冬物クリーニング最大49%OFFはコチラ

11月26日放送の羽田美智子のいってらっしゃいで、”ワシントン大学の心理学の名誉教授、ジョン・ゴットマンさんは長年にわたって、夫婦の関係や結婚生活について研究されています。
そんなゴットマンさんによりますと、将来離婚してしまう夫婦の会話には、
必ず4つのパターンが見受けられるそうです。
その①『軽蔑』。相手を軽蔑するような発言をする。

その②『非難』。相手の人格攻撃をする。

その③『自己弁護』。責任のなすり合いをする。

その④『逃避』。問題にキチンと向き合わない。

言われてみれば、確かにそうですよネ。
この中でも一番、夫婦の間の障害になるのが『軽蔑』で、

例えば“そんなこともできないの?とか、”
との紹介がありましたが、かなり高確率で当たっていると思いませんか?

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

前夫との関係、全て当てはまりますネ。


近いうちに縁を切ろうと思っている兄との関係にも。
    • good
    • 0

そんなもの研究しなくても分かっていることです。

それを言うなら、①~④までの言葉をもっと具体的に説明出来なければダメです。そして、何故そういう言葉が夫婦間で交わされると離婚に繋がるのかもです。

ただ、単語を並べただけの話なら、世の中の夫婦のレベルは様々です。軽蔑しながらもそう言う言葉がお互いを認め合っている、やり合うことで相手を認め合っている夫婦もあるという事です。そういう夫婦は言葉遣いが普段から荒い地域で生まれ育った人に多いです。

最初に戻りますが、何故相手を「軽蔑」する様な言葉を言うと離婚に行き着くのかです。こういう説明が無ければ何の意味もありません。軽蔑も非難も自己弁護も逃避も誰でも、どんな夫婦でもあります。それが、許せなくなるので離婚に繋がるのでしょう。大好きな配偶者の言う無理難題は許せる。他の人なら許せない。と、言う気持ちが働くのも夫婦です。こういう夫婦は離婚に行き着きません。

所詮心理学レベルの話です。行動の類型で心理を探ろうとしているのですからとても無理のある話です。週刊誌レベルの話ですね。
    • good
    • 0

私はそれぞれ①~④すべてに納得がいきますね。

全部やられてるので(笑)

わたしが一番辛いなと思うのは④かな?こっちが一歩踏み込んでも、向き合わず一歩も二歩も逃げ出す人。
    • good
    • 0

というか、これって夫婦に限らず、人間同士の会話としてやったらいけないことですよね。


クラスや職場でこんな会話パターンの人は嫌われるはずです。

要は性格悪い人同士が猫被って結婚した夫婦とか、無神経で頭悪い人同士が自覚ないまま結婚した結果、そういう会話になり離婚になるんだろうなと思います。
    • good
    • 1

そうですね。


互いに尊敬がなければやっていけませんので。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング