プロが教えるわが家の防犯対策術!

コロナワクチンを打った10代から20代のほとんどの若者が5年後早くて2年後ぐらいにワクチンの副作用でバタバタと倒れほとんどが死に至るなんてことあり得ますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

前述の回答者さん達と同意見です。

あり得ないと思います。

日本人だけでも既に一億人が接種しました。

仮に万が一あり得るとして、一億人の人達がワクチンの副作用でバタバタと倒れて死んでしまうと想像してみてください。たとえ接種せずに生き残ったとしても‥、その大惨劇に人間の精神は耐えられないと私は思います。

今のところ、ごく稀に副作用で亡くなったり苦しんでおられる方々がおられる事は確かな事実です。しかし、ここで頂いた情報では本当に極々稀な確率です。私はリスクよりもメリットの方が多いと思いました。

ただし、ダラダラと何度もワクチンは打ちたくないです‥汗。早く世界中に公平にワクチンを分配してほしいですね!!
    • good
    • 1

バタバタ倒れて死ぬなんてことはないと思います。



でも、短期間に何度もブースター接種するのは身体への負担が大きいのと、中長期の安全性はまだ分かりませんので、特に若い世代ほど、接種には慎重になる方がいいと思います。

5〜11歳までが接種対象として検討され始め、これまで素通りされてきた中長期の危険性なども議論されるようになってきたようです。

こちらの動画はワクチン接種についてとても分かりやすく説明されています。
概要欄に細かい説明とチャプターがありますので、よろしければご覧になって下さい。

抜粋
31:35〜
子供への接種を急ぐ必要はない
?t=491

43:42〜
小島勢二さんのお話
若い世代への中長期の影響
https://youtu.be/Z7fXH6cWBso?t=2622

2:17:14〜
誰のために打つのか
https://youtu.be/Z7fXH6cWBso?t=8234
    • good
    • 0

この世に生を受けたものにはやがてタヒが必ず訪れます。

一部のクラゲを除いて。
    • good
    • 0

反ワクチン派が一生懸命広めようとしているデマです。


2年で死亡するという話がいつの間にか5年にすり変わっていますね。
ちなみに反ワクチン派の多くは、単に注射が怖いというチキンらしいですよ。
    • good
    • 2

>ワクチンに拒否反応をしめす人が発信したフェイクニュースです。



いいえ。海外メディアが、突然死するサッカー選手やパイロットが前年比で100倍以上に跳ね上がっていることを報告しています。

アメリカでパイロットの死亡数が前年比で「 1,700% 」以上増加。
米航空会社の従業員にはワクチンの接種義務があるが、因果関係は不明
https://earthreview.net/us-pilot-deaths-increase …

FIFA所属のサッカー選手の試合中などの「心臓突然死」が2021年に「 500%増加した」とイスラエルのメディアが全リスト付きで詳細な数を報じる
https://earthreview.net/sudden-deaths-among-fifa …


日本のビジネス誌でもコロナワクチン接種に慎重になるよう注意喚起しています。↓↓

ノーベル生理学・医学賞の受賞で知られるウイルス学の権威、リュック・モンタニエ博士による警告である。曰く、「新型コロナウィルス用のワクチンを接種した人は長く生きれない。残念ながら、すでに接種した人には治療方法がなさそうだ。遺体を埋葬する準備をするのが精一杯できることだ」。

 ネット上に流布する陰謀論者の発言ではない。モンタニエ博士といえば、パスツール研究所に籍を置き、HIV発見の功績で2008年にノーベル生理学・医学賞を授与されている。

 そんな権威あるDNAとウイルスの専門家の率直な警鐘に他ならない。「スロー・キル」をもたらすワクチンというわけだ。これを無視していいのだろうか?
https://www.data-max.co.jp/article/42298


そうそう、イギリスでは季節性の風邪も流行しているようで、ワクチン接種者の方が感染率が高いのだそうです。
ワクチンを打ったために抵抗力が落ちてしまったんんですね。

コロナウイルスやコロナワクチンについては分かっていないことが多いので、ワクチンの中長期的な副作用、心疾患や癌などの発症リスク、妊婦への影響など、すべてが未知数です。
短期的な情報しかわかっていません。

ふつう、ワクチンや医薬品は10年以上の年月をかけてから流通させるものなのですが、
何か大人の事情があるようで、違法な手続きを踏んだ医薬品を世界にばらまき、国によっては接種を強制するというナチスドイツのガス室を彷彿させる国家犯罪を始めた国もあります。

昭和の初期、「ヒロポン」という滋養強壮剤が発売されていましたが、成分は現在、覚せい剤取締法で規制されている危険な薬物でした。
飲むと一時的に覚醒状態にはなるのですが、その後、ひどい疲労感と依存症に苛まれ、結果として何十万人という覚醒剤中毒者を出して社会が混乱したことはいうまでもありません。

あれと同じことを、いまの時代でやっているのです。

コロナワクチンは、人類が初めて試作した「RNAワクチン」という、効果も中長期的な作用も未知数の代物。
数か月で設計、製造、臨床試験した試作品。
効果がありそうだからということで、数か月の治験を経て市場に流した医薬品モドキ。

通常は10年近い年月をかけて市場に出すものなのですが、コロナワクチンに至ってはわずか1年で市場に流してしまいました。
怖いですね。

そのうち、身近な人達が死にまくっていることに違和感を感じ、
全世界でも人の大量死が起きていることを目の当たりにして、
そのときに国やマスコミに騙されていたことに気が付く、というケースになるかと。

気にしなくても、あと1年以内に結論は出ますよ(∩´∀`)∩
    • good
    • 1

>ワクチンの副作用でバタバタと倒れほとんどが死に至るなんてことあり得ますか?



ありえません。
ワクチンに拒否反応をしめす人が発信したフェイクニュースです。
    • good
    • 2

ないでしょうね


mRNAワクチンの歴史は意外と古く、2010年代から繰り返し治験が行われている技術です、1年前に突然生まれた技術ではありません、本当にばたばた死ぬならもうそうなる研究結果が出ていますよ
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング