思い出も作品も3Dデータで残せる!

我々の宇宙にある素粒子はどういった事情でこれほどに大きさが小さいのですか

回答以外の事を書く人が過去の質問でいました
迷惑なのでやめてください

質問者からの補足コメント

  • これまでのところみなさん回答ありがとうございました

      補足日時:2021/12/29 20:45
教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

素粒子は、粒ではありません。

波です。波にはエネルギーの単位があって、その塊が、相互作用をしないとき、まるで粒のように観測できるというだけです。波なので、あなたが思う、大きさという概念がそもそもありません。

また、それらをモデル化した、標準模型では、素粒子は点で、大きさははありません。相互作用を計算すると、発散してしまいますが、それを、ノーベル賞学者、朝永振一郎先生のくりこみという手法で回避します。

将来的には、超弦理論などにより、極限の状況が、もっと詳しくわかるとされていますが、それも弦の振動で、素粒子を表現するもの。

あなたが思う、物質というか、粒は、ミクロの世界には存在しない。それが場の量子論の解明した、この世の仕組みです。
    • good
    • 2

「人間原理」によれば、そうだからこそ我々が誕生し、また我々が存在するということは、この世がそのようなものであるということなのである。

    • good
    • 0

現在の量子力学の標準模型では素粒子は無限小の大きさとしています。


そもそも素粒子の相互作用により、原子核ができ原子や元素ができ、さらに化合物ができ、宇宙の物質がつくられています。

基本粒子なのですから小さいのがあたりまえなのですよ。素粒子が小さいと言うよりも我々が大きすぎるのでしょう。
    • good
    • 1

「結果的に今の大きさになった」としか言えないでしょうし、また他の回答にもありましたが「素粒子の大きさが小さい」と言うのはあくまでも人間を基準としたマクロな存在から見た話です。

仮に素粒子1個の大きさが銀河系ぐらいあったとしても、その素粒子からできる人間の身体はさらにバカでかいものになるわけですから、その場合でもやはり「素粒子は小さい」と言う感覚になるはずです。
    • good
    • 1

小さい、大きいてのは相対的な


モノです。
つまり、何かと比較して小さい、という
ことです。


この問いは、生命体はなぜ素粒子より
桁違いに大きいのか、という
シュレディンガーの問いかけになります。


彼は次のように説明しています。

もし、機能をもつ物質が数個、あるいは一個の原子からなる場合、
どうであろう。
周囲の分子と機能をもつ物質とが同程度の大きさである以上、
分子の熱運動により大きな影響を受ける。

例えば、ニューロンが数個の原子でできている場合、
周囲の分子が偶然に高速で衝突することによって勝手に
化学反応が生じてしまう。

すると、何かしらの思考が偶発的に発せられ、
もはや秩序だった意識はもてないだろう。

また、代謝を担うタンパク質が少数の原子から成るのであれば、
これが周囲の分子の衝突によって、
別の形状に変わってしまうこともおきうる。

そうなれば、代謝を維持することは困難であり、
生命は短時間で熱力学平衡状態に陥ってしまうだろう。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング