教えて!gooグレードポイントがdポイントに!

生きてできることを一つずつこなしていけば、いつか道はひらけますか?
いじめの後遺症がキツイ

質問者からの補足コメント

  • 22歳です

      補足日時:2021/12/20 16:20
教えて!goo グレード

A 回答 (6件)

私は18歳まで虐めと差別を受けました。



その後はその人たちを見返すつもりで、一生懸命働きましたし遊びました。

良い遊びと良い仕事をすれば、周りが助けてくれます。
信用が取れましたら、会社の創立者から社長を遣れと言われて、名義上の社長にされました。

自分にできることを大切にしていけば、認めてくれる人が出てきます。
私は虐めた人や差別して人を忘れないで、その人たちの上を目指しました。

苦しい時はその人たちを考えて、見返してやると考えると元気になりました。
    • good
    • 1

小さな事でもいいので、成功経験の積み重ねで自信もつくし、前向きな考え方にもなります。


そうやって最初は微々たるものでも、少しずつグレードupしていってます。

道は切り開いていけます。
いじめの記憶はなかなか消えないかもですが、自信がつけば今とは違う自分になってますよ。
    • good
    • 0

いじめは 「する側」が 自己の劣等感を自分で処理出来ず


相手に投影させた結果です。

「される側」には 本来何も 悪いところは無く
それどころか、優しさ故に 標的になって「あげた」に過ぎません。
なので 主様は何も悪くないのですよ。
勘違いした人間に 不当に貶められたのです。

だから 怒って良いのです。
苦しめられなくて良いのです。
どうか その事を知ってください。
知ったからと言って その後遺症がたちどころに消えて無くなる訳では
ありませんが、

少しずつ 回復することが出来ます。
カウンセラー等の専門家の助けを借りても良いのです。
生きてください。そんなやつらに 負けるな❗
主様の前に きちんと道は開けています。ただそれが
不当に貶められた苦痛で見えなくなってるだけです。頑張って。
    • good
    • 0

そりゃ当然 出来る。


そして道は開く。
というか 既に開いている。

開くことを夢見ている段階で 既に道は開いているのだ。

幸せとは 幸せな場所があるのではなく そこに向かう足取りが幸せ。
貴方が既に 向かおうとしている段階で 貴方はもう その切符を手にしている。

重要なのは 歩みを止めないこと。
そして 大切なものを手放さないこと。
小さくていい 僅かでいい。
「これだけは」というものを 持ち続けることだ。
    • good
    • 1

前に歩くときは一歩ずつ足を踏み出さないと進めませんからね。

歩く道を選ぶのは貴方が学んだ知恵と経験です。
環状線に乗ったら同じ所を回って車庫に入るだけです。目的に向かう電車に乗るか、行ける街道を歩かないとね
    • good
    • 0

そうであって欲しいです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング