日本にある大きな発電機(可搬型)の容量はどれくらいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

なぜご質問しているのか理由がはっきりないので少々ボケますが、日本にはさらに大きな移動式の発電機があることを思いつきました。


船舶、航空機、車両は電気事業法の規制を受けないのです。
 まず船舶。どれが一番か判りませんが電気推進式の船舶の発電能力はとても大きいです。例えば南極観測船”しらせ”は3680kw×6の推進器を持っているので2万数千kwの発電能力があります。横須賀辺りにある米国海軍の原子力空母はこの数倍の発電能力があるでしょう。
 陸上では新幹線。100系ひかりが1編成で9600kwの出力があるので回生ブレーキの作動時にはこれぐらいの出力があるはずです。屁理屈でどうもすいません。
 最後は輸出用発電プラント。国内で浮体の上に建造してそのまま海上を引いて輸出するタイプがあります。これは30万kwクラスがざらです。最大の事例はわかりませんが....
    • good
    • 0

一年ぐらい前では、北海道電力(株)の所有する3600kVAの発電機車が実働機では最高の出力を持っているはずです。


主な用途は送電線や変電施設での部分停電工事をするときのバックアップです。当然、有資格者が搭乗して運転します。
あとは、カタログに載っているので工場ではテストされているはずで”あるか?”といえば”ある”わけですが、川崎重工のカタログには4000kVAの発電機車がラインナップされています。→http://www.khi.co.jp/hangas/products/mpu/

参考URL:http://www.hepco.co.jp/press/h09/press010.html  
    • good
    • 0

1000kwまでです。



というのは、1000kwを超えると大型発電設備として
法規制が変わってしまうからです。

最近、非常用発電機として、ガスタービンタイプが
良く導入されています。
これは立ち上がりが良くて安定していて良いのですが、
燃料消費に難があります。
そして、もうひとつ、全面点検の時に、工場引き取りになります。
このため、メーカーにはトラックにガスタービンエンジンを積んだものが
用意されていまして、
工場引き取り時の代替品としてユーザーの処に派遣するシステムが
できてきます。

これが一番大きいはずで、その上限が1000kwです。
    • good
    • 0

可搬型発電機の容量はピンからきりで、可搬型の基準にもよりますが30KW程度まででしょう。

一人で持ち運べる大きさというのならもう少し小さくなります。

日本にある大きな発電機という文章が少し気になりますが・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽光発電 発電容量の違いによる発電量の差異

太陽光発電を行うに際し、発電容量の違いにより発電量はどのくらい差異が出るものでしょうか?

一般的に「3kW」を目安に設置するということらしいですが、
これが「2kW」しか設置できなかった場合、単純に発電量が2/3に
なるということなのでしょうか?
つまり、売電による収入も2/3になるということでしょうか?

Aベストアンサー

今度実施される買い取り価格制度は「余剰電力に対して」通常のほぼ倍になるという仕組みです。
つまり、自家消費が3kWタイプで賄えない(=余剰が無い)場合は単純に1.5倍になるだけです。(想定クラスの発電量が単純にクラス値に比例すると仮定。クラスとはnkWタイプの"n")
逆に2kWタイプでも賄えるような電力利用状況であれば、3kWタイプにすると余剰が増えるため、大幅に収入(売電)が増えることになります。

という事で、
> つまり、売電による収入も2/3になるということでしょうか?
これは、質問者さんの使用電力量によって変わるということになります。

一般的には3kWタイプで年間の総発電量が3000kWh強位だと思います。

Q非常用発電機と予備発電機の違いについて

建物等のバックアップ電源として発電機を設置している
場合に、「非常用発電機」と呼ぶ場合と、「予備用
発電機」と呼ばれる場合があると思います。

この「非常用」と「予備用」には何か明確な区別が
あるのでしょうか?

消防法や建築基準法で明記されているのかとも思い
ましたが、見つけられなかったもので・・・

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

非常用電源とは消防法で規定している消防用設備(屋内消火栓、自火報、スプリンクラー、他)用の電源
予備電源とは建築基準法で規定している設備(排煙、非常照明、他)用の電源

非常用発電機とは上記の非常用電源及び予備電源を供給する設備です。
所轄消防署への設置届出が必要です。(非常用発電機でなくても届出要)
予備用発電機とはよくわかりませんが、コージェネなどで定期点検時でも無停電で点検するために複数台で設置します。その予備機?を言っているのではないかと思います。

Q発電機の選定で困っております。 この度仕事で、家庭用エアコンを発電機を使って使用したいです。

発電機の選定で困っております。



この度仕事で、家庭用エアコンを発電機を使って使用したいです。

発電機の容量のをどれにすれば良いか教えて欲しいです。

何kwの発電機が必要か教えて欲しいです。

エアコンのスペック
・単相100V
・暖房能力 4.2KW(0.7kw〜4.7kw)
・冷房能力 3.6KW(0.7kw〜3.8kw)
・消費電力 暖房 1210w (170〜1275w)
・消費電力 冷房 1200w(155〜1230w)

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ここに有用な情報があります。ご確認下さい。
http://www.honda.co.jp/generator/choice/#step3
起動時エアコンは通常消費電力の2倍近くの電力を消費しますのでそれも考慮したほうが良いです。

Q48V整流器に対する非常用発電機の容量算出について

三相交流200V入力で、DC48V出力の整流器に対して、非常用の発電機の容量はどの程度の大きさを見込めばよいでしょうか。
整流器負荷電流は30A。
整流器ユニット容量は50A。
整流回路の効率は0.6と仮定して。。
蓄電池は500AHですが、充電による電流は今回考えません。
4.5kVA程度の発電機であれば足りるでしょうか。。
条件が不足しているかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

負荷容量は、DC48V×整流器負荷電流30A≒1,500W
整流回路の効率は0.6ならば、1,500/0.6=2,500W
発電機運転を負荷率70%とした場合は、2,500/0.7=3,570W
4.5kVAあれば十分、と言えるでしょう。

整流回路の効率は0.6の意味が分かりませんが、
整流出力をDC/DCコンバーターで48V出力とするならば、
これを90%(仮の数値)に置き換えてよいと思います。

蓄電池の充電は直流になり、0.1Cでも50Aにもなります。
充電直流は負荷と兼用するのであれば整流器容量が不足し、
別途としても、発電機容量を考え直さなければなりません。
一緒に考えておくべきでしょう。

Q発電機のほとんどが同期機である理由

火力機や水力機の発電機が同期発電機なのはなぜなのでしょう。

Aベストアンサー

同期式・非同期式の違いを復習してください

周波数の安定した交流を発生させたいからです

非同期の発電機は、単独では安定した発電はできません
安定した送電網に接続したときのみ安定した発電が可能です
ですから網の同期発電機の割合が少なくなれば、網の安定運用ができなくなります


人気Q&Aランキング

おすすめ情報