初めて質問させていただきます、フーです。
長らく製造されていなかったと聞く「アブサン」が最近また手に入るようになったと聞きました。
長らくお目にかかれなかったのは何でもWormwood(ニガヨモギ)を使用しているため、それに含まれるTHUJONEが問題とのことで復刻版もTHUJONEは10PPM以下という制約付きとか。THUJONEとはそもそもどういった成分で何がそんなに問題視されているのでしょうか?
買ってみようかと思うのですがちょっと怖くて手が出ません。

分かる方宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前幸運にもスペインの方で昔のアブサンを飲んだことがありますが、今回発売された物と比べるともっと味が強烈だったのを覚えています。



ペルノーやリカールの方が味としては若干近いように思います。

もちろん習慣性などがないように配合を換えてあるそうですので特に飲んでも問題ないでしょう。

Thujoneの正確な効果は知られていないが、その形状が非常に現代のマリワナに含まれる成分に似ていることから、その効果も類似していると考えられているそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験談有り難うございます。

お礼日時:2001/08/31 21:56

アブサンは、今年から2つのメーカーから復刻されました。

ニガヨモギの量は制限され、昔と全く同じレシピではありませんが、味自体はほとんど同じそうです(誰が昔の味覚えてたんだ?)。2つのメーカーでのレシピも微妙に違うそうです。
で、ニガヨモギの成分についてですが、一般には習慣性があるということで禁止されていました。今回は、その成分量を規制することによって復刻が認められたようです。過去に禁止された経緯が習慣性ということですので、今のアブサンは全く問題はないでしょう(私に言わせれば、真夏の生ビールのほうがよっぽど習慣性があると思うぞ)。

味はハーブ系リキュールに近く、甘くてハーブの香りがします。シャルトリューズ系の味かなぁ?好きな人にはたまらないでしょうけど、ハーブが苦手な人は無理かもしれないですね。私はおいしいと思いましたよ。ちょっとしたショットバーならおいてあるので、かの文豪ヘミングウェイも愛飲したというアブサン、まず試してみられたらいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただき有り難うございました。
味の表現何となく分かります。参考になりました。

お礼日時:2001/08/31 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「あぶさん」の奥様、サチ子は何年うまれ?

あぶさん、1~43巻までもってるのですが、
いまいちわからないんですよねえ・・・サチ子が高校生のときに
出会ったのはわかるのですが、あぶさんとの年齢差がいまいち・・・

何年生まれだと絶対にわかるシーンが1~43巻の間にありましたら
ぜひ教えてください。見落としてるかもしれないんで・・・
44以降でもいいですけど・・・
とにかくサチ子さんの生年が知りたい!よろしくお願いします。

カテゴリ「野球」の方がよかったかな・・・

Aベストアンサー

「あぶさん」も長いですね。(^^

サチ子の生年については、9巻の舞台が昭和51年であぶさん29歳で、その5年前にサチ子が高校生の時に出会っている。
(昭和46年・あぶさん24歳の時の出会い)

第1巻であぶさんプロデビューの舞台は昭和48年、ここではサチ子とあぶさんは飲み明かしていますので、当然サチ子は20歳以上と想定すると・・・。

あぶさんとの出会いは高校3年(18歳=昭和28年生まれ)の時となりますがいかがでしょうか。

Qアブサン

アブサン(つづり見ますとthe付いてるのでサントでしょうか?)は味覚的に
あのアニス?が強いパスティスと考えていいでしょうか?

Aベストアンサー

パスティスは「まがい物」と言う意味だったと思います。
名前どおり、アブサンが販売禁止された後、「アブサンの代用品」として発売されていた酒のことを指すはずです。

分類的にはアニス酒と分類するのが普通かと思います。

Qあぶさんを読んでて疑問が・・・

マンガカテでもいいのですが、こっちのほうが
しっくりくるような気がして・・・不相応でしたら
gooサポートの方移動お願いします。

さて、久々にあぶさん1巻を読みましたが、
そういえば、あぶさんを南海ホークスにひっぱってくれたのは
「岩田鉄五郎」という人でしたが、この方、他の水島マンガに
でてきてませんでしたっけ?出ていたら他に何のマンガに
でているか教えてください。それと自分あぶさん54巻まで集めましたが、
序盤以降岩田氏がまったく出てこなくなりました。
1973年時点で50歳という設定、病気持ちでもあったので
もう亡くなっているということになっているのでしょうか。
このへんの裏事情をご存知の方からの情報お待ちしております!!

Aベストアンサー

「ストッパー」という漫画にも出てきます。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/1328/mizushima/stopper.html
また、こんなもんもあるみたいです。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Piano/1585/comics/tetugoro.html

Qアブサンの濃度

一番濃いのは何度くらいですか?

Aベストアンサー

95度です

Q「あぶさん」の内容が変

ビッグコミックオリジナルの11月5日号の「あぶさん」ですが、なぜかダイエーと中日のシリーズになっていました。
なぜ西武が出場したのに、ビッグコミック関係者や小学館は内容の訂正もせずにそのまま載せたのでしょうか?

Aベストアンサー

原稿作成時期にはまだパ・リーグのプレイオフ中だったからでは?
釣りバカ日誌の冒頭では「日ハム・西武」のプレーオフがコメントされています。

ただ、話の展開上、落合監督との対決が必要なようなので、西武出場が決まっていても、ダイエーと中日のシリーズになっていたよに思います。

私はシーズン中にあった中日の川合のバント&ランが使われたことに驚きましたけど。

Qアブサン

先日初めてアブサンを購入しました。
強烈な香りで飲めないとおもいつつ、(角砂糖とコーラで割って)最初のうちはなぜかすすみましたが、後のほうで匂いに耐えられなくなってきてしまいました。
まだたくさん残っているのでおいしくアブサンを飲める方法があれば教えてください。
この香りが消えてしまったらアブサンを飲む意味がないとは思いますが、それほど香りが気にならずに飲めるといいなと思っています。

Aベストアンサー

私などはその香りが堪らないと思う方なのですが、確かに好き嫌いは分かれますよね。
それとコーラは確かに強烈なので、一見良さそうですが、くどく感じて、その組み合わせが趣味に合わなかったということもありそうです。

そこでまずは、ごく少量のアブサンに柑橘系(レモン、ライム、オレンジジュース)(+必要に応じてトニックウォーター)というのはいかがですか。
柑橘系は清涼感があり、アブサンとの相性も良いので、コーラのくどい味や香りと混ざったものが駄目だったとしても、いける可能性はあります。
お家にある程度リキュールやアルコールが揃ってるのであれば「アブサン カクテル」で検索すると色々と出てきます。中でもアプリコット・リキュールやキュラソーと合わせるタイプのものは、香りの癖がマイルドになります。+ミントリキュールもハーブっぽさは増しますが、あの独特な香りは薄らぎます。

そうして香りに慣れてきてから普通の飲み方にチャレンジされてはいかがでしょうか。

Qなぜ野球漫画の主人公は皆ピッチャーなのですか?

なぜ野球漫画の主人公は皆ピッチャーなのですか?
全部の野球漫画を読んだわけではないのでわかりませんが、大体の
漫画では主人公がピッチャーでした。
やっぱり、一番出番が多くてかっこいいからでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、はっきり言えば目立つからです。
目立つポジションと言えばピッチャーか4番バッターですから自然とそこらへんが主人公になることが多いのはある意味当然のことです。

じゃあ、4番よりもピッチャーの方が多い理由はというと、そもそも野球は7割はピッチャーで決まると言われるくらいにピッチャーにかかる比率が大きいこと。
また、高校野球などのアマチュア野球の漫画の場合、ピッチャーでかつ4番(もしくはそれに近い打順)の選手にすることも可能なため。(こうすれば、攻撃、守備両方で目立てる)
主人公を4番で野手にした場合も、結局エースピッチャーにいい選手を配置しないといけない(そうしないと主人公のチームが勝てない。結果的にその選手が主役並みに目立つ。下手すると主人公を食っちゃうので、活躍させづらい)
などの理由でしょうかね。

ちなみに主人公がピッチャーじゃない漫画で知っているのを挙げておくと
ペナントレース山田太一の奇跡
主人公の山田太一は4番ショートです。(後に中継ぎピッチャー兼任になりますが)
弟の泰二がエースピッチャーで活躍していますが。

キャットルーキー
2代目主人公の四方二三矢はクリーンナップでセカンド
3代目主人公の寅島球地は9番キャッチャーです。
まあ、これも初代主人公の雄根小太郎と3代目主人公のもう1人三ヶ月心は投手ですが。

他には有名どころで、
ドカベン
キャプテン
あぶさん
などでしょうか。

まあ、はっきり言えば目立つからです。
目立つポジションと言えばピッチャーか4番バッターですから自然とそこらへんが主人公になることが多いのはある意味当然のことです。

じゃあ、4番よりもピッチャーの方が多い理由はというと、そもそも野球は7割はピッチャーで決まると言われるくらいにピッチャーにかかる比率が大きいこと。
また、高校野球などのアマチュア野球の漫画の場合、ピッチャーでかつ4番(もしくはそれに近い打順)の選手にすることも可能なため。(こうすれば、攻撃、守備両方で目立てる)
主...続きを読む

Qアブサン、エール、トカイワイン、について

アブサン、トカイワイン、のことについて、詳しく教えてください。
エールは、イタリア、ドイツエール、中心で、教えて下さい。
おいてある店の、情報もあるとうれしいです。

Aベストアンサー

アブサンに使われたニガヨモギに毒性の成分が含まれていたようです。習慣性があるということです。
マンガ「レモンハート」でも本物のアブサンが飲みたいというくだりがありましたね。
アブサンに関する参考URL↓

参考URL:http://www.xiv.com/drink/absinthe/absinthe_doc.html

Q長期連載漫画について

1>巻数の多い漫画TOP10程度をを教えてください。
2>連載年数の長い漫画TOP10程度を教えてください(休載中であっても連載が再開される予定があれば入れてください)。
3>1タイトルでバージョンが多い漫画を教えてください(叢書版、コンビニ版など)。
4>漫画の良い保存方法を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

1と3のみの回答なのですが……

1>
●1位 こちら葛飾区亀有公園前派出所/秋本治(1~147巻・続刊中)
●2位 ゴルゴ13/さいとうたかを(1~138巻・続刊中)
●3位 弐十手物語/神江里見(1~110巻・完結)
●4位 美味しんぼ/雁屋哲・花咲アキラ(1~93巻・続刊中)
●5位 クッキングパパ/うえやまとち(1~83巻・続刊中)
●6位 あぶさん/水島新司(1~82巻・続刊中)
●7位 浮浪雲/ジョージ秋山(1~80巻・続刊中)
●8位 あさりちゃん/室山まゆみ(1~79巻・続刊中)
●9位 パタリロ!/魔夜峰央(1~78巻・続刊中)
●10位 はじめの一歩/森川ジョージ(1~74巻・続刊中)

最近「クッキングパパ」が「あぶさん」を、「あさりちゃん」が「パタリロ!」を抜いたのがトピックですね。


3>
こちらはあまり自信がないのですが、おそらく「鉄腕アトム」だと思います。
http://astroboy.jp/c/012/work/manga.html
●光文社版
●光文社/手塚治虫漫画全集
●光文社/カッパコミックス
●鈴木出版/手塚治虫全集
●光文社/カッパコミックスデラックス
●小学館/手塚治虫全集
●朝日ソノラマ/サンコミックス
●朝日ソノラマ/豪華愛蔵本
●朝日ソノラマ/月刊マンガ少年別冊
●ほるぷ出版/ほるぷ版手塚治虫選集
●記念刊行会/手塚治虫作品集
●講談社/手塚治虫漫画全集
●大都社版
●講談社/KCスペシャル
●講談社/講談社コミックス
●光文社/光文社文庫コミックシリーズ
●秋田書店/サンデー・コミックス

一応17バージョンですが、関連短編を含めるとまだまだありますね。


あまりお役に立てないかもしれませんが……。

1と3のみの回答なのですが……

1>
●1位 こちら葛飾区亀有公園前派出所/秋本治(1~147巻・続刊中)
●2位 ゴルゴ13/さいとうたかを(1~138巻・続刊中)
●3位 弐十手物語/神江里見(1~110巻・完結)
●4位 美味しんぼ/雁屋哲・花咲アキラ(1~93巻・続刊中)
●5位 クッキングパパ/うえやまとち(1~83巻・続刊中)
●6位 あぶさん/水島新司(1~82巻・続刊中)
●7位 浮浪雲/ジョージ秋山(1~80巻・続刊中)
●8位 あさりちゃん/室山まゆみ(1~79巻・続刊中)
●9位 パタリ...続きを読む

Q料理をする際の、みりんと酒の違いがわかりません。 自分で調べたところ、みりんはアルコールの成分によっ

料理をする際の、みりんと酒の違いがわかりません。
自分で調べたところ、みりんはアルコールの成分によって食材を硬くすると記述されていましたが、同じくアルコールを含む酒は食材を柔らかくするとも記述されていました。
いったいどういうことなのでしょうか?ご教授願います。

Aベストアンサー

素材の組織を引き締めて煮くずれを防ぐ効果と、素材に染み込んで柔らかくする効果と…。
科学的・化学的な詳しいリクツは知りませんが、どちらも正しいというか、素材や調理法によるのではないかと思います。

清酒もみりんも煮切ってアルコールを飛ばしてから使うことが多いですね。煮切りをしなくても70℃程度になった時点でほとんど飛んでしまう。アルコールの効果が第一の目的でないことは確かでしょう。

本物の本みりんは甘酒(米こうじ+米)に米焼酎を加えて熟成させたものです。本来は甘口の飲用酒です。みりんを焼酎で割った「本直し」「柳蔭」はれっきとした飲用酒。
調理に使う清酒とみりんの最大の違いは照りと上品な甘味です。それ以外は清酒もみりんも概ね同じような調理効果があります。
料理用の清酒(加塩料理酒ではない)は、飲んで旨い淡麗辛口のものよりも、エキス分の多い濃淳なもののほうが適しています。


調理効果については醸造元のサイトの解説が参考になるかと思います。

三州三河みりん (角谷文治郎商店)
http://www.mikawamirin.com/kodawari4.php

九重味淋 (九重味淋)
http://kokonoe.co.jp/mirin03

福来純 三年熟成本みりん (白扇酒造)
http://www.hakusenshuzou.jp/kodawari/mirin.html

“寶”京みりん (宝酒造)
http://www.takarashuzo.co.jp/news/2005/05-i-007.htm

タカラ本みりん (宝酒造)
http://www.takarashuzo.co.jp/cooking/tsubo/index01.html


料理のための清酒 (宝酒造) … 非加塩。
http://www.takarashuzo.co.jp/cooking/tsubo/index02.html

花美蔵 純米料理酒 (白扇酒造) … 非加塩、かなり濃淳甘口です。 
http://www.hakusenshuzou.jp/kodawari/ryourisyu.html

素材の組織を引き締めて煮くずれを防ぐ効果と、素材に染み込んで柔らかくする効果と…。
科学的・化学的な詳しいリクツは知りませんが、どちらも正しいというか、素材や調理法によるのではないかと思います。

清酒もみりんも煮切ってアルコールを飛ばしてから使うことが多いですね。煮切りをしなくても70℃程度になった時点でほとんど飛んでしまう。アルコールの効果が第一の目的でないことは確かでしょう。

本物の本みりんは甘酒(米こうじ+米)に米焼酎を加えて熟成させたものです。本来は甘口の飲用酒です。み...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報