目の上を7針縫い、目の上の骨が亀裂骨折、頸椎捻挫、という傷害の被害に逢いました。

加害者は精神分裂症で、障害年金とアルバイトで生計をたてているそうで、被害弁償が難しい。と、国選弁護人から連絡があり、その後、加害者の親戚が治療費については支払いをしたいとの申し出がありました。

しかし、加害者と親族間で様々な経緯(内容は不明)があったため、治療費を支払ったら、今後は一切関わりたくないと言っているそうです。

国選弁護士も、「刑事事件のみの担当なので、今までかかった費用を教えて欲しい」と、言っているのですがどうするべきか悩んでいます。


1.治療費も全額支払ってくれるのかがあいまい。
2.現在も頭痛・首から背中への痛み・傷の痛みがとれず、起きあがれない日もあります。
3.目の上がもりあがって変形しています。きれいに治すには整形手術しか方法がない

以上の理由により、慰謝料を含めた請求をしたいのですが、今回の申し入れを受けてしまったら請求できなくなってしまうのでは?という不安があります。

加害者が精神分裂症ということで、本人に支払い能力がない場合は保護者(身元引受人)に請求することができると聞いたのですが、刑事事件の裁判が終わったあとにまとめて請求したほうがよいのでしょうか?

第1回目の公判が4日後なのですが、今日はじめて国選弁護人から連絡があり、公判日までに回答をほしいと言われております。

詳しい人がおりましたら、教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 No.1では、長々と失礼しました。

加害者側から賠償を得ることが難しい場合について、若干補足します。
1 労災申請
 通勤、勤務中、帰宅途中に事件に遭われた場合は、労災給付を受けることができる可能性があります。お近くの労働基準監督署でご相談になってください。
2 犯罪被害者等給付金支給法
 解説は、参考URLをご覧になってください。
 加害者側への請求時期等についてもお悩みのようですが、akariloveさんもご回答のとおり、是非、弁護士に相談なさってください。

参考URL:http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesb0016. …
    • good
    • 0

 まず、民事と刑事を分けて考えましょう。


刑事法的には,刑法39条により、過去精神疾患などがあれば、減刑される可能性が高く、実刑になっても、病院等で、保護措置になると思います。
 そして、民事についてですが、確かに民事と刑事では,質が違いますが、事実認定において、両者は、緊密な関係にあります。刑事法定でも、あなたの、意見陳述などがあれば、自己の言い分を言ってください。
 そして、質問についてですが、
いわゆる相当因果関係にあれば、全額請求できます。もし不安であれば、誓約書を加害者の家族に書かせて下さい。手書きのほうがいいです。
ただ、民法の709条の場合、立証責任はあなたにありますので、医師の診断書などを用意して下さい。
そうすれば、請求できるのではないかと思います。
ただ、いわゆる精神疾患の方への請求は難しいとおもいます。家族や後見人の監護責任の追及は、過失について、原告である,あなたが証明する必要があります。難しいケースですので、弁護士に相談するのがいいかと思います。
    • good
    • 0

 ご質問の一部のみの回答かもしれません。

また、文辞失礼の段はお許しを。
1 国選弁護人からの費用の照会について
 国選弁護人が信頼できそうな人なら、これまでの費用はお伝えしてはいかがですか。推察するに、あなたが、国選弁護人に、今被害弁償を受けたらもう慰謝料請求はできないのかというご質問をなさったので、国選弁護人が「刑事事件のみの担当なので」といわれたのではないですか。国選弁護人は、「自分は民事関係についての代理人ではないので、私から被害弁償金を受けたからといって、その余の損害賠償請求権を放棄するという示談が成立したとみなされるわけではありませんよ。」とおっしゃりたかったのでしょうね。法的には国選弁護人のおっしゃる通りかと思います。どうしてもご心配なら、国選弁護人に、「内金として、金○○円お支払いしました。」と一筆書いてもらう手もあり得ますね。
2 加害者が精神分裂症であること
 加害者が精神分裂症で、本人に支払い能力がなければ、当然に保護者(身元引受人)に損害賠償を請求できる、というわけではありません。加害者に責任能力がない場合は加害者の監督義務者に損害賠償を請求できますが(民法713条、714条)、精神障害=責任能力なしとは直結しません。あくまでも、精神の障害によって加害行為当時「自己の行為の責任を弁識する能力(=事理弁識能力)を欠く状態」にあったことが必要です。加害者は精神分裂「症」とのことですが、アルバイトができるほどの人であれば(アルバイトの種類にもよりますが)、「事理弁識能力を欠くほど病的な精神疾患ではなかった」と判断される可能性はあります。とにかくケースバイケースですので、この場で、どちら、という確定的な答えは出せないかと思います。
 また、仮に加害者に責任能力がなかったとして、「監督義務者」の範囲は意外に狭くて、精神保健法上の保護者(20条)とか、(施設に入所していたのであれば)入所施設とかくらいでしょうか。「身元引受人」といっても、あなたが被害に遭われた事件で、捜査過程(身柄捜査から在宅捜査に切り替えるとき)や保釈の際に加害者の身元引受人になった人は、監督義務者にはなりません(加害行為当時の監督義務者ではありませんから。それに、刑事手続での身元引受人は、「刑事司法当局への出頭確保責任者」ですので、民事上の監督義務には直結しません。)。もし、親族から賠償を得たいとお考えでしたら、この点はご注意ください。
 ご無礼の段は、重ねてご容赦ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。たいへん参考になりました。

質問の内容で一部語弊があったのですが、
「保護者(身元引受人)」というのは、今回の刑事事件ではなく、「精神障害者なので、保護(監督?)者がいるはず」なので、本人に支払い能力がない場合はそちらに請求を出すこともできる。と、聞きました。
加害者は両親が残してくれた、家(名義は他の兄弟)に一人で暮らしており、傷害年金とアルバイト(現在は無職らしいのですが・・・)をして暮らしていたことなどから、財産はほとんど無いようなので、加害者本人から治療費・慰謝料を受け取ることは難しいのでは?と、考えておりました。

お礼日時:2001/08/31 05:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q秋葉原通り魔事件と荒川沖通り魔事件の初公判はいつ?

こういった大きな事件の初公判はいつになるかわかる人教えて下さい!またなぜそのくらいの期間を要してしまうのかも答えてください。

Aベストアンサー

秋葉原事件は17人死傷ということで話題になったが、あらかじめ予告書き込みあったから日本テレビやフジテレビは取材陣配置していた。NHKもたぶん知っていて立派な報道とやじられた。警察も把握していたからすぐに駆けつけた(^^) 
しかし現場でのずさんで無責任な自称医療関係者のトリアージ?で重傷の若い女性は放置され亡くなった(軽症のタグつけたとか)。歩いて救急車に乗った人間が1人でもいれば連中が表彰されるはずもない。
警察の不手際と救援の医療関係者のミス隠すためにないと思われていた表彰を大々的なニュースに仕立てた。

公判が開始されるかは不明でしょう。心神耗弱や幻聴や幻覚あって被害妄想で加害したときには公判維持できず、無罪ってことになる。
あの事件で無罪では検察の面子丸つぶれだから、公訴提起(起訴)せず保護観察に持ち込むのが賢明です。

覚せい剤使ったあと人刺した事件では繰り返しても(おいおい)無罪だった。

土浦市荒川沖駅事件も8人死傷だが、2回も警察に電話して(^^)、警察の目の前で起きても逃げた事件か。いまは報復感情で死刑の時代突入だが1人なら無期という裁判現場の傾向もある。
自首したから心神耗弱や喪失とは主張しにくいが、警察が垂れ流す情報に基づくマスコミ報道では反省することはないといっているらしいから起訴も怪しい(無罪の可能性残る)

秋葉原も荒川沖も警察は情報持ち、警察官配置していて起こった事件です。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/152133/
> JR荒川沖駅事件では、茨城県警は170人の警戒体制で、駅にも8人の私服を張り込ませていたのに、指名手配殺人犯に8人の市民を殺傷させてしまった

秋葉原事件は17人死傷ということで話題になったが、あらかじめ予告書き込みあったから日本テレビやフジテレビは取材陣配置していた。NHKもたぶん知っていて立派な報道とやじられた。警察も把握していたからすぐに駆けつけた(^^) 
しかし現場でのずさんで無責任な自称医療関係者のトリアージ?で重傷の若い女性は放置され亡くなった(軽症のタグつけたとか)。歩いて救急車に乗った人間が1人でもいれば連中が表彰されるはずもない。
警察の不手際と救援の医療関係者のミス隠すためにないと思われていた表彰...続きを読む

Q酒気帯び3回目は公判請求?

酒気帯び運転で、捕まった回数が3回目だと
略式裁判じゃなくて、公判請求だと聞きました。
どなたかご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

>捕まった回数が3回目だと略式裁判じゃなくて、公判請求だと聞きました。

別に法律にそう規定されているわけじゃありませんが、
(なので、法的回答は「ケースバイケース」が正解ですが)
「略式2回で公判請求」「公判請求2回で実刑」
とは昔から言われていますね。

…交通違反も甘く見ているとバカにはできない…
……でも、刑が厳しいという理由でなく「事故を起こしたら悲惨」
ということも、もっと知ってほしいかもです。

Q先日、ある事件に巻き込まれ(加害者で、直接の被害者でもありません)警察

先日、ある事件に巻き込まれ(加害者で、直接の被害者でもありません)警察に事情を聞かれました。

その後、加害者は何日か勾留(?)されていたそうですが、その後の経過について知りたいと思っています。

このとき、警察に問い合わせれば、教えてくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者様は警察に事情を聞かれただけでしょうか。それなら、加害者の処分について情報を得る権利はない法律上認められないと思います。

仮に、告発(犯人の訴追・処罰を求める意思を表示すること)していれば(刑事訴訟法239条1項)、処分の結果を通知してもらうことができます(260条)。

質問者様が警察に問い合わせた場合、面倒だとして取り合ってもらえない公算が強いのではないでしょうか。暇だったら答えてくれるかもしれませんが、難しいと思います。

Q刑事事件の示談不履行について質問させてください。 当方は暴行と器物損壊の被害者です。 加害者の方はマ

刑事事件の示談不履行について質問させてください。
当方は暴行と器物損壊の被害者です。
加害者の方はマンションのお隣の方です。
加害者の方は昨年に暴行と器物損壊で逮捕、検察に送致送致され、すぐに示談の申し入れがありましたが、言うことが二転三転し、大雑把に言いますと、
・当方が居住している間は加害者の方は居住しない
・分譲マンションであるため、管理業務など必要最低限の立ち入りのみとし、事前に加害者の親を通して連絡する
という旨の示談を今年5月に締結しました。
この時、公正証書化を求めましたが、拒否されてしまい、示談金の支払いもなかったことから公正証書化は諦めました。

本日、加害者本人から特定記録郵便が届き、内容は「事情があって本マンションに住む」という、一方的な通知でした。
加害者の方がマンションに戻って来る前提で話し合いをしたいと日時、場所を一方的に指示しており、8/18までに返答がなければ勝手に戻って居住する、というものです。

明らかに示談不履行に当たるのですが、加害者の方は精神疾患があるために刑事事件で立件できず、措置入院となっていました。
(2〜3週間で退院しているようです)

この場合、再び居住されるのを防ぐにはどのような手段が有効でしょうか?
加害者の方の親御さん(示談書に明記されている連絡先)に内容証明で「示談書に居住しない旨、明記されているので応じられません。勝手に居住した場合には示談不履行となるので提訴せざるを得ません」と回答書を送りましたが、加害者の方はご自分のマンションに戻って住みたい、という要求を押し通すつもりのようです。

どうにか防ぎたく、ご教示いただけますと幸いです。長文失礼致しました。

刑事事件の示談不履行について質問させてください。
当方は暴行と器物損壊の被害者です。
加害者の方はマンションのお隣の方です。
加害者の方は昨年に暴行と器物損壊で逮捕、検察に送致送致され、すぐに示談の申し入れがありましたが、言うことが二転三転し、大雑把に言いますと、
・当方が居住している間は加害者の方は居住しない
・分譲マンションであるため、管理業務など必要最低限の立ち入りのみとし、事前に加害者の親を通して連絡する
という旨の示談を今年5月に締結しました。
この時、公正証書化を求め...続きを読む

Aベストアンサー

> この場合、再び居住されるのを防ぐにはどのような手段が有効でしょうか?

法律(建物の区分所有等に関する法律)上は、「義務違反者に対する措置」として、
・使用禁止の請求
・区分所有権の競売の請求
・占有者に対する引渡し請求
などは可能ではあります。

ただし、法令や管理規約に基づく諸手続き(住民集会での決議など)を経る必要があるほか、居住権は憲法で保障される生存権に帰属する、非常に強い権利なので、「居住させない」と言うのは、かなり困難かと思われます。

後は民事で、示談不履行に関し、損害賠償請求,慰謝料請求するくらいですね・・。

Q交通事故(私が加害者)任意保険の治療打ち切りになった場合、私が代わりに支払うのか?

初めまして。お忙しい中恐縮ですが教えて下さい。
9月20日に人身の交通事故をおこしてしまいました。
内容は、停止中の車に私の不注意による(前方不注意)
で追突してしまいました。


すぐに救急車、病院まで同行、自宅まで送り、
後日、謝罪にも行き、自分でいうのもおかしいですが、
事故当初警察の方も、きちんとした対応をとっていると
言われました。

被害者は、年配の人ですが、代理としてその娘さんが対応すると言ってきましたので、日頃はその娘さんと連絡をとっています。
被害者は、むち打ちです。

私がとった行動は、
事故による損害、保険で対応できない部分については、
旅行代金のキャンセル料、交通費など色々私個人で支払いました。
被害者の方は、元々白内障にかかっており、事故が原因で目薬がちゃんとさせない、目薬がこぼれて薬代が損したということで保険屋に目薬代を請求していましたが、白内障の治療費の請求に対し、事故とは因果関係がないと保険屋や弁護士もおっしゃっていましたが、話が先に進まないので私は、個人で支払うと一筆書きました。
自宅に見舞に行った時も、被害者が話すことは何もなく、娘さんがまるで自分が被害者のように話していました。

又、事故後から週に何回も娘さんが電話をしてくるのですが、時間帯関係なく(朝、昼、夜、深夜)電話があり深夜0時や朝方4時に電話してきたり、電話に取らなければ、検察庁に電話し、私が反省していないようなことを言います。毎回の電話が、世間話だったり、身内の話だったり。保険屋の対応が悪いとか、関係のない話で毎回長時間にわたる電話、私自身もどうしていいのかわからず、毎回、娘さんの機嫌を損なわないように気をつけながら、電話をかけなおしています。
検察庁の人も初めてのケースだということもあり、私が当初から被害者に対してとった行動の内容だと厳罰処分はないとおっしゃっていました。
又、検察庁の方は、何回か被害者や娘さんに電話し、私を厳重処罰望みますか?の質問に、被害者、娘さんが処罰を望まないと言っていました。
被害者の人は、特別怒っているわけでもなく、日頃から何回も電話でやり取りしているのと、私の誠意もあり、処罰をしないでほしいとまでおっしゃってくださいました。

保険屋の対応では対応できなくなり現在、弁護士に依頼しています。症状固定で保険を打ち切るということになった途端に態度が急変し、保険で打ち切られるのであれば、
私が代わりに病院代を支払えと言ってきています。又、支払わないのであれば検察庁に電話して厳重処罰してもらうように言いますと言ってきました。
私が法律上、個人で支払わなければならないのでしょうか?
私も精神的にまいっています。私は、すでに検察庁へ自ら電話をして自分から処罰して欲しいと言いました。
行政処分では、60日免停になり、私は自ら運転を見直そうと思い、
仕事で必要な車の運転を控えるために講習は、受けずに2か月間運転しませんでした。
又、正直刑事処分は免れたいと思っていたので、今まで、全てのことに
早急に対応し、どれだけ忙しくても、どんな時間にかかってきても、
我慢して意味のわからない話ばかり聞かされていました。
今まで、刑事処分というのを盾にして、娘さんの嫌がらせに我慢していましたが、今回の件でさすがに我慢の限界です。
このままいくと、私の担当している弁護士さんが、こちらから裁判をすると言ってきています。よろしくお願いします。

初めまして。お忙しい中恐縮ですが教えて下さい。
9月20日に人身の交通事故をおこしてしまいました。
内容は、停止中の車に私の不注意による(前方不注意)
で追突してしまいました。


すぐに救急車、病院まで同行、自宅まで送り、
後日、謝罪にも行き、自分でいうのもおかしいですが、
事故当初警察の方も、きちんとした対応をとっていると
言われました。

被害者は、年配の人ですが、代理としてその娘さんが対応すると言ってきましたので、日頃はその娘さんと連絡をとっています。
被害者は、...続きを読む

Aベストアンサー

債務不存在確認訴訟とは、これ以上の債務は存在しないという事の確認を求める訴訟です。
保険会社が弁護士対応としているのですから、弁護士費用や訴訟費用は保険会社の出費です。
貴方に負担はありませんので、弁護士にお願いして下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報