教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

野草を海に沈めたら呼吸できなくて枯れますよね?逆に海草を陸地にもってきても枯れると思います。なにが決定的に違うのでしょうか?

A 回答 (3件)

一番大きな違いは維管束と表皮。



維管束は重力に対抗して立っているのに必要な構造。
でも海中では浮力が働くから必要ない。

表皮は乾燥から生体を守るための大事な組織。
でも海中では無用の長物。
海中ではむしろ水を含めて、海水との物質のやり取りを活発に行えた方がよい。
たとえば塩分の能動輸送。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

維管束と表皮ですか。

お礼日時:2021/11/28 19:06

No.1の物です。



すみません、海草と野草でしたね。

■海藻と海草の違い
・海藻と違い、『花』が咲くかどうか
海草は、海の中で育つ種子植物。特定の時期がくると海の中でも花を咲かせ、そして種子を作って、子孫を増やします。
海草は、葉・根・茎の違いがはっきりしている一方で、海藻はこの根や茎の区別がはっきりしていません。
陸上の植物は、もとは海藻から進化した生物といわれており、陸上の植物が再び海のなかで生きられるように進化したのが、海草なんです。

他にも、色々と書かれていますので、先ほどのリンクを読んでみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました

海草は陸地の植物が進化して戻ってきたんですか。クジラみたいですね!

お礼日時:2021/11/28 19:08

こんばんは。



興味があったので、検索してみました。

結構違うみたいですね。 下記は、一部ですが、
海藻の体の特徴としては、葉・茎・根の区別がつかないということが挙げられます。植物は土にはやした根から栄養を吸収しますが、海藻には根のような器官はなく、岩場に体をくっつけるため固着の機能しか持っていません。海のなかでは、この固着機能を使って主に岩場にひっついています。

詳しくは下記リンクを参照して下さい。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/article/E1597 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

リンク先を読んでみました。勉強になりました。

お礼日時:2021/11/28 19:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング