教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

1. 生命体があらわれる前の《場》は 生命か無生命か。

2. 生物はおろか無生物がそれとして出現する前の場ないしチカラは 《〔おそらくすでにコトを起こしている〕地》であり その地から切り離されたモノは 《図》と成った。

3. 地図として全体を成す大きな場ないしチカラは 生命か無生命か。



4. 生命体は 図を成すモノから成っている。モノの結合としてやはりウゴキのあるコトでもある。

5. 中で ヒトにかんしては 身体すなわち〔コトを起こす〕モノが あたかも初めの生命によって放たれた稲妻を受け取ってのように 精神を発芽させた。(稲光が コメの成長を促すという俗説のごとく)。




6. 《記憶――司法――》は 歴史すなわち精神の遍歴を刻み 《知解――立法――》は これをナラハシとして整理し理論立て 《意志――行政――》はそこから――自由に――欲するところをえらぶ。

7. 意志が自由にえらぶところは ただし 初めの大いなる生命(もしくは 《無》)と身体とのスパークに 或る種の色分けがあったらしい。

8. 精神にかんして 信教・良心の自由が文字どおり成り立っていると考えられるが その自由度に色分けがついているかも知れないらしい。


9. ひとなら 誰しもヤマシサ反応を体験するゆえ。その反応を起こす選択と起こさない選択とに分かれるようだ。

10. 早く言えば ウソかマコトかに分かれる。自分自身は 知っているからというのが 論拠である。

11. これが 精神すなわちこころである。(他の生物にあるのかどうか)。




12. われわれの心は ヤマシサ反応が起きているのにこれを強行突破すると 心の自由が止む。つまり 自由度があたかもマイナスになる。マイナスに成って継続する。

13. もしヤマシサ反応ないしその後の良心の呵責に対して 答責性を果たさず放っておくなら 自由の止みも 継続する。やまふ。やむの習慣化としての継続(ふ=経る)。つまり やまひ(病ひ)。



14. どうもわれわれヒト族は このやまひから解かれて もとの――自然本性としての――身と心なる生命体に立ち戻るなら われは われありとつぶやくことが出来るようになっているみたいだ。

15. 《われあり》は 幼児のときは ただただほかの人にたよる聖なる甘えを発揮していたが このようにウソをおぼえてからは この甘えが きよらかなおそれとして引き継がれた。おそれを恐れない場合は やまひと成る。

16. 生命は 古来多くの場合《霊性》として捉えられて来た。むろん 《かみ》とも言った。

< 息・生き(アートマン)
風(ルーアハ;プネウマ;スピリトゥス)

16-1. 感性(身:感性の原野)・理性(心:思考の緑野)および霊性(息・風:非思考の庭)。あるいは 感じる・考える および 信じる。


17. 人間の中には 人びとがヤマシサ反応(つまり ウソの警告)を突き破って《やまひ》に落ち入ったとき その不自由(負の自由)なる状態をあたかもアース役と成ってのように――何ものかにみちびかれるようにして進んでやるにしろ あるいは 感覚として分かっているそのことを嫌々ながらもやるにしろ――引き受ける場合が起きる。

18. アース役はつらいよというひと言を突破口として欲しいと願わざるを得ない。けっこう毛だらけネコ灰だらけ。お猿のおけつは真っ赤っかと添えてもよい。


19. いのち・こころ・《われあり》は こんだけのことだと思われる。

20. 世界の成り立ちは シンプルである。


☆ いたらないところをご教授ください。

質問者からの補足コメント

  • あぁ ヴァリスだけでなく 《長編》を全部ですか。

    ふうーう。

    承りましたが まだ食指がうごかない状態でいますと ひとまづ お答えいたします。横着ですが。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/11/29 09:52
教えて!goo グレード

A 回答 (32件中1~10件)

粒子は空間である事から空間に境界が無いので、粒子と空間を切り離せません。

即ち空間から粒子は分離出来ないのです。
粒子は空間に局所的に色がついた状態です。決して分離しているわけではありません
質問者君へ量子色力学でも學ぶことだね
    • good
    • 0

場の量子論における場は量子物理学においては定義されたもの。

至極当然ですが量子物理学において場と言える状態にあるものを量子物理学で場と称しているのです。
空間が局所的に振動する事でそれが粒子としても振る舞っているように見えその状態を場と称しています
場の量子論で示されたのは粒子は空間そのものであると言う事です。
空間が局所的に振動することでそれが粒子として観測されるのだから、粒子は空間そのものであり空間に境界が無いことから粒子を空間から切り離せないのです。それ即ち分離出来ないのです。
さらに空間が不確定さによって振動していますが、振動すると確定することは出来ません。
要するに一切振動していない状態があると言う事です.その場合には粒子は一切存在しないことになります
よって不確定さによって一切振動していない宇宙があり得得ますし、そのような宇宙では物質は存在していないとなります。
加えエネルギー其れ自体が不確定さによってエネルギーが時空が一切存在していない状態をとり得るのです
時空が一切存在していないなら物質も存在していません
物質が存在していないそれらの状態では場の量子論で述べている場は存在しません
    • good
    • 1

場とは物質が存在することで発生します。


例として
磁場とは磁石が存在する事で発生する磁界が磁石の周囲の空間だけでは無く、磁石自体にも発生することから、磁界が発生している空間と磁石をパッケージ化させたものです。
よって磁石が存在しているから磁場が発生するのであって、磁石が存在しなければ磁場は発生しません。
要するに、磁石が存在するから磁場が発生するので有って磁場があるから磁石は発生するのではありません。
それはつまり場がもともと存在しては居ないということです
仮に生命場を認めるとしてもそれは生命が存在するから生命場があるのであって、生命が存在しなければ生命場はありません。よって生命が存在する以前に生命場はないのです
無の状態ではそもそも場はありません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 場とは物質が存在することで発生します。
☆ だから そういうふうに一つの説として勝手に決めつけるのがよいはずがない。


到るところでコトを起こしているのが 場。

★ 物質が存在する
☆ というふうに初めから規定するのは おかしい。

初めの場は 起きているコトだけだという仮説。

そのコトが 局部的に固まったりしたら その場からあたかも分離する。塊が モノ。

モノを単独の存在だと見ると 周りが 空間(時空間)となる。

むろん モノと時空間とが 全体として初めからの場である。


★ 例として
磁場とは磁石が存在する事で発生する磁界が磁石の周囲の空間だけでは無く、磁石自体にも発生することから、磁界が発生している空間と磁石をパッケージ化させたものです。
☆ これは モノが分離してあたかも単独で自己運動を起こしている状態(動態)。

★ よって磁石が存在しているから磁場が発生するのであって、磁石が存在しなければ磁場は発生しません。
☆ 分立したモノと周りの時空間との関係過程として 推移している。


★ 要するに、磁石が存在するから磁場が発生するので有って磁場があるから磁石は発生するのではありません。
☆ 初めの場が コトとしてウゴキを持っているそこからの継続過程。



★ それはつまり場がもともと存在しては居ないということです
☆ あなたは モノが空間から分かれることはないと言ったんだ。

★ 仮に生命場を認めるとしてもそれは生命が存在するから生命場があるのであって、
☆ 《生命》には 絶対性という概念が 大前提としてありますが それとは別に 生命の運動といった経験世界が想定され得ます。

それが 全体として見て 場です。ウゴキないしコトとしての場そのものです。これを 仮説としては 生命場と言ったんです。

あなたは ただ その仮説はみとめない とひと言言えばいい。それだけのこと。


★ 命が存在しなければ生命場はありません。よって生命が存在する以前に生命場はないのです
☆ ただの誤読。


★ 無の状態ではそもそも場はありません
☆ 無と言ったのは 絶対性としての生命について言い換え得ると言っているだけ。


もういいよ。仮説をみとめないとだけ言って去ってくれ。

お礼日時:2021/12/03 13:11

質問者君の主張は質問者君の頭の中で正しいとしてもそれはあくまで質問者君の頭のなかでの事。


質問者君の主張を他人に認めさせるには、質問者君は他人がそれを認める為の作業をしなければならない。それが立証。
立証をしないならそれは他人に認めさせる為の作業をしないと言う事なので、質問者君の主張を他人が認めなくていいと質問者君が断言したと言う事。
よって質問者君の主張はあくまで質問者君の頭の中でしか正しくは無いとなる事から、質問者の主張は無根拠のアイデアでしか無く、さらにそれに対して質問者君はトンデモ哲学と称している事から、
質問者君は質問者君の主張を無根拠の妄想と認めたと言う事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 質問者君の主張を他人が認めなくていいと質問者君が断言したと言う事。
☆ このことに間違いない。

それが 仮説であるということ。


そして 自然科学であっても 仮説とは そういうものです。

しかも自然科学にも 相い異なる内容の仮説が出回るのも ふつうのこと。

こんなイロハのイが どうしてこうやって言わなきゃ分からないのか?

こんな――長きにわたった――あほなことは ない。

お礼日時:2021/12/03 12:58

質問者君自ら質問者君の主張を立証しないと言う事は質問者君の主張が無根拠のデタラメ=妄想だと認めたと言う事です


それと分離して見えるとは脳の情報処理能力が乏しくて見えている世界を脳内に忠実に再現できない事らしい、いわゆる圧縮する事で見えるようにしています。要するに分離しているように見えるよう情報を加工しているからそう見えると言う事です
人も空間である事から人も空間から分離することもさせることも出来ません。
空間上に再現されているホログラムから例えるなら一部の画像をホログラムから切り離せない・分離出来ないと言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自然科学でも 実証は あとに成り得る。

お礼日時:2021/12/03 08:27

何か誤解されているようだけど、生命それが状態ではあれ情報であれどちらであってもエネルギーが無限に取りうる状態若しくは情報の一つ。


生命である状態若しくは情報とそれ以外の状態若しくは情報とでは後者野ほうが無限に多い事から、エネルギーが生命である状態若しくは情報を一切取らない場合が過去にあったでしょうし未来にもありえます。
物質は空間の一つである事から空間と物質は互いに空間であり空間其れ自体に領域が無いことから空間から物質は切り離せません。
生命体は物質と空間で構成されている事から生命体もまた空間であり、それ故生命体もまた空間から切り離せません。
よって人も空間から切り離せません
切り離せませ無いと言う事は分離出来ないと言う事です
場が何であれ如何なる存在であってもエネルギーや空間から分離などしていませんし、分離して存在してはいません
質問者君は質問者君の主張を立証しないなら、それは質問者君の主張を質問者くん自身で無根拠の妄想だと認めたと言う事です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ですから
☆☆ 生命場
☆ と言ったのは 引っかけたのです。

場だけなら すでにあなたも認める説です。そこからすでにこちらの仮説の部分をもまじえておいたのです。だから 引っかけたのです。


場としては認めるが 生命をそこに付したのは それは仮説だから ただちにみとめるわけには行かない。――こういう返事が返って来るかどうかをためしたのです。





★ 生命体は物質と空間で構成されている事から生命体もまた空間であり、それ故生命体もまた空間から切り離せません。
☆ だから 《分かれて見える》だけで じゅうぶんだと言ったのです。




こんな前提を成すことがらで これほど手間暇をかけるとは いったい何をやっているのですか?

今回に限りません。もう何年も同じことの繰り返しです。あほか?

お礼日時:2021/12/03 08:24

空間も人もエネルギーが取っている状態。

要するに空間も人もその根底はエネルギーであるということ。
エネルギーには界が無いことから、空間と人それぞれの根底がエネルギーで有るのそれぞれのエネルギーどうしに境界が無いと言う事です。
よって空間と人はそれぞれの根底であるエネルギーとしては一体である事から、人は空間から物理的に分かれてはいません。
分かれて見える野は、人の脳の処理能力では情報処理に限界があるためにラチチュードを狭めているからです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 要するに空間も人もその根底はエネルギーであるということ。
☆ そう言ってるぢゃないですか。

初めの場

分立したモノが出来る。

場は 空間と人とから成る。(認識の問題として言うので 人と言う生命体を例に出している)。

根底では すべてが 初めの生命場である。


★ 分かれて見える
☆ と認めるだけで よろしい。

お礼日時:2021/12/03 05:22

人が場から離れている?


全ての存在はエネルギーが取っている状態=エネルギーです
よって全ての存在がエネルギーでありエネルギーは境界が無いことから全ては根底で繋がっていると言う事です。
そもそも人がばから分かれているというのならそれをぶつ理で立証してね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 全ては根底で繋がっている
☆ つまり 人は――という一例にすぎませんが―― 生命体として(エネルギ体として) 初めの場から分離して存在している。ってみとめているぢゃないですか。


★ それをぶつ理で立証
☆ するまでもありません。


どうしてこんな単純なことで 手間暇をかけるのですか。

お礼日時:2021/12/03 05:17

今度は罵倒ですか。

相変わらず進歩しないね質問者君は
場からモノが分離したことを論理的かつ具体的に立証して値
    • good
    • 1
この回答へのお礼

人が場から分かれているという結果があることを言ったのです。


あなたは 空間から物質を切り離せないということを言って 議論をずらしたということです。

これを いつもの手ですがと言うと 罵倒したことになるんですね あなたの認識では。

お礼日時:2021/12/02 16:57

質問者君は「俺はこう思っているだからこうなんだ」と主張している。

それはつまり思い込みに過ぎない。
そう言える為の作業やその言い分はのおかしさを排除するため作業、つまりは論理的な証明や検証を質問者君は一切していない。
質問者君は考えてなどいない、質問者君は生理的な決めつけをただただ正しいと独りよがりに喚いているだけ。
それはつまり幼稚な駄々こね
悪いが私は幼稚な駄々こねに付き合う気は毛頭無し
    • good
    • 1
この回答へのお礼

場からモノが分離した。ゆえに われわれヒトは 空間と分かれており その全体として 初めの大いなる場を成している。


不都合な真実が出ると 逃げ足がはやいようです。



★ 質問者君は「俺はこう思っているだからこうなんだ」と主張している。それはつまり思い込みに過ぎない。
☆ いつもの手ですね。

お礼日時:2021/12/02 13:04
1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング