最近MATLABを使い始めました。

どうしても分からないことなのですが、例えば

t=[1 2 3 … 99 100]を1から順に入力するのではなく

簡単に入力する方法をご存知の方お願いします。

A 回答 (2件)

はじめまして.



t=(1:100);
とすれば
1 2 ・・・ 99 100
となります.縦列のベクトルにしたい場合は
t=(1:100)';
とすればOKです.
ちなみに,初期値をf,最終値をl,値の増分をdtとすれば
t=(f:dt:l);
でOKです.
マトラボって,使いこなすとプログラム開発時間が激減しますよ.
がんばってください.
    • good
    • 0

for文もあるので、それをぐるぐる回せば作れると思いますが、


エレガントじゃないので、次のようなのはどうでしょう?
sum(triu(ones(100)))

でも、一時的に n^2 のサイズの行列ができてしまうのが不満^^;
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q500[J]は500[N・m]である。

500[J]は500[N・m]である。
これは正しいでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

次元としては正しいです。
計算の途中式でも、N×m=J のようになります。

しかし、国際単位や法令(計量法、計量単位令、計量単位規則)では、
「ニュートンメートル」は力のモーメント(トルク)の単位としてしか使えないことと決まっています。

Q[ReRIZON]世界言語マニュアル[仮]←これってどこまでが著作権ですか?

[ReRIZON]世界言語@マニュアル[仮]


[=] = 前節の意味がおよそ後節になる意味で使う記号
    [A=B] =[A]の内容は[B] である~
    =[私輩 = 百合 //]=[私輩はガチレズだ]


[//] =文章を内容により区切りたいときに使う記号
    [私輩 = ゆるゆり3期/わりと好き / /] ~
  =[私輩はゆるゆり3期がわりと好きだ]


[+]= 単語や文節などのあいだにはさんで使う記号
    [A+B]=[A]の内容に[B]を加える
    [私輩 = ネコ+フェムフェム //]~
    =[私輩はネコでフェムフェムだ]
     

[-]=[+]とは逆に内容から要素を省くときの記号
    [A-B] =[A]の内容から[B]の要素を省く~
    [私輩 = ロリ - ペド //]~
    =[私輩はロリコンだがペドフェリアではない]


[*]= 単語や文法の示す範囲を拡大するための記号
     [A]の意味の範囲を[B]まで拡大する
     [~!] = 2番 * ロリコン]~
     =[だがロリコンじゃあ2番だ]

[/] = 単語や単語や文法の示す範囲を拡大するための記号
     [A]の意味の範囲を[B]まで拡大する
     [私輩 = 2番 / ロリコン]~
     =[私輩はロリコンで2番だ]
     [//]= と繰り返すと[。]と同じ意味になる

[~] = 文脈が続くことを意味する記号
     [A~] = 文節ラストにくれば[改行]の意味になる


[?] = [疑問符]もっとも近い単語や文章が疑問系になる
     [?]=ロリ/人生]~
     =[ロリは人生か?]

[!] = [否定符]もっとも近い単語や文章が否定される
     [これ=ロリ?=[!]ペド]~
     =[これはロリですか? いいえペドフェリアです]

[<>]= 単語や文章を比較するための記号
     [ロリ>ペド]歳
     =[ロリはペドより年上だ]

[$] = 普通に[ドル]だし[A]につければ値段になる
     他の単位も[%][k][メートル]ぽく

[uronly]=半角文字は[ ]で囲うとわかりやすい気がする

[[]] = 文章を意味として囲いたいときつかう記号
     ]と[の差はべつに現段階では気にしてない
     [結婚=[仮]
     [セリフ]もこうして囲っとけ

[↑↓]= 文章中にない単語などから引用するための記号
     [↑]草生えるw

[初質問です」よろしく☆とりあえずココまで作ってみたけど

言語自体に[著作権]はなさそう故~何処までが権利でしょうか?

[ReRIZON]世界言語@マニュアル[仮]


[=] = 前節の意味がおよそ後節になる意味で使う記号
    [A=B] =[A]の内容は[B] である~
    =[私輩 = 百合 //]=[私輩はガチレズだ]


[//] =文章を内容により区切りたいときに使う記号
    [私輩 = ゆるゆり3期/わりと好き / /] ~
  =[私輩はゆるゆり3期がわりと好きだ]


[+]= 単語や文節などのあいだにはさんで使う記号
    [A+B]=[A]の内容に[B]を加える
    [私輩 = ネコ+フェムフェム //]~
 ...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも著作物ではない。ことばの羅列でしょ?そこに独創的な原作な物語があれば著作権があると言える。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E7%89%A9

Q受験の為の勉強か、将来高校教師になるの為の勉強か [化学] [物理]

この春より浪人中のものです。
将来は高校の理科(化学)の教師になりたいと思っています。

僕の志望校(教育学部)の二次試験では物理IIは必要ありません。
必要なのは物理Iのみです。
滑り止めとして考えている大学では物理は必要ありません。
しかし将来、大学で化学を学ぶ上で物理の知識は必須だと聞いています。

大学に入学する為なら物理IIを勉強する必要はありませんが
将来のことを考えると勉強しておくべきだと思います。
ですが、志望校との距離は今年1年必死で頑張ってやっと、というところです。


そこで質問です。
大学の化学の勉強はそこまで物理とリンクしているのしょうか?
また、僕は上記の状況で物理IIを学ぶべきでなのでしょうか?

アドバイスお願いします!

尚予備校のテキストの関係上できるだけ早く回答を頂きたいので困り度???とさせてもらいます。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 私も、今は大学に入ることを最優先で考えた方がよいのではないかと思います。
 
 高校の教科「理科」の下にはさらに科目「化学I」や「物理I」さらには、「生物I」「地学I」「理科基礎」「理科総合」などというものがあります。化学を専門とする教員でも、時間割の関係上でどうしても生物や地学を担当しなければならない場合も出てきます。
 日本史や世界史などの担当の「地理歴史科」教員と、政経や倫理などの担当の「公民科」教員とで分かれている社会科系の教科との一番の違いです。

 少し、ややこしいお話をさせていただきます。ただ、教職志望の方なら知っておいて損はないと思います。
 学校において何を教えるか(「教育課程」といいます)は、高校の場合「各教科」「特別活動」「総合的な学習の時間」の3つの分野から作られます。このうち、質問者さんが問題としていらっしゃる「物理の知識」については、「各教科」の内容となります。しかし、それ以外にも修学旅行や文化祭、卒業式といった「特別活動」、さらには各教科や特別活動の枠を超えた「総合学習」も教えていかねばなりません。また、高校は学校ごとにカラーがまったく違いますので、「文化祭をいかに盛り上げるか」という学校から「生徒たちをいかに文化祭に参加させるか」ということを重視して考えなければならない学校から、色々あります。
 それらは、質問者さんがかつて児童・生徒だった頃の経験も多分に生きてくるものと思われます。こういう分野もあるので、今は各教科の知識についてばかり過剰に心配する必要は、私は無いように思います。
 
 こういう部分からも、今化学および物理というある科目だけに集中してしまうのは早いと思います。
 ですから、今は大学入試を乗り越えることに集中した学びを進めましょう。実は、私も教職志望者です。しかし、今こうして教育学を専攻する学部に入学して思うのは、入試の時の教科の勉強と、教職に就く上で必要な知識や技術はあまりリンクしないものだということです(まったくリンクしないとは言いません)。教員は研究者とは違うということを、お世話になった高校の先生がおっしゃっていましたが、今それを実感しています。

 質問者さんの幸福な将来を願っています。

 こんばんは。
 私も、今は大学に入ることを最優先で考えた方がよいのではないかと思います。
 
 高校の教科「理科」の下にはさらに科目「化学I」や「物理I」さらには、「生物I」「地学I」「理科基礎」「理科総合」などというものがあります。化学を専門とする教員でも、時間割の関係上でどうしても生物や地学を担当しなければならない場合も出てきます。
 日本史や世界史などの担当の「地理歴史科」教員と、政経や倫理などの担当の「公民科」教員とで分かれている社会科系の教科との一番の違いです。

...続きを読む

Q桑野 隆訳[マルクス主義と言語哲学] 北岡誠司訳[言語と文化の記号論]の英題は何というのか教えてください。

私は現在イギリスに住む者です。「言語論の観点からミハイル・バフチンの本を読むなら桑野 隆訳[マルクス主義と言語哲学] 北岡誠司訳[言語と文化の記号論]がいい。」と他の書物から知りました。イギリスでこれらの英訳版を探したいと思っていますが、どれが上の本に当たるのかがわかりません。もし上記のいずれかを持っておられる方いましたら、原題もしくは英題を教えていただけないでしょうか?よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

この本はV. N. Volosinov の著作です。
ヴォロシノフ名義だが、バフチンの著作であるとされてきたので、日本ではバフチンの名前で翻訳されました。
英訳タイトルは
Marxism and the Philosophy of Language
Amazonなら、£18.00ですね。


#念のため。
北岡誠司訳『言語と文化の記号論:マルクス主義と言語の哲学』(「ミハイル・バフチン著作集」第4巻)

桑野隆訳『マルクス主義と言語哲学:言語学における社会学的方法の基本的問題』
は、原文は同じです。

Qモル濃度についての問題です。 この問題で溶質を求めるときに なぜ30[g]/60[g/mol]になる

モル濃度についての問題です。
この問題で溶質を求めるときに
なぜ30[g]/60[g/mol]になるのかがわからないので教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

問題の肝心の部分が無いのですが…
式から推測するに、30gというのは溶かした化合物の質量(g)ですよね。
60g/molというのは式量もしくはモル質量というもので、1モルあたりの質量です。
60g/molということはプロパノール辺りが考えられますが…これだけではよく判りません。

化合物の質量(g)/モル質量(g/mol)の計算をすることで、化合物の物質量(分子の数)が何モル存在していのかが判ります。
30(g)/60(g/mol)=0.5(mol) 0.5mol存在していることになります。
モル濃度は溶液の単位体積当たりの溶質のモル数なので、0.5molを0.200Lで割って1L当たりのモル濃度を2.5mol/Lと求めています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報