現在日本でも欧米でも日曜日には休みますね.ふと思ったのですが、なんらかの意味があるのではないか、と.そこで質問です.

Q1)日本古来、あるいはアジア古来の伝統では休暇の概念はどうなっていたか?
別の周期ではあるが、やはり一定周期で休むという概念があったのか.
それとも「盆と正月以外は働きつづける、その間にたまに準規則的な祭りが挿入される」という感じか?

Q2)欧米などでは、日曜日などは宗教上の安息日が起源だと思う.そもそも安息日という周期的休暇の概念はなぜ必要だったのだろうか? 今の私には厳しい個の確立を要請される社会構造において、個の癒しに必要な「周期的な引きこもり」期間が社会慣習にうまく取り入れられた制度、とも見える. どうだろうか.そういう見方の論がすでにあったら教えてほしい.

ただ聖書に神は7日目に休まれた、と書いてあるから、というようなありきたりの論を超えて、なんらかの具体的な意味があったのではないか、と考え始めています.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

・日本の伝統的休暇について


江戸時代、商家の奉公人には「やぶ入り」という習慣があり、年に2回だけ休日をもらえたそうです。

そもそも農耕・漁労の生活をしていると、機械的に何日かごとに休むより、気候や天候に応じて休みをとるほうが合理的だと思われます。私の地方では、田植え・稲刈りの大仕事のあとで「野休み」という休みをとる習慣があったと聞きます。

女性の場合、月経期間「ヒマヤ」と呼ばれる別棟の建物に篭もる習慣もあり、これが一種の休日の役割を果たしていたのかもしれません。
    • good
    • 0

 それなりの権威が言っていた話ですが、大分単純化している上、うろ覚えです。



 日曜日という概念はキリスト教圏では古くからあったが、確かに午前中に教会へ行く日ではあったものの、決して仕事をしない日ではなかった。
 なぜなら、当時の仕事は自宅で行うものであり、家では何曜日であれするべきことに事欠かないからである。
 つまり、現代でも、農家に日曜日はなく、主婦に日曜日はないのである。

 産業革命後、「工場・会社で働く」という労働形態が出現して、はじめて日曜日が意味を持つようになった。
 なぜなら、工場にいる時間(働く時間)と工場外にいる時間(余暇・休息の時間)が区別されるようになったからである。
 日本における日曜日の定着もこの文脈で理解できる。すなわち、日曜日が法定休日とされたのは官庁においてであり、官庁と取引のある会社・工場がそれに倣い、資本主義の発展とともに定着したのである。

 この意味で日曜日の成立は資本主義と深く関連しており、finetoothcombさんが個人主義との関わりを考えられたのは慧眼と言えましょう。
 ところで、前近代にあっても王朝の官僚組織は「働く時間」と「働かない時間」を区別できましたが、休暇事情はどうなっていたのでしょう。
    • good
    • 0

どこまで時代を溯るかによって考え方が変りますね。

私は以前暦のことを調べたとき、週の概念の発生について面白い説を見つけました(後述)

1.古代人の休息は週に一回(そもそも週の概念がない)はありえないと思います。毎日の労働の中に自然と体が求める休息、食事、睡眠時間があったはずです。
2.人類が定住し文化が生まれてくると祭祀が発生し、祭祀に従事する間は一種の休息だったのでは・・少なくとも働いてはいない時間です。
3.時間の観念(原始的な暦の誕生)
バビロニアの遊牧民が最初ではないかと言われています。彼らは毎晩星を観察して
いるうちに恒星とは異なる強く輝く星に気がつき5つの星に神の名前をつけました。
(火星、水星、木星、金星、土星)これに太陽と月を加え7つの星の運行を観察して
ひとつの星が一日の運命を司ると考え7日周期の考えが生まれたという。

月の満ち欠けから7日周期の考え方が生まれたとする説もあります。
月の動きから一周約29日ということは早くから知られていたようですが、月の満ち欠けは新月から上弦まで7日、上弦から満月まで7日、満月から下弦まで7日、下弦から新月まで7日かかることから古代人は7日間をひとつの区切りと考えたという説です。

従って7日説は現在の宗教とは直接の関係はありません。キリスト教がユダヤ教の中から分派して生まれたのははるかに後代であり、キリスト教がユダヤ教の習慣(金曜の日没から土曜の日没までが安息日)を捨てキリストが復活した土曜の翌日を主の日と定めたのは4世紀ごろです。主の日、すなわち日曜日が重要な意味を持ったのは7日周期の考えが生まれてから少なくとも2千年は経過していたと思われます。

日本へ現代の週の概念が持ち込まれたのは16世紀にやってきたポルトガル人を通じてでしょう。しかし、キリスト教禁止のため定着しなかったので、本格的普及は明治維新後です。それまでの日本人は、仏教上の祭日と日本古来の原始宗教、中国の習慣などがミックスされ季節ごとの休息の習慣はあっても制度化された休暇は盆暮れ以外にはなかったのではないでしょうか。封建時代の休暇は与えるものと受けるものの立場で、理解が異なったと思います。例えば、兵役に従事しているものが田植えや刈り入れで休暇を貰った場合、本人にとっては休暇ではありません。異なる労働に従事するだけですから。
    • good
    • 0

こんばんは


全くの確証無し、当て推量ですが、周期的な休みというのは案外根本は生活習慣に根ざしたものなのでは、という気がします。
たとえば
日本人が古来農耕民族だったことを考えると、農閑期が休日にあてられたのでは。
田植えの後や収穫の後等。さらに農民がその土地の豪族の所有物と考えられていたなら、定期的に休みを与える(長く労働させられるように)というのも重要なファクターだったのでは?

西洋(ではないかもしれませんが、聖書の地、中近東を念頭に置くと)人が古来、遊牧民族であったことを考えると、定期的に遊牧地を移動するごとに人、家畜ともに休息が必要だったとも考えられますが、いかがでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京は葛飾柴又..........という言い方

口上などでの独特な言い回しなのかもしれませんが、寅さん映画で良く耳にする、

「東京は、葛飾柴又。」(生誕地を告げるシーンで)

という台詞の、この「は」は、文法上どのように解釈するのでしょうか。
「東京の葛飾柴又。」と言うのとでは、意味合いも違いますか。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 係助詞の「は」のようです(副助詞としてる辞書もある)。ちなみに現代文法。
 意味は、他と区別して、それ以外にない、という感じに限定したいとき使うようです。

 東京は葛飾柴又=(他でもない)東京の、葛飾柴又。
 江戸は神田=(大坂でもなく名古屋でもない)江戸の、神田。

 よく、外国人が日本語を勉強するとき、主語の格助詞「が」との意味の違いを云々される「は」ですよ。

 雨が降る=ふつうの叙述文。 
 雨は降る=振ってるのは雨なんです、というニュアンス。 

 でも、広沢虎造や渥美清を思い出しちゃいますね。
 あの調子が耳に残ってるせいかな。
 
 ご参考になれば。

Q日本人は欧米文化の真似をしたがる傾向が強いのですが、そんな日本人を欧米

日本人は欧米文化の真似をしたがる傾向が強いのですが、そんな日本人を欧米人はどう思っていますか?

Aベストアンサー

 欧米人は、自分たちのキリスト教文化が普遍的だと
信じていますから、日本が欧米の真似をするのは
当たり前であり、好ましい、と思っているでしょう。
 逆に、真似をしなければ、怒るでしょう。
 事実、一部の国に対し、欧米流の民主制を採らないから
ケシカラン、という言動も採っています。

 欧米人が一部日本の真似をする場合もありますが
それは部分的なものに過ぎません。
 日本は欧米化しつつあるけど、欧米が日本化
しつつあることはありません。

 日本を含む世界が欧米化しつつあります。 

 これは欧米が一番強いからです。
 中国が一番強くなれば、世界は中国化していくこと
でしょう。

 このように、世界が一つの文化、価値観に染まることは
よくないと思います。
 その文化が行き詰った場合、人類全体が行き詰ることに
なるからです。
 日本には日本の文化があり、欧米には欧米の、中国には
中国の・・・といった多様性を維持することが重要だと思います。

Q日本古来

今まで日本古来として知ってきたものの元をたどると中国から伝わりとか朝鮮民族から由来したなどが殆どでありました。天皇家でさえ最近は昔から韓国と交流が深くと言っています。元々日本から生れて日本独自で日本に残っている伝統というものを知りたいのです。
お詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #3です。度々お邪魔します。

 私が学生時代に習ったことに,比較文化論というのがあります。これは,これまで人類が生み出してきたさまざまな文化現象が,現代を生きるわれわれにとってどのような意義を有するかを明らかにする学問です。
 また,比較文化論は,文化のもつ多様性と普遍性を探求する学問で,多様性(オリジナリティーと言い換えてもいいかもしれません)を否定すると,この学問は成り立ちません。

 日本文化のアイデンティティーを示すためには,自らの文化そのものを知ると同時に,他との比較を通じてその相対的な位置づけを知ることは有意義なことでもあると私は思います。

Qアベノミクスは「賞味期限切れ」か....?

市場乱調―緩和頼みではもろい

 強気相場は悲観のなかで生まれ、懐疑のなかで育ち、楽観とともに成熟し、熱狂とともに消えていく――。

 米国の著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉だ。東京株式市場はどのあたりだろうか。

 きのうは、安倍首相がアベノミクスの要をなす成長戦略について自ら講演した直後から売りが膨らみ、日経平均株価は518円下げて終わった。

 「ニュースで買って発表で売る」という相場格言をなぞる展開で、アベノミクスへの期待ははや賞味期限が切れつつある。投機筋が先物市場で売り浴びせれば、緩和マネーは簡単に逆回転する。

 日銀が「異次元緩和」に踏み切った4月初めからの上昇分は8割がはげ落ちた計算だ。

 株価の上昇それ自体が経済政策の目標ではない。ただ、安倍政権は、とりまとめている成長戦略が力不足であることを認識すべきだろう。
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
みなさんどう思いますか
早くも化けの皮が剥がれたかんじです

Aベストアンサー

悪く言えば、何でも悪く言えます。

しかし、残念ながら民主から自民に政権が変わって以来、円安株高傾向は顕著です。

上がれば、利益確定売りか出て当たり前。
下げ気運になれば、投機マネーが売りまくり、市場は押されて下がります。
ここで、また投機マネーが利益確定買いをして、また更に上昇します。

あなたのように一喜一憂する俄投資家が微々たる資金で、その荒波に揉まれて損してしまうだけですよ。

Q欧米人は平気でルールを変えてずるい

日本人が勝ち始めると、欧米人は平気でルールを変えてずるいです!!という言説が
よく日本のメディアで出てきます。スキージャンプやF1など。
こんな本も出る次第。
ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887597797/

さて、こういう感情は日本の他にも、韓国や中国、インドや
イスラム、アフリカの人も持っているものなのでしょうか?
ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

1神教国民の特徴です。
聖書(旧・新)を読めば理解できます

彼らは神から地球上の生きるもの全てを統べることを認められていると書かれているので、民族の制圧や自然の破壊など平気で出来るのです。
そこからルールの途中改変も可能となります。
日本人は、去年の続きが今年となるが、彼らは去年は去年、今年は今年と考えるため、経済で負けると会計制度まで変えて勝とうとします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報