最近、献血初体験をしました。
 そこでこんな注意書きがあったのですが・・・。

 下記に該当する方は、献血をご遠慮ください。
 (1)エイズ検査が目的の方
 (2)この一年間にいずれかに該当することがあった方
   1)『不特定の異性』と性的接触をもった
   2)『同性』と性的接触をもった
   ~以下後略~

 どうでしょうか?
 『不特定の異性』と『同性』が同列に並べられているのです。
 これは、『同性』=『(HIVに限らず)キャリア』だという決め付けのように思えてなりません。同性愛者の方から献血という機会を奪っているような気がするのです。
 これは私の思い込みなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>ta-ke72さん


賛成して頂いたのに補足させて頂く失礼をお許し下さい。

「不特定多数の異性」に対して「不特定多数の同性」でないのには理由があると思います。
つまり特定の相手だとしても相手がキャリアであった場合の感染の確率が同性の場合の方が高いと言うことです。
これは先にも述べた行為の手法の為です。(本来受け入れる役目のない器官を使用しているのですから)
勿論異性間であっても同様の行為に及ぶこともある筈ですので穴はあるわけですが、出来るだけ大きな穴になり得るところからフィルターしているのではないでしょうか。
ただ、結局自己申告ですので気休め程度だとは思います。(^_^;
    • good
    • 0

献血によって作られた、血液や血液製剤にも、PL法(製造物責任法)が問えるものとします。


(↑実際どうなんでしょうか)
そうしたとき製造側(つまり日本赤十字社ですね)は、HIVが含まれていない製品を作らなければなりません。
そのための自己防衛でしょう。
良心に訴える「自己申告」でしかないのはnaturalさんが書かれている通りですが。

この時、
・同性愛者の方から献血の機会を奪う&イギリスに2年以上いた人から献血の機会を奪う
ことと
・HIVや狂牛病などの危険が(確率的に)より少ない製品を作る
ことを天秤にかけたのでしょう。

献血ができない人の不利益と、献血によって例えば
HIVに感染するかもしれない人の不利益を比べているとも言えるでしょう。
前者は命に関わらないが、後者は命に関わる、と主張する人もいるかもしれません。

昔、薬害AIDSが問題になりました。薬害ヤコブも問題になっています。
これらの問題では、行政の対応の遅さが被害を拡大したのでは、とも言われています。
狂牛病などはまだ血液感染がはっきりと確認されたわけではないのに、献血の項目に入っています。

これが結果的に差別だったか、それとも早い時期からの適切な対応だったかは、
現在ではどちらとも言えないのだと思います。

ハンセン病では、感染力があるから隔離政策が取られたはずなのに、
誤診で一緒に隔離され、患者と一緒に何十年も生活を共にした人が、現在も感染していなかった
などという話も聞いたことがあります。
つまり感染力は非常に弱いものだった、と。

真偽はともかく、献血の件では、現段階でのbetterな選択肢を取っているのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かにリスクの重さを天秤にかける、ということでは必要な処置なんでしょうね。

お礼日時:2001/08/31 01:28

先程の回答(No.4)に不備がありました。


「不特定多数」から「多数」は抜いてお読み下さい。
大変失礼しました。(^_^;

#つい不特定と多数をセットで使ってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しくありがとうございました。「不特定の同性」としていない理由はとても分かり易くてありがたかったです!
 不特定多数って私もついつい書いてしまいます。

お礼日時:2001/08/31 01:31

あんたの思いこみやね



献血の際の『注意書き』をよ~く読むと
”過去半年以上ヨーロッパに滞在した方は献血ご遠慮願います“とあるんやけど
(狂牛病対策で)・・・私は2年以上イギリスにいたからもちろん断られた

考えによっちゃあ、この項目のほうが『同性愛者』うんぬんより、はるかに差別的ですぜ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ・・・そっかぁ。そうなんですよね。なるほど。具体的な経験のお話ってすごくためになりますね。ありがとうございます!

お礼日時:2001/08/31 01:34

差別ではないと思います。


naturalさんの説明で正しいと思います。
しかし表記には問題ありだと思います。「不特定の異性」ときたらやはり「不特定の同姓」と載せるべきだと思います。差別するつもりで書いてるのではなくあくまでも「安全」の為危険度の高い物は排除しなければならなかったのだと暖かい目で見てあげてもいいと思います。
もし一言いいたいのでしたら日本赤十字社のホームからメールでも送って上げてください。(笑)

参考URL:http://www.kenketsu.ne.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「不特定の同性」とはなぜ書かないのか? ということは私もすごく疑問だったんですけど、・・・質問の仕方が悪くてすいません。
ta-ke72さんの回答は「同感っ!」だと思いました。結果的にその後で別の方から
その理由をはっきり教えていただけて、すごく助かったのですが、それもあなたがこの回答を書いてくれたおかげですよね。ありがとうございます!

お礼日時:2001/08/31 01:39

“献血”=“輸血用”


を考えた時,その性格上,採取段階で少なからずリスクのある(考えられる)項目があるばあい採取側の立場として「こういったことに配慮して採取しています・・」という意思表示が必要だからではないのでしょうか?

逆に考えてみましょう

これらの表示が無かったときに万が一輸血用の物に不具合があった場合採取段階でどのような配慮があったのか又は無かったのか,直ぐに責任を問われます。
(責任回避の為の役所仕事特有の感覚のひとつと理解した方が良いです)

・・もし,私が役人で,だれかが「“あれ”は差別表記ではないのか?」と抗議してきたら,その様に(括弧内は除きます)答えます・・・たぶん・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ・・・なるほど。別にお役人だって安易な考えで注意書きを考えてるわけじゃないんですよね。
 やむにやまれぬ事情(?)がそこにあって、それでもできるだけ安全な血液を提供しようとがんばってらっしゃるのでしょうねぇ。
 どうも私は別の視点からものを考える、といった方法が苦手な性質らしく、konojiさんのご回答はとても助かりました。ありがとうございます!

お礼日時:2001/08/31 01:45

差別ではないと思います。


要するに「1」に該当する場合確率的にエイズ等のキャリアである可能性が高くなるし、「2」に該当する場合行為の手法上(行為による直腸の傷から感染しやすい)やはりキャリアである可能性が高くなる為、二次感染を避ける意味合いで採られている対策だと思います。
採血したその場で結果が判れば良いのですが、感染したばかりの人の血液ではすぐに結果が出ないそうです。
つまりそのまま輸血用血液として使われた場合危険度が高くなるという判断ではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬剤師の方へ『業務必携』と『業務指針』について質問です。

現在、調剤報酬請求事務専門士2級の試験に向けて
勉強している者です。調剤報酬請求事務の市販本を
購入して勉強していますが、友人に見せてもらった
過去問を見る限り、市販本だけでの対応はできないと
感じ、他に対策できそうな本を探すことにしました
(私は薬剤師免許は持っていません)。
都道府県の薬剤師会では『保険薬局業務必携』
という本が売られているそうなので購入したいと
思いましたが、会員向けで冊数も限定の為断られました。
似たような本が無いかと探していたところ、
『保険薬局業務指針』という本が薬事日報社から
出版されていることを知りました。
『保険薬局業務指針』と『保険薬局業務必携』とでは
内容に違いなどあるのでしょうか?あるとしたら
どのような点でしょうか?あまり違いが無い様ならば、
『業務指針』を購入しようと思います。
ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応薬剤師ですが、こと保険請求に関しては戦力外通告されてます。(笑)

うろ覚えなんですが、違いはほとんどなかったと思います。『業務必携』は各都道府県の薬剤師会が出していますが、『業務指針』は全国一律の標準バージョンみたいな感じです。各都道府県で公費負担番号が微妙に違ってたりすることもあるので、その辺のフォローは『業務指針』では難しいでしょう。

資格試験がんばって、私のようなレセプトさっぱりわからん薬剤師を助けてください。

Q『クローン人間』って『人間』なんですか???

『クローン人間』って『人間』なんですか???

『人権』って適用されるんでしょうか???

生まれて来た『クローン人間』って国籍や戸籍・住民票・相続…どうなるんですか???


ダレが育てるんでしょうか???
育てる人は『情』はどうなるんでしょうか???

『親』は元々、クローンの『元』になった人の親が『親』とされるんでしょうか???

『クローン人間』は必要なんでしょうか???

Aベストアンサー

こんにちは。
大学で法律を勉強しているnyahaです。
この問題について、僕も興味があり、自分なりの見解を答えることにします。
以下の回答は僕の考え方であり、間違いもあると思いますので、鵜呑みはしないで下さい。

結論から言えば、僕は現在の法制度の下では、クローン人間は人間であるが、人間として扱うには問題がある、という風に考えます。

この問題を考えるうえで大事なことは、まず、「人間」の定義だと思います。
そこで、従来の法律の枠組みの中で考えてみると、人と胎児の区別は、
刑法では母体から胎児の体が一部でも露出した時、
民法では母体から胎児の体が完全に露出した時、と考えます。
すると、クローン人間も母体から摘出する以上、法律学的に人間であるといえそうです。
実際に、我々と同じ形をした生き物を人間と呼べないだなんて、
法律的に考えなくても、ちょっとは抵抗があるのではないでしょうか。

では、クローン人間を普通の人間と同様に扱っていいのでしょうか。
法律による人の扱いの前提には、「男女が性交を通じて」という前提があるような気がします。
つまり、以上の人と胎児を分ける議論は、男女の性交を通して生まれてきたとき、
というのが前提にあるような気がします。
原則的として、性交を通じて初めて父と母がこの世に存在するのですから(代理母などは除く)。
子供が生まれたとき、父と母が存在しているを前提に、色々な場合を想定して、
法律で相続などについて規定していると思うのです。
現に、民法上の相続の規定でも、それが前提になっていると思うのです。
そうであるとすれば、現段階の法律では、クローン人間を扱うのに適したものとはいえないはずです。
当たり前ですが、日本の法律立法者が法律を制定する際、クローン人間について考えていなかったのです。
ですから、クローン人間は日本の法律の枠組みを明らかに越えた存在であると思うのです。
そうであるとすれば、日本の法律を適用することができませんので、
普通の人間と同様に扱うのは、問題があると思います。
ですから、クローン人間をどう法律で扱うかは、法制度の整備を待つしかないでしょう。

クローン人間は必要かどうかとなると、難しいですね。
結論から言えば、僕は必要ない気がします。
クローン人間ができて利益を得ることもあれば、利益を失うこともあります。
そして、クローン人間ができたために得る利益と、それと同時に失う利益を天秤にかけると、
失う利益のほうが大きい感じがします。
失う利益とは、社会秩序です。
僕の考え方でいけば、現在の法律では絶対に間に合わない問題なのですから。
そうであれば、僕はクローン人間は必要かといわれれば、必要だとは断言できません。

こんにちは。
大学で法律を勉強しているnyahaです。
この問題について、僕も興味があり、自分なりの見解を答えることにします。
以下の回答は僕の考え方であり、間違いもあると思いますので、鵜呑みはしないで下さい。

結論から言えば、僕は現在の法制度の下では、クローン人間は人間であるが、人間として扱うには問題がある、という風に考えます。

この問題を考えるうえで大事なことは、まず、「人間」の定義だと思います。
そこで、従来の法律の枠組みの中で考えてみると、人と胎児の区別は、
刑法で...続きを読む

Q献血と売血

今日献血をしてきたのですが、なぜ日本では売血制度に
移行しないのでしょうか?

Aベストアンサー

献血については、私も色々と疑問があり
随分調べました。偶然日赤の知人が出来て
色々聞いたのですが・・・。

誤解1
ネットで検索かけると、200cc献血は、
職員に(どうせ捨てるだけやと)
嫌味を言われる献血センターがある。
解決1
私は血液は、一度大きなタンクに入れ、
それを小分けして使うと思っていました。
これが、大きな誤解で、輸血される
患者さんの拒絶反応を少しでも減らすため、
できるだけ、少人数のからの輸血が望ましいと
知りました。
ですので、400cc3本といった注文があり、
200ccは、600ccと言うような半端の稀な
注文ぐらでしか使われないと言っていました。
さらに、捨てるのではなく、血液製剤に使われたりもし、二次利用もできるそうです。
最後に、先進国で200cc献血を採用しているのは
日本ぐらいらしいです。戦後の栄養不足の時の
習慣がまだ採用されているからだとか・・。

誤解2
献血は、誰のため?
解決2
献血の達人たちは、献血の後、粗品等の
受け取りを拒否する人がいるそうです。
この景品代分も、患者の負担を少しでも、
軽くしてあげてくださいと言うらしい。
成分献血の使い捨ての機材は実は非常に
高額だそうです。

●そして、本題の売血。
これも聞きました。
売血制度にすると、疑問2とも少し関係がありますが、
それ以外にも、売血をする事によって、
患者を助けると言う意味合いから、
お金儲け中心に変わってしまう。
それにより、血液の質(病気のキャリアの問題を含めて)の低下。
さらに、血そのもの質の低下が考えられるそうです。
お金がもらえるとなると、献血可能間隔を
偽装してでも、献血をする人が出てくる可能性が
あると言うことらしいです。

確かに、現状の助け合い精神で、献血を
行っている人は、献血可能間隔を無視してでも
献血に行こうと言う人は、いないでしょうからね。

献血については、私も色々と疑問があり
随分調べました。偶然日赤の知人が出来て
色々聞いたのですが・・・。

誤解1
ネットで検索かけると、200cc献血は、
職員に(どうせ捨てるだけやと)
嫌味を言われる献血センターがある。
解決1
私は血液は、一度大きなタンクに入れ、
それを小分けして使うと思っていました。
これが、大きな誤解で、輸血される
患者さんの拒絶反応を少しでも減らすため、
できるだけ、少人数のからの輸血が望ましいと
知りました。
ですので、400cc3本といった注文が...続きを読む

Q献血の血の有効期限

200、400ml、成分献血別の血の有効期限を知りたいのですが、
赤十字のHPを見ても、有効期限について書かれている場所を見つけることが出来ません。

どなたか知っている方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

その有効期限は
赤血球が21日、血小板が4日、血漿は凍結保存で1年
ということだと思います

Q献血時のHIVウィルスキャリアへの通知

献血をすると、肝炎ウィルスキャリアにはその旨を通知するそうですが、HIVウィルスキャリアには通知しないそうです。どうしてでしょうか。知らずに献血を続ければ、その献血に関わる人々の労力及び血液が全て無駄になると思います。献血スタッフに聞きましたが、明確な理由は得られませんでした。何方かお教えください。

Aベストアンサー

献血での検査で感染が判明すると、血液センターから電話で来所を求められます。そこで医療機関の紹介を受け、医療機関に於いて再度の血液検査を行うことになります。医療機関で感染が判明すると、医師が直接、感染告知すると同時に投薬治療と精神面のカウンセリングが開始されることになります。血液センターのデータベースには献血不可と登録されるため、以降、献血しようとしても受付段階で断られることになるため、知らずに献血は続けられませんし、無駄に採血され捨てられ続けるなんてことにもなりません。献血で告知をしないのは、告知が軽いものではないからです。精神的ケアも同時に必要になるため、専門の医療機関の医師が直接告知をするのです。また、感染の機会があって初期の一定期間は、検査で判明しない(ウインドーピリオド)ため、献血では通知しない、としています。検査で判明しない期間に献血されると、検査を擦り抜けて患者に輸血される危険が高まるため、検査目的の人には、匿名・無料で保健所で受けられます、と呼び掛けているのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報