしいので・・・」という理由で受診すると、保険適用となりますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

知りたいことに全部答えていただきました!ありがとうございます。
実はここしばらくちょっと下腹部が痛くて、それも気になって受診しようと思っていたんです。
でも保険が適用されないといくらかかるんだろう…と思っていたので、安心しました。
早めに受診しようと思います。

お礼日時:2001/08/30 17:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報