最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

単に江戸時代のキリスト教を禁止した日本とか
中世のキリスト教以外禁止したヨーロッパとかに比べれば
ましであろうと想定される社会規範であり

当たり前だがまだ本当に良いのかどうかお試し期間中の考えである

何百年か試した結果、ひょっとしたら信教が不自由な世界より悪いという結果になるかもしれない

それ自体はまだ検証期間中の考えである

A 回答 (8件)

カオスから実相が出来るように 自由からより良い倫理、経済、政治等を



作り出すためのものだと思います。

科学技術も自由だったから出来たのでしょう。

自由じゃなかったら古くなって硬直化したり腐ったりします。
    • good
    • 0

江戸や秀吉の時代はキリスト教は邪魔もの。



でもそれは日本の時代性。

時代が変わればまた異なる。


明治に解禁されたと聞いた。
今は信教の自由ですよね。

私はキリスト教は信じないけど、大学は基督教大学卒業か。
でも入学試験は学科試験だけで、入学したら、そこに偶々あっただけ。

だから学友にイエスは手品師でしょうといって
教授が首をかしげていたね。

処刑されたイエスは偽物。
実はイエスは替え玉いたのです。

質問者さんは信じるかな。

新約聖書は所詮キリストの弟子が書いたのです。
キリスト本人は書いていません。

イエスは処刑騒ぎの後、国外逃亡したらしいね。

処刑された影武者の遺体運んで大変だったろうなあ。
    • good
    • 1

江戸時代のキリスト教を禁止した日本と


植民地主義に利用された、中世以降のキリスト教と比べる事はできません
発送も規模も地域性も違います

西欧では、教会権力からの自由を求める帰結として確立されたのが
信教の自由であり、宗教者側からでない事に注目したい

カトリック教会からの人間精神の解放を求める闘いの結果として
確立された歴史があり、それは精神的自由そのものの希求として、
近代の自由権確立の原動力となったのです。

良いかどうかは、善悪の基準により、価値観の違いにより
大きく変わるため、軽々に結論することはできませんが
歴史を正しく学べば、おおよその結論は出ます
 
江戸幕府のキリシタン禁止令は善である、と言いたい
オウム真理教を許した信教の自由は悪であった、と言いたい

悲惨なキリスト教の歴史
http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage5.html#raberu1
    • good
    • 0

日本には、仏教、儒教、キリスト教、神道があり、GHQが分からなかったので、母国で採用されている、信教の自由が採用されたのである。

    • good
    • 0

信じるとは 絶対性のもとに相対存在であるヒトたるわたしがあるとき そのわれの絶対性に対するカカハリであり態度のことです。




絶対性に対する態度は 人間の欲しいままにえらばれ決まります。

この多様性ないし千差万別なる意志とその選択は 絶対性をめぐって 有限であったりすることなく 一定のこととしてだけ決定されるということが あり得ません。一つや二つに固定されたなら 無限ではなく絶対性ではないからです。

ゆえに 信教・良心は 完全に自由です。



ちなみに しかも絶対性たる神は 普遍神として同じ一つでしかあり得ない。

二つや三つ神が別々にあったとしたら その自由な信教による信仰の具体的なあり方は 多様などというものではなく 共通の基礎がないからには ただの個々バラバラ 乱雑であるだけです。
    • good
    • 1

思想信条の自由もありますからあなたがそう考えるのであればそれまでです。


世間一般の思考とは乖離していますがね。
    • good
    • 0

宗教を同じくすることにより


国家という巨大な集団を形成する
ことが出来ました。

人類の理想と言われたローマ帝国が
その例です。

信教が自由だったら、こうは
行かないでしょう。


江戸時代に、信教の自由が行われていたら
日本は西洋の殖民地にされていたかも
しれません。

キリスト教を禁圧したことは
正しかったと言えるのでは
ないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

女子供まで拷問にかけた処刑したことがただしかった?ww
とんでもない
単なる権力者の都合で無実の信者が殺されただけだよ

もし植民地化を防ぎたいなら宣教師だけを殺せばよかった
無力な女子供の信者まで殺す意味なんてない

お礼日時:2021/12/01 14:07

現代の日本人はもともと、宗教に無関心な習性があります。


世界には宗教国家もありますし、先進国でも、ドイツのメルケル首相が所属する政党はキリスト教民主・社会同盟であり、宗教的色彩の強い中道右派と言われています。ギリシャではギリシャ正教が98%を占めるようです。
 日本においては、「国教」ではないとされていますが、神道は国として保護援助されていると考えられる部分(「国教」の定義にもよる)もあります。
 国家による特定の宗教の弾圧は、国家権力者の権力地盤を脅かすものを排除するためであり、世界の良し悪しとは関係ありません。
 信教の自由のある世界が、信教が不自由な世界より悪いということは当然あります。絶対君主の専制主義国家が、民主主義国家より平和で暮らしやすいということは十分考えられます。国家は常に国家権力者のために行動するものですから、腐敗はあるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング