色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

スズキ自動車が
850ccの2気筒 
ターボディーゼル車を
インドで発売中。
エンジンも素晴らしい
マツダのスカイアクティブD
を超えている低圧縮比
まあ日本発売は無いだろが
試運転したい
スズキ自動車のディーゼル車
技術も素晴らしい。排ガス規制も
3歩先行くらしい。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

エンジンの仕様から考えると、官能性能の面で素晴らしいはずがない、と想像出来ます。



 2気筒では、エンジンの回転1次という振動が打ち消せません。(3気筒なら120degクランクが使えるので打ち消せます。日本の軽自動車は、この『なめらかさ』を追及して、360㏄時代の2気筒から3気筒に進化しました。)

 更に、決して1気筒の容量が小さくないサイズ、しかもアイドリング振動で圧倒的に不利なディーゼル機関となると、振動面は絶望的です。(スズキは『フライホイールの最適化で振動を減らした』と言ってますが、その話には工学的にムリがあると指摘しておきます。)

 想像するに・・・アイドリング振動は下品というか安っぽいというか、要するにかなりラフで、しかも高回転では耐えられない振動が出るでしょう。(などと想像していたら、最高出力点は4000rpmにも満たない、トラックのディーゼルの様なエンジンなんですね。さすがに2気筒ディーゼルでは、回転数を上げて最大出力を増やす手法が使えなかった様です。)

 日本の軽自動車の3気筒や4気筒エンジンのなめらかなフィーリングが『当たり前』だと思われている日本市場では、この2気筒は『販売レベルにない』と感じるほどのエンジンだと想像されます。

 恐らく、インドだから通用するエンジンということなんでしょう。
 コストダウンで圧倒的世界一を誇るスズキなら(コストダウン世界一はトヨタではなくスズキです。トヨタ自身、『スズキのマネは出来ない』と認めています)、インド生産のエンジンを日本でも売って、『量産効果』による更なるコストダウンを狙う可能性もありますが、このディーゼルが日本国内で受け入れられるとは考えていないでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

がんばります

残念です。

お礼日時:2021/12/11 11:49

60キロ以下に、特化した、800cc2気筒エンジン。

残念ながら、廃止になりました。
「スズキ自動車が 850ccの2気筒 ター」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

がんばります

残念 発想は素晴らしいが
尚スズキは
3気筒1.5Lを反省して
作りました。
これは1気筒あたり500ccだから
大丈夫らしい。

お礼日時:2021/12/11 11:51

TATA自動車ありますからね。


30万。
やはり、インド市場、おいしいのですね

軽ナンバーワン、、

鈴木会長が素晴らしいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

偉い
スズキは偉い

お礼日時:2021/12/10 22:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング