プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

「やる」、「あげる」は、当然の前提として、「無料で」、「ただで」という意味だと思います。例えば、次の(1)は、当然、「ただでやった」という意味だと思います。
(1)彼女はその車を姪にやった。

でも、次の(2)も何の問題もなく正しいように思います。
(2)彼女はその車をたった1万円で姪にやった。

でも、たった1万円とは言え金をもらったのなら「やった」というのは正しくないとも思います。つまり、(2)は正しいように見えますが実は正しくない日本語のようにも思えます。

「やる」の使い方として、(2)は正しい日本語でしょうか。

質問者からの補足コメント

  • すみません。
    御回答をよく読まないでNo.6のお礼を書いてしまいました。

    (2)が正しいということは、はっきり御回答いただいていました。
    No.6のお礼の「(2)は正しいということでしょうか。」は無視してください。

    申し訳ありません。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/12/24 21:06
教えて!goo グレード

A 回答 (29件中1~10件)

>「やる」、「あげる」は、当然の前提として、「無料で」、「ただで」という意味だと思います。

例えば、次の(1)は、当然、「ただでやった」という意味だと思います。
この前庭が変。だから以後の質問は成り立たない。
    • good
    • 0

>>それは、「あげる」は当然「ただで」ということだと思っているからではないでしょうか。


「10万円よ。」と言われて、「自分が思っていたことと全然違う。」と思ったからではないでしょうか。

Bが勝手に「ただで」ということだと思い込んだだけで、当然の前提として、「無料で」、「ただで」という意味ではありません。■
    • good
    • 0

嫁にやる‼️はおかしいよね‼️物じゃないんだから‼️(´▽`)

    • good
    • 0

No.20 sunchild12さんの やる は上から目線、あげる は下から目線の同じ言葉というのが正しいと思います。

猫にあげる、は間違い、というのは正しいと思いますが、最近はペットの方が偉いケースもままあって、猫にうやうやしく差し上げる人もあるようです。
    • good
    • 0

年金生活になる頃生活費なくて〇〇くーんと絶対に帰って行くでしょう。

あげるとか言わないで一度1人でやって見なさいな。姉だったらの話です。
    • good
    • 1

アメをやるからガムをおくれ。


  スコンブならやるよ。
  10円くれたらガムをあげる。
  ガムをやるから10円くれよ。
どれも成立するでしょう。条件や代償が付帯していてもいなくても「やる・あげる」と言える。
    • good
    • 2

それをいってしまうと


次のような歌の場合にどうなるかですね。
奥様や恋人とならなるほどになるが、
だれでもできる話にあらず。こればかりは
お金がいくらあっても相性で、
失敗する人もいるよね。
上げる方とやる方の立場の違いですね。
逆になる場合も想像する人いますか。

車とは、また味が違いますよね。
    • good
    • 0

>やはり、「やる」、「あげる」には、当然の前提として、「無料で」、「た>だで」という意味があるのではないでしょうか。



NO10 です。
他の回答にもあるように (4) の場合は、
「大掃除をする」と云う条件があります。
ですから、この場合も 無償と云う事は出来ないと考えます。
B が怒るのは、初めに 金銭の条件を提示されなかった事です。
「あげる」の意味には 何の関係もありませwん。
    • good
    • 0

「やる」が有料を含んでいるなら、「もらう」も「くれる」もそうなります。

「お隣さんから、お土産いただいたよ(もらったよ)」は明らかに有料だという意識が有りません。しかし、日本では「もらった」ものは「いつかお返しをしなければならない」という意識が残ります。損得勘定を抜きにして「返礼」の意識があります。そこに、「礼」の感覚があります。日本で「授受動詞(やりもらい動詞)」が発達したのは、そういう「礼」の意識があるからです。孔子によって「礼」が重んじられた中国も、今や「ぶったくり」の国に変わりました。せめて日本だけでも「礼」を重んじて欲しいものですね。
    • good
    • 1

>「やる」、「あげる」は、当然の前提として、「無料で」、「ただで」という意味だと思います。



そもそも、前提が間違っていますよ。
「あげる」は「やる」を丁寧に表現した「謙譲語」です。
 
「お金と引き換えに」とか「無料で」とかは全く関係ありません。


「あげる」は目上の人に物を渡す時などに使います。
「兄にお菓子をあげた」など。
同様にもっと丁寧な言い方としては「差し上げる」があります。
「上司にお礼の品を差し上げようと思います」など。

一方で「やる」は目下の人や、動植物に対して使う言葉です。
最近、「猫に餌をあげる」「花に水をあげましょう」などと言った表現をよく耳にしますが、そもそもおかしい表現です。
正しくは「猫に餌をやる」「花に水をやる」です。

正式には上記の通りですが、実際には「やる」は少々乱暴に聞こえる事もあり、「あげる」と言い換える事も実生活では多くあります。
「後輩にユニフォームをあげた」など。

が、正確には、「あげる」はあくまでも「やる」の謙譲語ですから、本来は最初に説明した通りです。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング