low-intensity quartz halogen light sources は「低度クオーツハロゲン光源」という訳でよいのでしょうか? 文脈が分からないため、low-intensity がどのような意味合いか分かりかねます。詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 intensity は、物理学的な意味では、強度(単位面積・容積・時間当たりのエネルギー[力]の大きさ)を表す術語ですので、




低輝度  照度・明るさが問題となった場合
低出力  強さ(能力)を問題とした場合
(低強度) (場合によっては使えるかも...)


低輝度石英ハロゲンランプ光源
低出力 〃   〃   熱源


 低輝度(出力)の、石英ガラス管にハロゲン(類)を入れた白熱灯を(光・熱)源に用いたものといった意味かと...


「ロゲンランプ」は、アルゴンなどの不活性ガスと沃素・臭素などのハロゲン族元素のガスを封入した電灯で、非常灯・航空照明・自動車のヘッドライトや加熱調理器具などに利用するものです。
    • good
    • 0

私は素人なんですが、これかな?と思うのがあるので、それをちょっと。

m(__)m

電気式のセラミックヒーターの一種じゃないでしょうか?

一部の電気式のグリルやオーブンその他に使われる熱源は円筒形のハロゲンランプだったりします。表面の白い筒がガラスセラミックスなのですが、ここが多結晶だと熱で割れちゃうので、作るときにできるだけ結晶にならない様にするということかな?

ですから、この場合であるなら、訳は「低晶析(もしくは晶質)セラミックハロゲンランプ熱源」となりますが。???

ど素人な上、全くの推測ですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報